この人が居る限り俺たちのガンダムは終わらない「Gのレコンギスタ II ベルリ 撃進」富野由悠季(総監督)/感想

正直云って、TV版を観た時ベルリの事がよく分からなかった。

アイーダさんにとって大事な人(カーヒル)だった男を殺してしまったり、自分の恩師を実力で上回り殺めてしまったりして、泣いたり落ち込んだりするわりに立ち直り方が驚異的で”こいつ本当はサイコパスなんじゃ?”とか思ったりしたものだった。

しかしこうして映画になった物を改めて眺めていると、カーヒルの一件がアイーダの中で変化しベルリとの仲が深まっていく流れがちゃんと描かれているし、恩師を殺めたことを責め立てるケルベス・ヨーを登場させベルリが覚悟を手にして行くまでを実はちゃんと埋めていたのだなと思い知らさせた。





Gレコが判り難いと言われる理由は、「こいつ誰だっけ?」と思うほどにモブにまでしっかり演技を求める群像劇になっているからではないかと思う。それでなくとも複数の組織がそれぞれ好き勝手やってるなか、更に細かい所で好きにキャラクターが動くのである、そりゃあ誰がなんの目的でここまで執念燃やしてるのか把握し難いと感じる人がいても不思議ではない。そもそもその混沌とした人間模様が好きであるとか、キャラクターやメカ、はたまた富野さんの細かな演出部分に絞って観ているという人ならば、そんなことお構い無しにTV版を楽しめていたに違いないが、自分も含め現代人の多くは最近の焦点を絞った主観的なアニメに慣れ過ぎているため、こうした作りに対する準備が出来ていなかったりする。特にGレコは26話に収まるような物量では無かったため、早いテンポに尚のこと追いついて行けなかったかもしれない。





だがようやくその距離が埋まる時が来た。自分が変わったのかGレコが生まれ変わったのか、熱心に分析しているわけではないからなんとも云えないが、TV版を観ていた時には素通りしていた部分に気付ける余裕が生まれるほどに群像劇が分かり易くなっているのは確かである。全5部作3ヶ月ペースで今のところ進んでいるため、前回の内容を忘れないうちに次がもう来たという感じなのも良い。「俺には無理だー!」と云っていた人も、懲りずにもう一度観てみて欲しい。一度でも富野作品にハマった経験のある人ならば、必ず何処か惹かれる物があるはず。過去の富野ガンダムを呼び起こさせるアイテムにもニヤリとさせられるだろう。


ファイア.gif
改めてちゃんと見ると本当に拘りを感じる描写が多くて困る






物作りの世界だけじゃなく、生きるからには”たられば”はご法度で、言っても詮無いことなのだが、もしも富野さんに宮崎駿のような絵の細かな部分を自分で修正することが出来たなら、イメージと仕上がりが直結するガンダムになったのではないか?という気持ちだけは拭い去ることが出来ない。コンテの段階で細やかな演技付けがなされているのは知っているが、それを実際に動かす作業は宮崎ほどには出来ないわけで、そこがジレンマの正体のような気がしてならない(自分で全てやる人間ですらイメージを形にするのに苦しむのに此処までやれたら十分凄いのと、”吉田健一”さん達の仕事が云々という話ではないことだけは云っておきたい)

まあそうは云っても、宮崎駿でも高畑勲でも無い劣等感こそ富野由悠季監督を支えているのも事実で、生まれ変わって欠点が無くなった富野さんなど富野さんとは云えないことだろう。ガンダムだって生まれなかったはずだ。人生なかなか上手くいかないものである。いずれにせよ、もう御大には何度もやり直せるだけの時間がそれほど残っていない。アニメの業界が宮崎駿と新海誠のようなテイストの物ばかりでなく、富野さんのセンスに続く人が出て来て欲しいところだ。



兎にも角にも残り3作、無事に仕上がることを祈るばかりであります。

IMG_2780.jpeg




posted by lain at 07:14北海道 ☔アニメ

許せぬ真実、許せる嘘「神はいつ問われるのか? When Will God be Questioned? 」森博嗣(著)/講談社/感想

人間は暇さえあれば嘘を吐く。家族に上司に友達に。

心の構造上まるで嘘を吐けない人も稀にいるが、基本的には自覚無自覚を問わず誰でも都合に応じて嘘を利用している。幼い頃は”それ”自体に罪があるかのように、嘘塗れで矛盾した大人を蔑み「自分はそうはならない」と思いたがるものだが、結局のところ同じ穴のムジナだったのだなと知る日が来てしまう。

果たして”嘘”は存在してはならないのだろうか?巧妙な嘘より、拙劣で「嘘だろ?」と言いたくなる本当の方が余程害悪ではないのか?少なくとも本当だけで全てを回そうとしたら、人間社会は今以上に雁字搦めで円滑に進まないことだろう。誰かが嘘を吐くことで、何億もの人類が狭い地球で共存することが叶っているのだと断言できるほどに。要は嘘も本当も使い方が大事なのだ。

中国のみならず広がりを見せている新型ウイルス関連のニュースにしてもそう、本当に心配が必要ない状況であるなら、ハッタリでも「大丈夫」と政府は言うべきである。間違いなく季節柄流行るインフルなどの比ではない致死率(中国で2%前後)ではあるが、ここまで拡がってしまったなら恐れず乗り越える(感染して免疫つける)しか無いとさえ思う。一生家の中に引き籠もっているわけにもいかないのだから。



本書のようにリアルな仮想空間が存在する社会であれば、こんな鬱陶しいニュースを目にすることもなく、延々と現実逃避していられるのだろうか?いや、生身があるうちは”ままならない”ことの方が多いに違いない。アリス・ワールドという仮想空間で突如システムがダウンし、強制的にログアウトさせられた人の中には悲観のあまり自殺してしまう人まで出てしまうという展開にも妙な現実感が有り、仮想世界だからと云って終わりが無いわけではないのだと改めて思った。






攻殻機動隊以後、そんな風に言いたくなるほど現代日本人は仮想空間への憧れが強い。現実での身体的な差を仮想の中でなら埋めることが出来るし、執着心があれば特別な存在として周囲に認められることも可能だからだろう。しかし、実際にはリアルだろうがヴァーチャルだろうが、埋めることの出来ない差は生まれる。それは金銭的にもそうだし、純然たる頭の出来でもそうだ。場所が変わっただけで優劣は消えはしない。隕石が落ちれば終わる世界と、電源が落ちれば終わる世界と、果たしてどちらが信用に足る世界なのか?

仮想空間を管理する人工知能とのやりとりで、何が望みでこんな事態を引き起こしたのか聞き出そうとする主人公達に突きつけられる呆気ない現実。それを少し寂しいと感じてしまった僕は、きっと仮想世界に生きてみたい人間なのだろう。そして人の手を離れた存在が引き起こす大惨事という物語は数多あるにも関わらず、意志を持った人工知能が居て欲しいのだろう。嘘みたいな本当だらけの世の中じゃ、本当みたいな嘘の需要が高いのも必然に違いない。




人は嘘が大好きである。僕も森博嗣さんの嘘が好きだ。木を隠すなら森の中、でもないが、延長線上にある社会に現在を盛り込む匙加減がなんとも云えない。嘘を許容出来るかどうかは、吐き手の技量にかなり左右されるものだ。政治家だってそう。詰めが甘い人の嘘ほどガッカリさせられるものはない。

限りなく本物に思える嘘が欲しい。それが僕の本質で、それが人間なのではなかろうか?
posted by lain at 07:13北海道 ☔小説

推しが武道館行っても死ななかった俺達『amazarashi LIVE TOUR 2019 「未来になれなかった全ての夜に」』BD/感想

♪さよならごっこ〜なれたぁ〜もんさ〜


寝ているのに口遊んでいるなんてこと、ないだろうか?

いや、実際声に出してはいないと思うのだけど、同じフレーズが反響するように頭の中を駆け巡る朝だったのだ。




先週わざわざ遠くのコンビニまで支払いを済ませて来たせいもあるのか、最近暇さえあればamazarashiを聴いていた僕は、昨日連休の心の余裕もあって見るのを忘れていた(この時点でありえない)2019年のライブBDの存在を放置出来なくなりプレイヤーにディスクを投入。去年のツアーを思い出しながら、誰に言われたわけでもなく、ごく自然に秋田ひろむと一緒に歌い続けていた。

amazarashiを好きになって、もうかれこれ10年近くなる。彼らもとうとうホールツアーが実現するというのだから、より一層長い10年に思えてならない。未だアニメをよく見る人以外には、認知度が低いのではないかと思うものの、それこそ某アイドル追っ掛けアニメのような武道館に言ったら死んでも良いだなんて言えない存在にはなった。どれだけの人がamazarashiを心の支えに生きているかしれないだろう。

IMG_2728.jpeg


この世界は絶えず変化している。”秋田ひろむ”も勿論そうだ。満たされないばかりだったのに、満たされつつあるのを実感している彼を歌から感じてしまう。それは決して悪いことでは無いし、表現力が豊になった分で相殺されているから、変わらずステージの真剣勝負は続いている。これまで自分が当事者だった彼が、今まさに当事者である人へ”俺もそうだった”と語りかけるかのような温かみが増しただけの話なのだ。上から目線でもなく、時に寄り添い、時に突き放すかのように紡がれる物語はまだまだ続きがありそうである。

IMG_2731.jpeg



これまでの10年、これからの10年。

きっと同じ物にはならないだろう。

物語は始まったばかりだ。




posted by lain at 07:00北海道 ☔音楽