人一倍不器用な男が唯一の武器で牙を剥く。それが、どうしようもなく好きなのだ....『amazarashi Live Tour 2019「未来になれなかった全ての夜に」Zepp Sapporo』感想

去年まさかのダブルブッキングをやらかし、どうしても今が旬なNakamuraEmiを諦めきれず数年ぶりに秋田ひろむのシルエットを拝まなかったわけだが、そのしっぺ返しなのか今年は指定席を確保出来なかった。しかしそのお陰で会場に目一杯お客様が入っていることを身をもって知ることが出来て、なんだか嬉しかった。赤字が解消したかどうかは分からないけれど「誰だお前は?」とamazarashiに対し口にするような人は音楽好きの中でまず居なくなったに違いない。


前々から多かったものの、非常に若い層が増えたなという印象も受けた。身なりにお金もかけられない感じの素朴な10代が独りで参戦という姿をチラチラ見かけ、アニメの影響もさることながら秋田ひろむの言葉にグサリとヤられたんだろうなと、嬉しさ半分、心配半分といった感じがした。17時開演というのは若者に丁度良かったのでは無いだろうか?親を説得し易そうである。遠征組のオジさん(僕は旭川から札幌まで)としても早い開場は非常に助かった。入場の手際も良くamazarashiとZeppの運営にはグッジョブと言いたい。


それはそうと、ライブそのものはどうだったのかと言えば、普通に前回同様「たられば」で泣かされるレベルで仕上がっていた。序盤随分と優しくて温かい雨を降らせるなぁと思っていたら、終盤しっかり観客を突き放して覚悟を見せつける辺りに痺れた。『まだこの男は死んでいない』そう感じる圧巻のステージだった。数年前の精神的に不安定そうな秋田ひろむにしか出せない色は確かに褪せてしまったかもしれないが、成熟した表現力で繰り出される”現在”の彼の言葉は、ただの戯言で片付けられない場所に到達しつつある。彼が生きるのをやめない限り、俺もまた彼に逢いに行くことをやめないだろうなと心から思える夜になった。




「ありがとう」


彼は感謝でライブを始め、感謝で終えた。


歌詞に何万文字を費やしても足りない全てが、その五文字に篭っていた気がしてならなかった。




IMG_1295.jpeg



posted by lain at 20:19北海道 ☔音楽

声は知っているが、名前は知らないという現象が起きやすい職業の話

 一昨日、Twitterが一瞬どよめいた。トレンドに「真綾 知らない」とのキーワードが上がったからだ。

こんな辺鄙なブログへやってくる人ならば、おそらく知っているとは思うものの、一応「真綾って誰?」という人のために坂本真綾とはなんぞやと説明しておくと、年齢が一桁台の頃から役者を始め”天空のエスカフローネ”というアニメで主役と主題歌を担当したことでブレイクし、人間関係(菅野よう子、岩里祐穂、鈴木祥子、etc)にも恵まれ頭角を表すと役者でありながら作詞作曲すら手掛けるようになり、まさかのROCK IN JAPAN FESに出演するほどになった女性声優である。

それじゃあ歌手なのでは?と、言われるかもしれないが、彼女にとって歌とは、あくまでも演技の先にある表現方法の一つでしかないと思っている。当然昔は下手というか、素人の新鮮なナチュラルさと若さで乗り切っていたところもあって、当時個人的にはそれほど彼女の演技が上手いとは思っていなかった。初めて上手くなったなぁと感じたのは桜蘭高校ホスト部のヒロイン役で、声が高い所謂可愛い役より声が低めで男の子っぽい役の方が圧倒的に彼女にフィットしていると役者坂本真綾を再評価したものだった。



結局、坂本真綾を知らないという騒ぎが起こった真相は誰にも分からなかった。Twitterにいるアニオタはほぼ100%彼女を知っていたのである。一連の騒動の発端を考察した漫画までRTされるほどの事態になったことを考えても、知らない人以上に知っている人が多そうな話だった。もしも名前を知らない人であっても声は知っているに違いないし。

声優というのは、その性格上名前を知って貰えない可能性のある職業である。EDまでしっかり観る人、好きになった作品のスタッフから出演者まで全て網羅したくなる人でもない限り、声だけ知っているという段階で終わってしまうのだ。つい先日亡くなられた藤本譲さんなども、脇役でありながら強烈な個性のキャラクターを演じた経験があったからこそ、一般人である我々が訃報を知ることが出来たというのもあるだろう。実のところ、ぼくは藤本さんの名前をちゃんと覚えていなかった。彼の演じた味皇様でピンときた一般人の一人でしかない。それでも出演作品を調べると次から次へと知っているキャラクターの名前が現れ、その存在がどれだけの作品を支えて来たかを思うと、なんだか泣けてしまった。




一生涯を無名な脇役に捧げる人も大勢いる中、大勢に名前を知って貰える声優は幸福だとしみじみ思う一幕だった。




posted by lain at 07:14北海道 ☔アニメ

”統一“という暴力は要らない

先週、仕事の関係で大勢を前にしてデモンストレーションをしなければならなくなり、親会社の社員や同僚、関係各社の人間が一緒になって呑気な連中の見世物になっていた。人前で何かしなければならないだけでも嫌なのに、いつもの200%増しくらいオーバーアクションで仕事をしなければならないのが本当に嫌で嫌で仕方なかった。


何よりウンザリしたのは、服装の統一や移動の練習だった。観客から分からなそう、もしくは誰も気にしなさそうな点まで指示され、元から存在しない協調性をアピールすべく何度もやらされた駆け足は近年稀にみる不快さだった。そんなに見た目の協調性とやらに価値があるというのなら、北朝鮮を超える国は無いのではなかろうか?同じ服、同じ歩き方、同じ笑顔、同じ忠誠心を持ち合わせていないとあっという間に墓の中ではあるけれど。







他人に指図されるのは真っ平御免である。国が定めた法律も存在しない土地で暮らしたいくらいだ。ただ、それもそう簡単に実現出来るものでは無いし、最低限自分に出来ることと言えば、自分が他人に生き方を強要しないようにすることなのだろう。求めるならまず与えよという精神は間違っていないはずだ。



いやほんとね、もう暫くあんな目には逢いたくないな.......集団競技の選手やバンドをやっているミュージシャン達は、美しいシンクロの為に相当なストレスと戦っているんでしょうな.......

posted by lain at 05:34北海道 ☔雑記