マッサージ器恋しさで家に帰りたいおじさん.........

久しぶりに海沿いまで出張に来た。丁度天候が荒れ始めるタイミングで、こんな場所に送り込む会社の指揮能力は疑わしい。

海からの厳しい風は、これまでの記録的な暖かさを全て吹き飛ばす勢いで頬を打ち、流石は日本海だと独り言ちてしまった。



こんな日は暖かい物を飲み、暖かい風呂に入り、マッサージ器で肩でもほぐせば最高に違いないのだけれど、出先にまで持って来るにはちょっとマッサージ器は大きかったかもしれない。


※患部を温めるものや、電気を流して強制的にやる例のものなど、様々な機器があったが、靴やジーンズを選ぶ並みに使ってみなければ分からない状態で難しかった。



40歳を迎えた私だが、これまでマッサージ器の類は使ったことがなかった。外仕事で肩や腰を酷使し、私生活もPCやゲームで休まることなく身体をこき使っている割に、マッサージ器を使わずに来たのは、正直自殺行為だったと言える。今年に入り上下を向くとフラフラする状態が続くようになって、これは肩凝りを放置し続けてきたツケが回ってきたからではないか?と、ようやく必要性に思い至っているのだから世話のかかる男である。

全然使ってみたことがないため普通に恐々使い始め、慣れるまでは首回りの太さ調整が効かない仕様に身体が悲鳴をあげていたものの、風呂で体を温めてから使うようにしたり、自分にとっての機械を当てるベストなポジションが分かり始めてから一気に気持ち良さが上回るようになっていった。微妙に複合的な動きをするのも好印象で、肩の部分だけでなく、肩甲骨の辺りもググッとやってくれるのがなかなか良い。

ただ、上記した通り、自分の首の太さに合わせて調整出来ないため、自分の方で機器を当てる加減を調整しなければならず、ポテンシャルを完全に活かせる人は、それほど多くないのではないかと思う。肩たたきの要素も機械の自重と使う人間の押さえ方次第だし、厚着していると効果が期待できない。私はシャツ1枚にならないと首は苦しくマッサージ器が服ばかり動かして意味をなさなかった。値段相応と言われればそれまでだが、もう少しだけ融通の利く仕様でも良かったのではないかという懸念は拭い去れない。

IMG_9583.jpeg
※こうして見ると某ガンダムの付属装備みたい。




とは言っても、やはり今まさに手元に欲しい機械である.....

他の人が入っていると落ち着かないから湯船にゆっくり浸かりはしなかったが、いつもの部屋とはまるで違う環境で心身共に強張っていく体をこれでもかと揉みほぐしたいのだ.......

若い人には分からないだろう。私も若い頃は分からなかった。



「自分だけは」




そんな気持ちが若さにはある。だが若さを失えば、そんな傲りも消えてゆくのだ。

今はただただ、あの機械が待つ部屋への帰還だけが望みである。元若い人が言うのだから間違いない。

マッサージ器は間違いなく僕ら人類の味方なのだ。
posted by lain at 21:21北海道 ☔雑記