京アニは萌える処だ、燃やすべき処ではない.....

アニメは作り物である。

現実には美人で世話好きの幼馴染も居なければ異世界も存在しない。人型ロボットに人間が乗って戦う未来だってまず無いだろう。人間が乗るよりAIに任せた方が効率よく人を殺せる兵器に仕上がるのだから。そう、アニメは存在しないからこそ行ってみたい世界を構築する場なのである。

存在しないのだから、そこで描かれる喜怒哀楽だって当然嘘っぱちなのだが、僕らは当たり前のように感情を引き摺られ、体温すら無い者たちに一喜一憂させられてしまう。嘘の中に隠れた本当を感じ取っているのか?それともただ自分を重ね合わせて第三者を介し己を哀れんでいるのか?何にせよ絵と音と本の表現が豊かな作品になればなるほど爪痕を深く残して去っていく。”京都アニメーション”も、そんな爪痕を観客に残せる会社で間違いなかった。



京アニは量産と質を兼ね揃えたバランスの良いアニメ制作会社だった。分かり易くキャラが可愛いものから、骨太に心象風景を描くものまで、作画の安定だけでなく演出力も美術も卓越しているのに生産性が落ちないのが素晴らしかった。ひとえに制作スタッフ達が長年蓄積してきたノウハウとスキルの賜物だったろう。

それがたった一人の凶行あっという間に失われた。30人以上の貴重な命が奪われ、歴代スタッフが残してきた得難い財産も燃え尽きのである。あまりの出来事に311の時のような感覚が収まらない。被害に遭った建物が制作の中枢であったが故に、監督などの中心スタッフの安否も危ぶまれ、何重にも不安や哀しみが増幅されてしまい、報道を目にするたび居た堪れず涙が溢れている。





犯人にどんな理由があろうと、文化を燃やす事を俺は許せない。アニメは最早“子供向け”オンリーでも落書きでもない。世界中の人を動かす文化なのだ。それをテロ同然に奪うな言語道断。過剰に正義感をむき出しにすると、潜在犯を刺激して第2第3のこういった事件が起きると口にする人もいるが、そんなことは知ったことじゃない。人間は感情で動くものだ。その感情を殺して一体どうやって生きて行けると言うのだ?犯人は火をつけたかった。なら俺は火を消したかった。それ以上でもそれ以下でもない......






俺は物作りが好きだ。少しずつ出来上がっていく過程が堪らない。

京アニのスタッフ達が、もう一度物作りに集中出来る日々を取り戻せるよう祈るばかりだ....

posted by lain at 07:18北海道 ☔雑記