また中国に差を付けられたなというのが正直な気持ち「流転の地球」フラント・グォ(監督)/劉慈欣(原作)/Netflix/感想

どの国のSF映画でもそうなのだけど、世界規模の危機に際し何故か国内の人間ばかりが活躍しがち。日本も例外ではなく、どう考えても一国の技術レベルで実現不可能な大型合体ロボットを駆使して毎週日曜の朝悪の組織を迎え撃つあのシリーズも国内でばかり戦っている。アメリカ産も当たり前のように国内が舞台の場合が多いけれど、人種性別のバランスには気をつかっているし、あの国の性格上世界規模のテロだの宇宙人襲来だのの中心であってもまるで不思議には感じない。

そういった人によっては些細な問題でしかないリアリティの欠如が気になりがちである自分としては、エヴァのように各国に支部がある的な設定がほんの少しでも有るだけで気分は左右される。本作も一応多国籍なモブキャラは出ているし、世界中で同じような苦境を乗り越えようとしているのが伝わる描写はあるものの、重要なことを左右するのはやっぱり中国人で、こんな大変なことがあったけれど、これからも中国は偉大な国家と人民が一丸となって生き抜いていく的なニュアンスの締めくくりを見せるのが、ちょっぴり残念だったかもしれない。映画は映画会社やスポンサーが口出しするとロクなことにならないが、国家が口出しするともっとロクなことにならない。実際国からの影響があったのか、原作通りなのかは分からないものの、少なからずプロパガンダとして機能している点があることを無視出来なかった。




どうやら太陽の寿命が尽きるのが近いらしいことが分かり、地球ごと他所に移動させてしまおうという壮大なプロジェクトがスタートするも、木星の引力の影響で地球を動かしていた1万基におよぶエンジンが停止してしまい、このままだと木星にぶつかってしまうぞという実にSFらしい壮大さとピンチの演出が普通によく出来ていて、馬鹿でかいエンジンや凍てついた上海等のVFXもかなりの代物。一万基の光が生み出す帯を従えながら宇宙を征く地球の姿は本当に綺麗だった。

地球をナビゲートするステーションへ行ったまま帰らない父への愛憎を募らせていた少年が地球を救う一計を思いつくという出来すぎ具合にはまあ目を瞑るとして、まるで世界中のお偉方の意向が見えて来ないのには「ん?」と思ってしまった。もう一人の主役とも言える主人公の父が、息子達の作戦を確実なものとするため孤軍奮闘している時に、人類の代表のような人間とのやり取りをするシーンはあったが、物分かりが良すぎてまるで現実味がなかった。ステーションのAIすら無理と断言する作戦に、とりあえず自分たちの安全が確保出来るならという前提を口にしないのはあり得ないのではなかろうか?


0206AEC1-55A0-45CB-BAB0-46B2AD5BF232.jpg




まあなんにせよ、なにかと引っかかるものはあったが、概ね面白い映画ではあった。日本でもし同じプロットを映画化しても、こうはならないだろう。確実に中国のSF映画は前進していると認めざる得ない。もう日本映画は予算やVFX技術で勝負するのは無理だろう。現に海外で評価される日本映画は秀逸なヒューマンドラマを持つ作品ばかりである。無駄に金をかけて役者に格好悪いコスプレをさせる暇があったら、着飾りを捨てた抜き身の心を切り取ってフィルムに収めた方がよほど良いように思う。


それとも、まさかの日本のSFが世界を席巻するような時代が来たりするのだろうか?.......ナイナ(ヾノ・∀・`)ナイナイ

posted by lain at 21:08北海道 ☔映画