30年前、YOUはアニメ何観てた?

つい先日、会社の後輩と“今期は不作だね”と自然に話をしていたが、思い返すとアニメの話題を普通に出来る相手が、高校に入るまでいなかったような気がする。


家族四人を相手にチャンネル争いを繰り広げなければならなかった子供時代、はっきり言ってアニメや特撮はほとんど見れていない。それこそ家族が一緒になって観れる日曜18時以降の恒例アニメ以外は、どれほど見たくても毎週欠かさずなんてことはまず不可能で、リア帯に見たかどうかを友達と競うどころか、見ることそのものが難しかった。


それでなくとも当時はアニメ自体が肩身の狭い時代で、外で遊ぶ連中からは”お前そんなの見てるのかよ”という空気すらあった。宮崎勤事件の影響も長きに渡り、今のように親子でマニアックな作品を楽しむなんてことは普通にあり得ない話だった。お陰様で、その反動が高校生・社会人になってから花開き、アホみたいにアニメばかり観ていたのは言うまでもない。


で、そんなことを思い出していたら、今から30年前の自分は何を観ていただろう?と気になり、自然とググっていた。



TVシリーズ

  • おぼっちゃまくん 1/14
  • ピーターパンの冒険 1/15
  • 青いブリンク 4/7
  • 魔動王グランゾート 4/7
  • 新ビックリマン 4/9
  • らんま1/2   4/15
  • パラソルへんベえ 10/2
  • ダッシュ!四駆郎 10/3
  • 笑ゥせぇるすまん 10/10
  • 機動警察パトレイバー 10/11
  • シティハンター3 10/15
  • YAWARA!   10/16
  • チンプイ 11/2
  • ドラゴンクエスト 12/2 

OVA


  • クラッシャージョウ 氷結監獄の罠 2/5
  • 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 3/23
  • 御先祖様万々歳!  8/5
  • ハイスピード・ジェシー 9/5
  • MEGAZONE23 III  9/28
  • 超人ロック ロードレオン 10/25
  • 海の闇、月の影 10/14
  • 敵は海賊~猫たちの饗宴~ 12/26

劇場版

  • 宇宙皇子 3/11
  • ファイブスター物語 3/11
  • ドラえもんのび太の日本誕生 3/11
  • 機動警察パトレイバー the Movie 7/15
  • 魔女の宅急便 7/29



OVAと劇場版は、ほとんど高校生になってからレンタルしまくったもので、30年前に見たものではないものの、TVシリーズの方はほぼほぼ茶の間に一台しかないTVが空いている時や、チャンネル争いに勝てた時に見ていた作品で間違いない。手塚治虫、藤子不二雄、コロコロコミックの原作物が多い辺りに時代を感じてしまう。ある意味性的趣向に大きな影響を与えた「らんま1/2」や、魔法陣で頭の形をしたメカを召喚する「グランゾート」は特にお気に入りだった。あれから高橋留美子さんには長らくお世話になってますo┐ペコリ 

こうして並べてみると、口癖が印象的な濃いキャラが多かったなと思う。新ビックリマンの”ピア・マルコ”の「ぴぁ」や、グランゾートの”グリグリ”の「グリ」、おぼっちゃまくんの「クリ」に至っては、親に『もう止めろ と言われるくらい実際に使っていたものである。本当に何もかもが懐かし過ぎる.......







YAWARA!を見なければ浦沢直樹を好きにならなかったし、ドラゴンクエストを見なければ徳永英明を好きになることもなかった。やはり10代までに触れた作品というのは、鳥の刷り込みと同じで、非常に心に残るものである。ついでに20年前と10年前に観ていた作品もピックアップしてみたが、30年前に観たもの以上の郷愁は呼び覚まされなかった。本当に老いてきたのだと痛感せざるえない。

おそらく10年後の自分も、30年後の自分もアニメは見ているに違いないが、肝心な時脳裏をよぎるのは”初めて”をくれた作品達だけなんだろうなと性懲りも無く思った。
posted by lain at 20:00北海道 ☔アニメ

自らシリーズ化にトドメを刺した映画として後世まで語られそうな予感「アサシン クリード(映画)」感想

当初、不安感すら覚える暖冬だったため


「本当に寒くなるのかな?」


などと40年も寒い地域で生きて来た身でありながら考えてしまったものの、新年を迎えてからは、しっかり二桁冷え込んで骨身にしみる季節の厳しさを思い出した。やっぱり此処は北海道だ。




1日寒空の下、太陽も浴びることなく仕事をしていると、人間は本当に鬱々としてくる。”自分は何をしているのだろう?”と虚無感ばかり押し寄せて、缶コーヒーや車の暖房一つで泣けてくる。家まで辿り着いた時の安堵感は計り知れない。だから早く帰れた時など、無駄と分かっているモノに現を抜かしてしまったりするとかしないとか....






本当に出来心だった。連日18時台に帰れたことがよほど嬉しかったに違いない。他にも観たいのに観れていない作品が沢山あるというのに、評判が微妙だと分かっていてコレを選んでしまったのだから。

元々アサシン クリードは大好きで(やり込んだのはエツィオの三部作まで。最近は....)風光明媚な異国の古き時代を、一人のアサシンとして縦横無尽に堪能した。少々操作に難を感じる時もあったけれど、現代と過去を繋ぐアニムスという装置とエデンの果実に振り回される人々のドラマが本当に楽しかった。

だから実写映画版もなんだかんだ言っても素通り出来なかったわけだが、正直言って冒頭の10分ほどで飽き始め、暖かい室内が眠気を誘って仕方なかった。お金も手間も凄くかかっているのは伝わって来たし、アサシンクリードの肝であるパルクール部分が存分に味わえるアクションシーンは良く出来ていた。にも関わらず、鑑賞意欲を削いで来るのである。

父親に母を殺され、大人になった自分は自分で人を殺し死刑囚へと成り下がり、お前はもう死んだことになっているから、お前のDNAに残っている”記憶”を取り出す実験に協力しろと言われる辺りや、過去と現在が入り混じる場面構成など、ゲーム版を意識したものにはなっているが、現代の主人公の状況はわかり易いのに、アニムス内の主役の立ち位置がイマイチ頭に入って来ず、無駄に派手なアニムス装置を映してばかりで、夢を見るかのように先祖の記憶を追体験する没入感がまるでない。それならそれでゲームとは別物だと振り切っていれば楽しめるのだが、下手に寄せているせいで欠点にしか感じられなかった。映画的ゲームを映画にするというのは、国産車を海外向けに弄って輸出し、それを更に国内に輸入するくらい野暮なことなのかもしれない。




決して全てが無駄な映画化だったとは思わないが、15分近くあるエンドールがトドメを刺してくれるというのは、流石アサシンだね....とは思った............

そんな長い映画他にある?






posted by lain at 07:17北海道 ☔映画