こんなにも中二病で自己満で後付けサクサクなのに止まらない....「コードギアス 反逆のルルーシュI〜Ⅲ 劇場版」谷口悟朗(監督)/サンライズ/感想

いつもはNetflixばかりで、Amazonプライムビデオまで見る暇がないものの、出張先だとやれることが限られてくるから当倍速で三部作をあっさり見終わってしまった。





政治の道具として敵国に預けられた皇子が人智を越えた能力を手に入れて、大勢を不幸にしながら復讐を果たし最後には贖罪の為その身を捧げるというのがコードギアスだったわけだが、本作はそのTVシリーズの再編集プラスα(何処がプラスなのかよくわかっていない)な劇場版。

それでなくともテンポ良く進み、様々な勢力が絡み合う内容なので、2クールを三部作に切り分けるのはかなり無理がある中、ルルーシュとCCを中心としたギアスに深く関係する人々のことをちゃんとまとめることが出来ているような印象を受けた。当然一部のキャラの扱いが雑になってしまうため、全ての人を満足させるには至らないだろうし、コードギアスを初見の人にもオススメは出来ないが、こいつはこんな奴だったなぁとしみじみ思い出しながら見る分には十分な劇場版だった。個人的にグッと来たのは、ロロが最後まで自分の信じたいことだけを信じて死んでゆくシーンで、ルルーシュの罪を象徴する出来事の一つとして何故か忘れられない...


改めて見ても、後味の悪さが満載の自己満足作品であるし、後付けが多く力業過ぎる作品なのだけど、ギアスという能力に翻弄された者たちの悲痛さのせいで、ついつい最後まで見てしまう面白さが勝る。あのスザクの涙を無にしたくなくて、新作劇場版である”復活のルルーシュ”を劇場に見に行かなかったが少し興味が湧いてきた。この三部作を準備運動代わりに作り、一体どれだけ当時の熱量を取り戻せているのかは甚だ疑問ではあるが、死に切れなかったルルーシュとコードギアスが新たに何を成し遂げるのかは気になってしまう....




どうでも良いが本当にルルーシュは親に恵まれていない。父親だけかと思いきや、母親も自分のことしか考えていなかったのだから。

よくよく考えると懐かしの昼ドラみたいだコードギアス.....
posted by lain at 07:37北海道 ☔アニメ

久々にF1が見たくなった....『フォーミュラ1: 栄光のグランプリ』Netflix/感想

いつもと違う環境になり、やれることが限られてくると、普段なら素通りしてしまうことに目が行くもので、ここ数年まるで観ていないくせに、何故かF1のドキュメンタリー番組を眺めていた。




メルセデスとハミルトンが強いことに変わりは無かったが、見た目に分かるマシンのカラーリングやドライバーラインナップの変更や、チームの力関係も大幅に動いていて、今のF1を知るにの相応しい番組に感じた。

昨シーズンのF1を取り上げたドキュメンタリーなわけだが、端から見ても激動のシーズンに思えた。レッドブルは長年連れ添ったルノーに愛想を尽かし、10年間中堅で頑張っていたフォース・インディアはシーズン半ばで破綻。出口の見えない不調を抱えたマクラーレンに至っては、象徴的な男フェルナンド・アロンソがとうとうF1マシンを降りた。大勢の人を使い、長年F1を撮り続けていなければ、こんな場面に出くわせないだろうという生の言葉と表情でもって、これらの出来事に触れてゆくから、ひりつくような緊張感があってF1レースを実際に観るより遥かに手に汗を握る映像になっていた。



様々な裏事情を知った今、正直今期のF1を観てみたくなった。レッドブルを飛び出した男や、フェラーリに大抜擢された若者がどうなってしまうのかが気になって仕方ない。90年代のマールボロカラーを知っていると、オレンジ色なんてダサく感じるマクラーレンや最下位争いしか出来なくなったウィリアムズのことも放っておけない。若干割高な有料チャンネルでしかF1を見れなくなったのが本当に残念だ。地上波は兎も角、フジテレビONEでの放送が打ち切られたのは痛手だった。

このモヤモヤする気持ち、どうしたものだろう.......





いつまでどこまでいけるのか?「the pillows "REBROADCAST TOUR" 2019/03/02 旭川CASINO DRIVE」/感想

ここ数週間、慌ただしくしていたら、あっという間に出張日となった。初めて島への出張である。

島と言うと、暖かな場所でビーチを連想するかもしれないが、ズバリ寒い方の島で海開きすらありそうにない。

IMG_0563.jpg
IMG_0577.jpeg
IMG_0617.jpeg



行ったことのない場所での仕事だから、ほんの少し面白そうだと思っていた自分が居たりもしたけれど、長時間運転してフェリーに乗り、ようやく着いた宿で一晩過ごしただけで、もう帰りたい気分でいっぱいだ。とりあえず、the pillowsのライブ日程と重ならなかったのだけは幸いだった。チケット代云々のことではなく、50代に突入してもロックを続けている彼らの姿を先に見ておけたことが、出張の励みになっているような気がするのである。俺よりおっさんの連中が頑張ってるのに、俺が頑張らないでどうするのだと。





いつもはライブとなると札幌まで行くわけで、正直辿り着いただけで心身が疲れ 楽しみ切れないことも多いのだけれど、今回は地元開催で非常にリラックスした気分で会場入り出来た。札幌からやってきたTwitterの同志が運転に疲れた顔をしていて、それいつもの俺だからと少し思ったものである。

まるで新譜を聴かずに行ったものだから、なんだか新鮮に感じた。原点に戻ったような曲調でありながら、その実まるで新しい曲をやっているのに、紛れもなくpillowsでしかない新曲の数々に、まだ前に進もうとしているのかと感心してしまった。Before going to bedのような格好の良い曲もあるが、久しぶりに歌詞をしっかり眺めたくなるアルバムに仕上がっているのではなかろうか?個人的にはニンゲンドモのようなスタイルの山中さわおでアルバムを聴いてみたくなった。





どんな時でも笑顔でファンに接するアイドルと同じく、ロックバンドも非常に重労働だ。楽器を扱うのもそうだし、ツアーで遠征が続くのも辛いはず。常に出張の日々が続くような生活、俺なら直ぐに根を上げるだろう。不規則になりがちな生活中、なんとか体調を整え長年音楽活動をやり、しかもそれを惰性ではないものにしようとするなんて簡単な話ではない。長く続ければ良いというものでもないが、長く続けてきたからこそ見える風景というのが彼らには間違いなく存在する。俺も、そんなおっさんでありたいものである....

でもやっぱ早く帰りたいな......w





セットリスト
  1. Rebrosdcast
  2. I think I can
  3. Freebee Honey
  4. Spiky Seeds
  5. Binary Star
  6. Skim heaven
  7. 王様になれ
  8. ニンゲンドモ
  9. ぼくのともだち
  10. 箱庭のアクト
  11. Starry fandango
  12. 眩しい闇のメロディー
  13. MARCH OF THE GOD(失敗)
  14. WALKIN'ON THE SPIRAL
  15. プライベート・キングダム
  16. About A Rock'n'Roll Band
  17. BOON BOON ROCK
  18. No Surrender
  19. Before going to bed

アンコール

  1. Bye Bye Me
  2. Star overhead

アンコール2

  1. MARCH OF THE GOD(リテイク)
  2. Locomotion,more! more!

posted by lain at 06:19北海道 ☔音楽