極めると娯楽が娯楽で無くなるでしょ?「高校生ぃぃeeeee!ステージゼロeスポーツ甲子園」感想

つい先達て野球の甲子園が閉幕したばかりだが、兎に角日本では高校生の頂点を決める大会に”甲子園”と付けたがる。気合と根性と陶酔で、少々の社会的問題には蓋をする常套句とも言える3文字だ。ゲーム好きとしてはeスポーツにおいて甲子園が開催されることは、決して悪いことでは無いと思うものの、いち早くeスポーツが盛んになっている地域でゲームの中毒性を危険視する声が強まっている時代に、ゲームをどんどんプレイさせて子供達の競争心を煽るのは、野球の甲子園同様に彼らの”その後”を一切考えていない大人の無責任さの現れでもあるかもしれない。






誰もがゲームしかやらない世界など正直ディストピアでしかない。ゲームに夢中で誰も生産的な仕事をしなくなり、ゲームを作るのもAIの仕事でバランスだけが売りの合成物質を食べながらゲームに疲れたら寝る。最後にはそういった社会のインフラ整備を担う人間すら居なくなって、ゲームを遊ぶ環境自体が死に絶えるかもしれない。そんな未来でもゲームだけをしていたいと本当に思えるだろうか?



しかし今はそんな極論は棚に上げておくとして、実際に一職業としてプロゲーマーが食べていけるまでの時代になって来ているのに、いつまでもゲーム好きの子供らを日陰の元に置いておくのは非常に勿体無いのも確かなことで、どうせそのうち限界を迎えるなら全力でプレイ出来る時期に腕を試させてやりたいとスペックの落ちた中年ゲーマーの一人として思ったりもした。日頃からゲームなど人生の役に立たないと言ってくる周囲の人を見返せる場を手に出来るなんてハッキリ言って羨ましい。まあ見返すどころかプロゲーマー顔負けのえげつないガチ対戦が繰り広げられていたから、ここまで極めようとしていたら楽しいより辛いことの方が多そうで少し心配でもある。殺伐としたゲームプレイばかりしていたら老けるのも早そう......





ゲームは生産的な娯楽ではない。心身と時間と金を浪費するだけと言われても反論するだけ格好悪いほどに。でもそれら全てが無駄ではないのも確かで、結局は得た何かを生きる上で役立てることが出来るかどうかでゲーム好きの人生は180度違うものになるのかもしれない。

ゲームでもなんでも休み休みやったらいいよね.....






posted by lain at 06:53北海道 ☔ゲーム