明日からも普通の自分は続く。

”平成最後の”な波に乗りたいわけでも無いけれど、なんとなしに自分にとっての平成とはなんだったろうか?と柄にもなく考えてみたものの、直ぐには答えが出なかった。

昭和天皇が亡くなった時や、平成という元号が発表された時のことはよく覚えている。流石にTVで鬱陶しいほど流れていた。正直子供には天皇が誰でも関係なくて、いつもの番組が天皇崩御の特集番組で潰れていくのがただただつまらなかったものである。親も連日の報道に飽き飽きしたのか、僕らを連れてビデオレンタル店(当時レンタル屋がようやくメジャーになって来た頃でもあった)へ行き大量のビデオを借りて観たのも割と良い思い出だ。その時一緒に借りてもらったドラクエⅢのサントラもカセットテープに入れて擦り切れるまで聴き続けたなぁ....

結局、思い出されるのは小学6年〜中学生の時のことばかりで、色んな人に迷惑をかけ傷つけ傷つけられたことが真っ先に脳裏へと浮かび、あの人はまだ生きているだろうか?あいつはだいぶ禿げたかな?あの子には幸せになってて欲しいなどと、感傷ばかりが通り過ぎる。自分もいつの間にか、こんなに歩いていたのだと思い返すのには良い機会なのかもしれない。



ただ、別段”平成”だからという生き方をしたわけではないなとは思う。令和に変わってもそれは同じだろう。昭和だろうが平成だろうが令和だろうが関係なく、喰うために働き、草臥れて飯を食べ、僅かな時間を娯楽に縋ることですり減らし、いつ寝たのか分からないまま次の日も働く日々が死ぬまで続く。生きている限り、これからも沢山迷惑をかけ、傷を与え合うのだろう。ごく稀に訪れる小さな喜びに支えられ忍耐を続けるのだろう。そこに元号の入る余地など存在しない。

天皇や元号は不要。そう言い続けてきた自分だからそう感じるのかどうかは分からない。今が何年なのかどうでも良くなるくらい歳をとってしまったせいもあるだろう。この程度の節目で人生が変わるなどと信じられる人を可愛らしくさえ思う。新たな船出の刻が来たという実感より、これまで多大な苦労を背負ってきた老夫婦を労う日が訪れたことの方が僕には重い。そこいらのサラリーマン以上に引退後に何をして良いのか分からないなんてことになりやしないか心配である。



男は仕事を辞めると直ぐに逝く。平成天皇と皇后にどれだけ残された時間があるのかは計り知れないが、少しでも充実した余生を送って頂けたら幸いだ。本当にお疲れ様でした......


posted by lain at 07:03北海道 ☔雑記

ロシア生まれの永遠の17歳「TETRIS® EFFECT」水口哲也/エンハンス/PS4/感想

まだ始まらない自分のGWと他人のGWを比べつつ、ほぼ唯一の休みである日曜日に珍しくPS4のソフトを買った。




前々から欲しかったのが、ここに来て若干値下がりしていたことと、ストレス解消のテンションも相俟って躊躇いなくポチったわけだが、自分だけでなく多くの人がテトリスというタイトルを前にすると「今更?」と感じるところが少なからずあるのではないだろうか?テトリスと言えば落ち物パズルゲームの金字塔(これまで日本で発売されたハードのほぼ全てで発売されている)だが、発売されたのは今から35年ほど前の骨董品。テトリス後に様々な派生作品が作られた今、何処にそんな優位性があるというのか?そう思って当然なのだ。では何故お前は買った?....

理由は単純に水口哲也さんを信じているからとしか言えない。彼の作る空間の気持ち良さに裏切られたことは無く、その彼があえてテトリスをやるというなら断然興味が湧いて然るべきだった。自分はパズルゲームが昔から上手くは無いが、テトリスだけはPC98で暫く遊んでいた時期があり、思い入れがあったというのもあるかもしれない。

で、実際遊んでどうだったかと言えば、正直目から鱗で落ちるレベルで瑞々しいプレイ感が楽しかった。一定のラインを消して進めるオーソドックスなJourney Modeはじっくりと音と光でステージ毎の世界観を堪能することが出来たし、様々なお題(3分間のスコアアタックであるとか、ランダムでハプニングが起き続けるモード等)をクリアしていくEffect Modesでは、まだこんなにテトリスには余地が残されていたのだと実感することが出来て飽きることなく遊べてしまった。下手だから全然クリア出来なかったにも関わらずである....




未だに右回転と左回転すら使いこなせず、ブロックを一気に落とすも位置がズレているなんて茶飯事過ぎるけれど、水口さんの作り上げた空間の中ではそんな失敗にイライラする気持ちも持続せず、プレイ後にはなんとも言えない満足感が残るのが良い。VRの方が世界観にどっぷり浸かれると思うけれど、ヘッドホンを装着していればVR無しでも相当テトリスによる癒しを味わえるはずだ。

長年シリーズが続いたり派生作品が増え続ける中、各社独自性を出そうと考え複雑化していくゲームの世界。時々こうしてシンプルなゲームに立ち返るのは大事なことなんだなと本心で思った。


誰しも”やり込み”という名の作業がやりたくてゲームを始めたわけではなかったはずである。

いつの間にか終わっていた


それこそ本当の意味で面白いゲームなのではないだろうか?







posted by lain at 07:04北海道 ☔ゲーム

ようやく春らしくなって冬アニメを想う”おっさん”の小言

3ヶ月毎に更新されるのが当たり前で、子供向け以外では長年続くシリーズというのも非常に限られ、まるで風景があっという間に過ぎ去る新幹線に乗っているみたいなアニメの世界。見ているうちは「見終わるのか?」というくらいの物量なのに、終わってみればあっさりしたものである。





この春完結(シーズンを終えた)した冬アニメのうち、自分は何が楽しめただろう?と気の抜けた頭をほんの僅か働かせてみて浮かび上がったのは、まだ完結していない「どろろ」「モブサイコ100」の2期、そして「かぐや様は告らせたい」だった。あとからレコーダーをチェックしたら、「風が強く吹いている」「ケムリクサ」「えんどろ〜!」「私に天使が舞い降りた!」「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」「約束のネバーランド」「荒野のコトブキ飛行隊」「リヴィジョンズ」なんかも楽しく見てたよなぁとは思ったものの、トータルで痺れた作品は最初にあげた3作品だったかもしれない。特に原作通りエスパー大戦争になったモブサイコ100は、もうこれ以上ないくらいの作画でアクションに次ぐアクションで、コンテから作画までとんでもない労力が滲み出た仕上がりに鳥肌が立ちっぱなしだった。未だに村田雄介版のワンパンマンしか受け付けない人は多いが、ONE氏の絵柄なればこそのバランスで訴えかけてくる生々しさが確かにある作品なので、食わず嫌いで放置するのは本当に勿体なく思えてならない。




かぐや様については、最早おじさんが語るべき何物も存在しない。力を入れるべき場所を間違えてる(主に鈴木雅之と千花)ことが、あんなに評価された作品は久々だろう。テンポの良い掛け合いで恋愛下手な二人の奥手っぷりを誇張する笑いも最高に面白かった。きっと冬アニメの中で一番続編が待たれている作品に違いない。そういえば恋愛ネタで言うと、「五等分の花嫁」や「ドメスティックな彼女」もあったわけだが、前者はどんどん飽きが来てしまった(花澤香菜演じる長女の一人勝ちに見えた。いや、”らいは”も捨てがた......)し、後者は懐かしのメロドラマを見るようで好きだったが、誰もが自分本位で動いている恋愛事情を見ているうちに、もう勝手にやってくれという気持ちも少なからず湧いてしまってスッキリはしなかった。まあそれを意図した作品なのかもしれないけれど、イキナリどんなものか知りたいからと、知り合ったばかりの男子高校生(主役)とセックスをしてしまうヒロインに健気な立ち位置を与えつつ、妻とは別れると言ってばかりで別れない男と不倫していた挙句、その恋を諦めさせた自分に恋してる男子高校生(主役2回目)に甘えてしまう女教師が姉妹で、しかも二人の母親が男子高校生(主役3回目)の父親と再婚し兄妹・姉弟になってしまうとか、どんだけ運命に弄ばれてんだよと言わずにはいられなかった(裏山)

恋愛物以外でも当然キャラ萌え作品は山ほどあったけれど、それらのOPやEDがなかなかに萌えたなぁという感覚もあった。私に天使が舞い降りたはどちらもテーマ曲と合わせた子供の可愛らしさいっぱいでついつい飛ばさずに見てしまい、えんどろ〜!なんかはOPのサビのハモりで気分を上げ、EDで水瀬いのりの成長を噛みしめるというのを繰り返していた。なんのかんの言っても可愛いが自分も好きなのだと痛感する....





そこそこバランスのとれたラインナップの中、微妙に仕上がりにムラがあったのが続編勢かもしれない。単調でもう見なくても良いかな?と思っていた「逆転裁判」が、ここに来て意外と良い塩梅だったと思えば、「賭ケグルイ」でOPとEDの仕上がり込みで作画の危うさを目の当たりにし、尺の問題なのか原作の問題なのか黄色信号が点りそうだったのは「ソードアート・オンライン アリシゼーション」だった。新たなテーマに沿って、新仮想世界に旅立つことになるキリト。きな臭い現実世界の流れや、仮装世界のルールの拘束力に抗う展開は非常に良いのに、神聖術を駆使して戦うシーンがイマイチピンとこなかったのが大きかった。あれだけ途中足早に展開しておいて今期だけで終わらないというのも残念の極み。なら最初から丁寧にやれば良かったのではないか?と突っ込まずにいられなかった。SAOの原作はまだ終わっていないそうだが、プロジェクトに関わる人間が増え過ぎた作品はストーリーが路頭に迷うケースが非常に多く、SAOの結末もどうなっていくのか不安しかない。

不安で言うと「とある魔術の禁書目録」もド偉い不安だ。もうこの先作られることも無いのではないというくらい端折って進むから観客は完全に置いてけぼり状態だった。まるでレンジでチンして表面だけで熱く芯が冷え冷えな食べ物みたいである。売りである中二病展開がお寒く見えてならなかった。監督である錦織博さんのことは好きだし、こんなに足早に仕上げるような人でも無かったと記憶しているが、これは会社が悪いのかなんなのか.....これまでシリーズが積み上げてきた物を、あっさり崩してしまいかねない所業は残念を通り越して虚しかった。何年ぶりかに復活した「ブギーポップ」も出だしは良かったのに少しずつ視聴者との溝が出来ていったような気がした。現代でこそ存在感が増すキャラクター造形だけに不完全燃焼は否めない。








つい先日、モンキー・パンチさんや小池一夫さんが亡くなられたが、お二人とも80を少し過ぎたくらいで、もうそんなお歳を召していたのだなぁとしみじみ思った。そりゃ自分も40を越えるわけである....なんというか、生き急いでも仕方がない年齢に差し掛かって思うのは『そろそろ原作を消費するだけのアニメ作りは止めにしないか?』だったりする。見る側としては無駄な作品を見ている暇など年々減ってゆくし、作り手だって限られた時間を有意義に使い、自分の仕事を後から振り返った時”俺はよく頑張った”と後進に胸を張れるような仕事をしたいはずだ。クリエイティブな仕事はお金だけでも創作だけでも成り立たないのは重々承知しているが、どんなに僅かな隙間でも狙える時は積極的に作り手の我が儘を通すべきだと思う。

最近の当たり障りの無いお客が付いて当たり前の作品の数々はハッキリ言って見飽きてしまった。それ自体が楽しくないわけではないが、それだけではアニメを愛し続けることが自分には出来そうに無い。どんな作品にも何か一つでも作り手の意地が垣間見える瞬間が欲しくてたまらないのだ。



さて春アニメはどれくらい『二度とやりたくない』と満足げに微笑むクリエーターの顔が見えて来そうな作品があることだろう....








関連過去記事 
posted by lain at 07:06北海道 ☔アニメ