此処まで車を愛し酷使する番組も珍しい......「ハイパードライブ」Netflix/感想

近頃事ある毎にレース関連の番組を観ていたせいか、Netflixが気を効かせてオススメのトップにこの番組を持って来ていた。






世界各地から集まったドリフト自慢が頂点を争うという番組だったわけだが、開いた口が塞がらないレベルのコースの数々と、キャラクター・国籍・性別(日本人は居るがオネェは居なかった)豊かなドライバー達、そして主役であるマシンの調和が絶妙で大変よく出来ていた。「車でチャレンジするSASUKEみたい」などと思ったものである。

少々車の運転に自信がある者なら絶対”自分もやりたい”と感じるであろうコースレイアウト(倒すとペナルティを受けるポールが並んだ狭い場所でのJターンや、大きなシーソーの上で10秒間バランスを取る等)は、予選が進む間に何度も様相を変え、難易度上昇に伴い車はボロボロになって行くし、ドライバー達の真剣さも増していって全く飽きが来なかった。ランボルギーニが必死にJターン決めようとしてボロボロになって行く光景なんて此処でしかお目にかかれないことだろう。

SASUKEと表現したが本当に貧乏性の人間にとって心臓に悪いチャレンジになっており、コーナーに配置された装置にドリフトしながら車のテールを打つけるのは当たり前だし、水が張られたエリアでは狭く限られた浅瀬のルートを手探りで走らねばならず、コースオフしたり勢いよく突入したせいでエンジンに水が入りリタイアなんてのもざら。物凄い量の水を放水するエリアでは、その水の量に車が耐えかねてフロントガラスが割れてしまうアクシデントまで起きた。日本での”普通”なら放送事故でしかないことを、アメリカは感動的な内容にすり替え押し通せてしまうのが凄いの一言。何度も警察に暴走行為で捕まったことがある人間ですら話題作りに利用してしまうとか控えめに言ってイかれている(褒め言葉)




車の性能差や、国籍によるガチさで決まってしまいそうになるところもあったけれど、それだけではない物が沢山詰まった酷くアメリカらしい番組。ツッコミ度高めな辺りも含め良いと思った。

ドリフトなんてチャラい連中のお遊びだろうという人の気持ちも分かるが、1級品のお遊びは3級品の真剣さに勝るのもまた真理なのである。

同じ馬鹿なら楽しんだもの勝ちとはよく言ったものだ。
posted by lain at 00:56北海道 ☔てれび

(´-`).。oO何故録り何故観たのか?暇なのか?

昨夜、今夜は何を観ながら飯を食べようか?とレコーダーの中をチェックしていたら、予約した覚えもない全日本少年少女空手道選手権大会が録画されていたのを発見し、気紛れで2時間分全て観てしまった.....

※この動画は2016年のもの


全国の小学1〜6年生男女全ての決勝の模様を解説入りで放送するという番組だったのだが、お偉方が激励のお言葉とやらを発するところから始まった時は本当にウンザリした。主役が誰か分かっていない連中の配慮ほど馬鹿馬鹿しいものはない。しかし、そんな気分も直ぐに吹き飛んだ。自分より遥かに若い子供達が、指先から髪の先まで全神経を集中させ型を演舞する姿に度胆を抜れたのだ。威嚇するような大きな声、キレのある身のこなし、どれをとっても凄まじい迫力で、少々滑稽に見えるポージングはあっても随所に痺れる動きがあってゾクリとさせられるほど様になっていた。画面越しでも鍛錬の賜物であることがよく分かる。型にも様々な流派があって人気の有る無しも存在することすら知らない自分のようなだらしないボディのおじさんが同じ動きをしたら、まず間違いなく身体が壊れることだろう(白目)


実戦である組手の部も放送されていたが、どの子供達も流石全日本の大会に出てくるだけあって良い突き・蹴り・フットワークを見せていて、中でもガタイの小さい子がリーチも背も有利な子を翻弄していた6年生男子の決勝は見応えがあった。皆一様にオリンピックに出たいとか、空手の選手として成功したいような勝利者コメントをしていたが、本当にいつかここで活躍した子供がメダルを手にする日が来るのかもしれない。まあその頃には選手の名前どころか、この番組を見たことすら覚えていないかもしれないけれど.....






たまにはこんな夜も悪く無いなと思えたからそれで良いのかもしれない。
posted by lain at 07:16北海道 ☔てれび

つい欲が出てしまうほどの未完の大器っぷりが愛おしい「FLAT -Hall Live 2018-」女王蜂/BD/感想

楽曲だけでなく性別もボーダーレスの女王蜂。中心人物であるアヴちゃんは、もしかしなくともコンプレックスの塊で何かと拗らせていたりするようだけど、あそこまで批判を恐れず自分達の音楽をやっていれば、周囲の人間が彼に抱くコンプレックスの方が遥かに大きいのではないかと思ったりもする。

IMG_1687.jpg





以前も此処で書いたかもしれないが、女王蜂を知ったのはDAOKOとのコラボ曲「金星 Feat.DAOKO」で、”この人はいつもこんなに裏声や低音でダミ声を出したりしているのだろうか?”と興味が湧いてアルバムを適当に聴いてみたのが最初で、何処か良い意味での古臭さがあるのに、全く新しいものを聴いたような気分になったものである。こちらが彼らの音楽にハマりそうになる度、そうはさせじとぶち壊し始めるような振り幅に弄ばれ、どんどんそれがクセになっていくから女王蜂は怖い(褒め言葉)

本当なら是が非でも生で彼らを見たい、聴きたいところなのだけど、なにぶん女性や若い層に人気のあるバンドに思えるし、歌詞には陰鬱なものがあっても楽曲それ自体はノリの良いものが多いから、他のお客のノリに当てられそうで腰が引けてしまう。仕方なく円盤でライブを見てはみたものの、羽の付いた扇子がバブリィな時代状態で振られている光景など自分の方向性と真逆過ぎてかなりしんどいものがあった。自分にとっては距離感をはかるのが難しいバンドの一つになるやもしれない。




とりあえずそれはそれとして、ライブBDを見た率直な感想を言うならば、まだまだライブ演出には改善点が多いなと思った。素人風情なので何処がどうとは言い難いが、結局アヴ ちゃん頼みでステージが動いているような所が気になったかもしれない。確かにアヴ ちゃんはスタイルも目力も素晴らしく、内から込み上げる物を全身で表現する凄みのあるボーカリストだが、女王蜂の魅力は絶対にそれだけのものではないはず。メンバーそれぞれが程良いライバル意識で作り上げてこそバンドの醍醐味が味わえるというものだと思う。偉そうですまんo┐ペコリ 

それにしても思っていた以上にアヴちゃんはオネェだった。もう少し性別を行ったり来たりするような人物を想定していたのだ。衣装にしても男にも女にも思える存在を目指すのであればスカート姿ばかりでは物足りない(ツアーにもよるようだ)。個人的には和装、着物の着崩しなんかが女王蜂にはフィットしそうな気がしてならない。というか是非ライブでそれを見たい。楽曲的にも和のイメージが湧く物が多いし、それらをピックアップしたツアー等を企画しても良いのではないだろうか?

IMG_1699.jpeg
これはちょっと違うかなw




まあなんにせよ、まだ発展途上のバンドである。まだまだ先の楽しみというものがあって大いに結構じゃないか。いずれ勇気が満タンになったら生アヴちゃんに逢いに行こうと思う。

だからそれまでちゃんと歌い続けていてもらいたいものである。

IMG_1696.jpeg







関連過去記事

posted by lain at 06:52北海道 ☔音楽