冬アニメ見れてませんオジさんのアニメの話

以前にも書いたような気がするけれど、僕は成人式に参加したことがない。今以上に仕事の休みが少なく時間的な拘束も多かった為、せっかくの休日である成人の日に普段着ない背広や和服など身に着ける気になれなかったのだ。

あの時、何をして過ごしていただろう?昼頃まで寝ていたような気もする。今日なども朝から、いつ録画したか思い出せない番組をだらだらと眺めていたが、相変わらず何の日でもブレない怠惰っぷりである。



見ていたのは佐藤健くんがアニメ制作の現場を巡る某局の番組で、何故日本のアニメは低コストでありながら凄いのか?という切り口で良い話と悪い話をバランス良く取り上げているのが印象的だった。3DCGが主流になりつつある世界アニメの中で、未だに手描きが主流の日本。個人的には手描きにしかない魅力を放棄したら日本のアニメは終わりだと思うのだが、このままアニメーターの遣り甲斐に甘えるような事を続けていてはイケナイのも確かであるし、何処かに上手い打開策が無いのだろうか?自分の勤める業界などもそうだが、アニメに関しても実務をやる会社より、それらを管理運営する会社の取り分が多過ぎるように感じる。何分、何枚幾らだけでなく、作品に関する商品の売り上げ次第で更なるボーナスを支給するくらいのことがあっても良いのではないか?そうすれば必ずモチベーションに繋がり、作品だって良い物ばかり残って行くはずである。

四季ごとに何十本と作られるTVアニメ。その中で何本記憶に残る作品があるだろう。正直1年後も覚えている作品など殆どないと言わざるを得ない。去年の暮れから年明けまで放送していた作品を例に挙げるなら、世界観もキャラも中途半端だった「トクナナ」や、ニッチなビームライフル競技を取り上げたまでは良いがワンテンポで良くも悪くも平凡な「ライフル・イズ・ビューティフル」などは、見てる間はそこそこ楽しかったはずなのに、あっという間に記憶から消えることだろう。

人も金もある作品だって現場が噛み合わなければ失敗(◯ェアリー・ゴーン)するし、低予算でも演出がしっかりしていれば成功(◯好きの下克上)する場合もあるから、作り手の根性に期待したくなる連中の心の弱さも分からないでもないが、やるからには作り手も受け手も満足の行く作品であって欲しいと思うのが皆の総意のはずだ。「旗揚!けものみち」や「BEASTARS」のような作品は、手法や技術の差はあっても、見ているだけで作り手の生き生きとした様子が目に浮かぶ。慎重勇者や入間くんもそうだが、秋アニメは作り手が楽しく悪ふざけを出来る作品が目立った。次のクールが放送出来るかどうか分からないという「星合の空」に関しては残念な限りだが、1クールで終わらない作品も多く、一つの作品を大事に消化しようという流れに変わって来ている兆候なら良いなと思った。





まだ冬アニメは見ていない。なかなかに充実したラインナップのようで楽しみではある。

だが、時代劇や演歌と同じように日本のアニメ業界が生まれ変わっていかないのであれば、心から楽しむことなど出来はしないだろう。

本当の意味で日本を代表する文化はアニメだと言えるようになったら幸いである......
posted by lain at 12:04北海道 ☔アニメ