繋がりたいけど繋がれない。繋がっているけど繋がっていない。そんなあなたの為のゲームだ『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』小島秀夫/コジマプロダクション/感想

約4年前、長らく所属していたコナミと袂を分かち、新会社を立ち上げ本作を作ることになった小島秀夫監督。様々な意味において注目を浴びることになったわけだが、まずは一ファンとして無事彼の新作が発売されたことを喜びたい気持ちでいっぱいだ。




さて、発表当初から謎が謎過ぎた『DEATH STRANDING』。発売が近付くにつれ、公式のリークによりどういう物語で、どのようなジャンルになるのかが見えて来て、そのミステリアスな魅力が剥がれ落ちてしまったかに思えてならなかったが、実際にプレイしてみるとやはり謎は謎過ぎて刺激的だった。世界規模の災害により人同士の繋がりが分断され、人々はそれぞれ数万人規模で点在する都市に引き篭もり生活をしているという世界観の中、主人公であるサムは町と町、人と人を繋ぎ合わせる配達人をやっていて、物だけでなく分断されたネットワーク通信網を拡げることもやる。やればやるほど現代の社会問題とダブって仕様がない。ネットで物を買い、情報を見て知った気になり、直接誰かと繋がることは億劫でやらず、代わりに苦労するのは配送業者という現代、DSのような世界もありえないことではない。アメリカやイギリスが、率先して周囲の手を払い除けるような時代だからこそ生まれた”赤ん坊”なのだ。

何をどう話してもネタバレになる気がするのであえて何も書きたくない。ただハッキリと言えるのは、全くもって新しい試みであり、使い古された試みでもあるということ。他社他クリエーターの良いとこ取りと言えなくも無いが、それをゲームとしてまとめる試みは明らかに新しい。オープンワールドというジャンルをここまで逆手に取った作品を僕は知らない。知らないだけで在るのかもしれないが.....




4段階ある難易度のうち、上から2番目のノーマルでプレイしているが、それほど難しい印象はない。一番簡単なモードであれば女性子供でも楽にプレイ出来ることだろう。アクションはちょっとと思う人、MGSⅤが難しかった人も安心して遊んでみて欲しい。あの世と繋がっている赤子を胸に抱きながら旅するノーマン・リーダスを愛おしく思うことだろう。

繋がりたいけど上手く繋がれない、そんな”あなた”の為のゲームなのだから。


posted by lain at 07:08北海道 ☔ゲーム