直感を疑いググった瞬間負けているのは、そこの貴方だ「The Art of INEI コンセプトアート」感想

”ジャケ買い”で泣き笑いした経験が、誰にでもあるのでは無いだろうか?特にビニールで包まれた漫画や、聴くまで分からないCD。ゲームだってパッケージだけは面白そうに見えたりして、ついつい買ってしまったものではなかろうか?

なんでもスマホで調べられる時代だから、お試し程度に読んだり聴いたり出来る為そういった事故も少ないかもしれないが、おじさん(30〜40代以上)達はちょくちょくやらかしていたものである。エ◯漫画の表紙詐欺には何度痛い目に遭わされたかしれない....


でも、そうやって中身が分からないまま、見た目と直感だけで選んだものが頗る面白かったりすると、本当に気持ちが良かったものだった。そうやって出逢ったものの方が、案外年老いても忘れられなかったりするのである。そういう意味において、天冥の標などは、かなりジャケ買い勢を喜ばせた作品だったのではないかと思う。

IMG_0916.jpeg
IMG_0914.jpeg
IMG_0915.jpeg




天冥の標のカバーイラストを担当しているのは株式会社INEI(陰翳・インエイ)で、その中心人物が富安健一郎という人らしいのだが、実に丁寧かつ深みのある仕事っぷりで、何時間でも1枚の作品を眺めていられそうなくらい情報量が半端では無い。3DCGの上から描くこともあれば、実写を使って絵を仕上げていく場合もあるそうで、実際には存在しないものも多数手掛けているし、生半可な技術でなんとかなる仕事ではない。

IMG_0912.jpeg
IMG_0913.jpeg

IMG_0910.jpeg


IMG_0909.jpeg
IMG_0911.jpeg
かなり細かく仕事の進め方が書かれていて興味深かった



これらは所謂コンセプトアートと呼ばれるもの。確かにこれだけの絵があれば、我々が世界観を膨らませる助けには十分すぎると言えるだろう。天冥の標の小川一水さんだって、こんなイラストを見せつけられたら、下手な文章を書けるはずがない。受け手だけでなく、作り手のことも大いに刺激するINEIは罪な集団だ....





暫く本棚で埃をかぶっていたINEIのアートブックのページを久々に捲ったが、これまた受け手と作り手の両者にとって得になる構成だよなぁと改めて思った。ただイラストが並ぶアート本も良いが、絵を描く前後の仕事がどれだけ大事か教えてくれるハウツー本的な要素があるアート本も良いじゃ無いか。

天野喜孝や末弥純のように人をメインで描く人達ではなく、建物や機械や自然の絵をメインで描く集団の名前が目立つのは絶対良い話。監督や脚本家やキャラデザばかり注目されるアニメだって、美術や背景が無ければ成立しない場合が非常に多い。ベースを支えるのに必要な人たちの素晴らしい働きは、ちゃんと評価されるべきなのだ。



これからもINEIさんの仕事は密かにジャケ買いを促進させることだろう。しかしながら、それは大変幸せなジャケ買いになること請け合いである。

気になったらじゃんじゃん買ってしまうが吉。失敗もまた糧になるのだから。決まった成功はつまらない。インスピレーションを疑ってググったら負けくらいの方が刺激的だと思わない?










INEIホームページ http://ineistudio.com

本当に”ありがとう”と”お疲れ様”しかない浮かばない....「天冥の標X 青葉よ、豊かなれ PART3(完)」小川一水/早川書房/感想

二度に分けての島出張がとうとう終わりを迎えた。合わせて1ヶ月近く行っていたことになる。10数年ぶりの長期外泊だった。

山と海を一望出来る風景は綺麗だし、宿のご飯は海沿いならではの充実っぷりだし、観光気分なところもあったものの、やはり慣れない部屋で慣れない布団に収まり、同僚達との生活習慣の合わなさにヤキモキしているとストレスがどんどん溜まってかなり疲れた。

人間はやっぱり自分が住処と認めた場所でしか生きられないのだなと思った。縄張りが必要とか、ちゃんと動物だよ人間も....



そんなこんなで、自分もそこそこ苦労してきたわけだが、この度無事完結を迎えた「天冥の標」の作者”小川一水”さんは、その比ではないほど、ここ数年苦労していたのかもしれない。

66CB2233-0676-4A34-AA5C-8E6BBFE798D4.jpg





植民星メニー・メニー・シープに突如現れた褐色の怪物と広まり続ける感染症、圧政者とそれに反抗する者達、ようやく真実に辿り着くと、そこには絶望しかなかったという1巻から、毎巻ありとあらゆるジャンルで読者を楽しませてくれた天冥の標だが、各巻のテーマ(パンデミック、宇宙海賊、官能、農業、etc..)を取り扱うに際し、小川さんは相当勉強なされたのではないかと改めて思った。好きだから嬉々としてやれた瞬間もあるやもしれないが、そんな生易しいレベルの勉強で済ませていて書けるような作品では絶対にない。嘘を織り交ぜ格好の良いハッタリをかますにしても、本当のことを知らなければ嘘もつけないのだから。

最終巻である10巻の三冊にしても、ここに来て膨大な新要素(複数の異星人の生態)を放り込みつつ、これまでの10年のこと(シリーズは今年で10周年)を回収しなければならないという、素人考えでも気が狂いそうなことをやってのけるのはしんどいことだったはずだ。途中もう書きたくないと思う時があったというのも当然だろう。作品作りというのは本当に面白い。作者が動かしているはずが、必ずしもそうはならなくなっていくのだから。書き手と読み手の想いと、書かれた者達の想いが合わさって初めて物語は紡がれて行くのである。特に長く続く作品は。





終盤少し雑に感じたり、淡白に思えるところがあったけれども、そんなことでこれまで積み上げてきた物が崩れ去ることなど一切なかった。ヒトとヒトでない者達の連綿と続く物語に立ち会えたことは本当に嬉しいの一言。ミニマム(被展開体)からマキシマム(超新星爆発)まで、余すことなく楽しめました。愛しいヒト達のことを、しみじみと思い返している自分がいます。

またいつかアクリラに会いたいけれど、これから大変な小川一水さんに無理は言えない。あまりSF色を感じない作品でも書いて気分転換して貰いたいものだ。

長い間お疲れさまでした.....




天冥の標X 青葉よ、豊かなれ PART3 (ハヤカワ文庫JA)
天冥の標X 青葉よ、豊かなれ PART3 (ハヤカワ文庫JA)
posted by lain at 07:15北海道 ☔小説

ガンダム40歳の日に

この度40歳を迎えたということで、音楽でも映像でも様々なジャンルでお祝いなのか便乗なのか分からないイベントが満載の機動戦士ガンダム。よくよく考えなくても自分の方が先輩なんだなと思うと、色々と生きるの辛くなるからやめておこう...



初めてガンダムシリーズに触れたのは、1991年のクリスマスの夜に放送された劇場版「機動戦士ガンダムⅢめぐりあい宇宙」だったと記憶している。それでガンダムの面白さを知り、TVシリーズを見たくなったものの、当時再放送を行っていたのはテレ東だったため、まだ本放送を行なっていなかった地域の人間としては当然見れず、わざわざ立派なアンテナをテレ東見たさに立てていた親戚の叔父さんの家に用事がある時だけ、ガンダムを見ていたものだった。

その後高校に入ってからレンタルでTVシリーズから劇場版三部作、そして富野監督以外が手掛けたOVAも見ることとなってゆくのだが、今回はあえて触れないでおこう。正直ガンダムのことを話始めたら幸せなことも辛いこともキリがないからだ。富野さんの関わらないガンダムの中にはどうしようもない作品が当然あり、直接手を下した作品の中にすら小首をかしげるような作品だってある。それはもう過ぎた話だからそっとしておこう....


今回せっかくだからと、めぐりあい宇宙とTVシリーズの1話目を見た。めぐりあい宇宙は富野さんや安彦さん達が納得いくまで作り直した作品だけに、当然の出来栄えで思い出を一切汚さない一本として揺るがず、久々に見たTVシリーズも歴史的な作品に相応しい幕開けで素直に”面白いな”と思ってしまった。ストーリーもカメラの配置も映像演出も良く練られていて素晴らしい。何度も目にしているはずのシーンで感動するなど、愚の骨頂でしかないが、良いものはやっぱり良い。無重力をここまで描いたアニメ作品は初めてだったのではなかろうか?色んな部分を改めて良いなと思ったけれども、その中でもザクとホワイトベースの格好の良さがたまらなかった。これは見せ方の勝利で間違いない。

IMG_0859.jpeg

IMG_0854.jpeg



その後の作品を知っていると、様々なセリフやシーンに意味深なものを勝手に感じてしまうし、派生作品への欲求もむくむくと擡げてきた。ジオンの少年兵がゲリラ戦に駆り出されていることをテム・レイがブライト相手に嘆いているシーンを見ていたら、命懸けで連邦に立ち向かわなければならなくなった少年達を描いた外伝が見たくて仕方なくなっていた.....0080とはまた違うアプローチでジオンのゲリラ物語が一本やれそうである。

記念すべき40周年の年に、未だ富野監督のGレコ劇場版が不確定なのは残念だ。初代が公開された頃より遥かに金を持っているはずのサンライズが、もしかすると最後になるやもしれない富野ガンダムに及び腰なのは褒められた話ではない。まるで採算に合わなくとも最後に好きなものを作らせた鈴木敏夫さんとはえらい違いである。まあ、ジブリは富野由悠季さんすら素直に自分より上だと認める巨匠二人のためのスタジオだったわけだから一緒くたには出来ないけれど。




何十周年というのは、どうも十の桁が奇数の時の方が響が良い気がする。20周年よりは30周年。40周年よりは50周年といった感じに。

どうか、その時まで富野由悠季さんには元気でいて欲しい。少しまえにN◯Kでガンダム誕生秘話という番組がやっていたが、富野さんと一緒にガンダムを作り上げた安彦さんも、もういつ死んでもおかしくないくらい顔へ年輪が露わになっていて切なさを禁じ得なかった。ただ生きていれば良いという話でもないが、いつまでも精力的にやってくれていたら、こちらも負けていられないという気分になれるから、クソジジイ供には長生きして欲しいのである。



これからのガンダムも、更に誰のものでもない存在になってゆくに違いないが、気が向いたら伝説の白いモビルスーツが大地に立つシーンを、若い世代にも観てみて欲しいものだ。普遍のドラマがそこにはあるはずだから....









バンダイチャンネル https://www.b-ch.com/titles/929/
posted by lain at 15:52北海道 ☔アニメ