感想でもない感想ですまん「それでもデミアンは一人なのか? Still Does Demian Have Only One Brain?」 森博嗣(著)/感想

ほんの数年前までは、昼休みオンリーの読書とはいえ2週間に一冊ペースで小説を読んでいたというのに、すっかりひと月に一冊ほどになってしまったこと、そして18年ぶりの新刊が出た十二国記を優先したことにより、大好きな森博嗣さんのWWシリーズを今更1冊読み終えた。




人と人そっくりの人でない者と、人以上にこの世界のことを考えている存在とが絡み合う未来のお話であるWシリーズ。ファンならば誰もが通る百年シリーズとも地続きだからと云うだけでなく、独立したSF作品として普通に興味深く、その続きがWWシリーズとして読めることが本当に喜ばしい。高度に成長した科学技術と医術により滅多なことでは人が死ななくなり、出生率も閑古鳥、人類の時代は終わり新たな存在がそれに代わって行くのが自然なのではないか?という一貫したテーマに触れていると、地球に蔓延る癌細胞同然の人類の先にあるのが絶滅でもまるで不思議ではないなと感じてしまう。

とかなんとか書いていると、ハードSFみたいであるが、実際には緩やかに死を待つ世界的な雰囲気と、厄介ごとに巻き込まれる主人公達のほんわかするやり取りがなんとも言えない柔らかさを醸し出していて、どんなトラブルが発生しても決して深刻過ぎるものにならない。タイトルにもあるデミアンという存在が巻き起こす今回の騒動も、悪い者が無意味に残虐な罪を犯す物とはまるで違う。この辺りの調整の巧さが森博嗣さんの凄さだろう。ついでに云えば新生活に合わせ名前を変えた例の2人の掛け合いも夫婦の域に達していて幸せな気分になった。妬ましいだけが幸福ではないぞと殴られたみたいだった。



良い気分のまま続きを読みたいけれど、今年こそは終わらせたい「宇宙皇子」をあえて挟むことにした。森博嗣さんの無駄無く効果的な文章の後に藤川桂介さんの本を読むと無駄だらけに感じて苦行と化している。だがこれはもう意地だ。此処まで(正伝だけで全48巻。現在40巻目....)読んでおいて最後を知らないだなんてのは嫌だ。

今年と云えばついでにもう少し読書量を増やしたい。同じゲームや課金ゲームばかりしていては心だけでなく財布が死んでしまう。もっとマトモな人間になりたい。



マトモの定義はそれぞれだが、自分にとってのマトモを目指す事は、きっとマトモなはずだから......
posted by lain at 19:47北海道 ☔小説