無責任艦長が退艦なされてしまった......

週に30本を優に超える数が放送されるアニメを、”消化”と称して観るようになってしまった僕にも、1本1本を大事に見ていた時期があって、特に中高生の時がピークだったと思う。

兎に角何を観ても楽しい頃だった。セーラームーンに幽遊白書、Vガンダム、ヤダモン、ママは小学4年生、テッカマンブレードや”くれよんしんちゃん”まで余すところなく愉しんだ。


今月の17日に亡くなっていたことが公表された辻谷耕史さんが主演していた「無責任艦長タイラー」も大好きな作品で、一見無責任に見える男が意図的なのか偶然なのか分からない感じで、本質を露わにしていくのがただただ面白かった。

真下耕一さんの演出力や、原作の良さもさることながら、辻谷さんの無害で無欲で誠実そうな声がタイラーという男の懐の深さを表現出来ていたのが大きかったように思う。無声アニメは無声アニメで良さはあるが、動き回るキャラクターに声を入れると、達磨の眼に墨を入れるのと同じで魂が宿るように感じる。そういう意味でいうと、声優というのは素人が思う以上に責任重大な職業だと言えるだろう。








数日前には田中信夫さん、更に少し遡ると石塚運昇さんも亡くなった。寄る年波には勝てないわけだが、辻谷さんのように50代でも亡くなる方も多いから声優界隈は見てて辛い。
演技のお仕事というか、アニメ業界そのものが大変な業界かもしれないけれど、声を吹き込んだその瞬間から自分だけの命ではなくなっているのだという自覚は持って欲しいし、純粋に好きな声の持ち主には、少しでも長く幸せに過ごして欲しいと願わずにいられない。

まあ、長く生きること自体が不幸な人も大勢いるわけだが......






バーニィ、シーブック、タイラー艦長.....安らかにお眠り下さい......
posted by lain at 07:17北海道 ☔雑記

秋アニメはフルオート斉射のごとく乱れ咲いた。それって良いこと?

地上波放送分で観れるものは粗方見終わった。北海道では放送しないもの、アプリやネット配信でしか見れないものは、PVをチェックし気になったものだけ視聴してみた。

今回は2クールものの入れ替え時期も重なったせいか、新作の数が兎に角多いように思ったものの、その分安定しない作品も多く、正直トータルバランスの高さを感じたのは「風が強く吹いている」くらいだった。



愚直な男を書かせたら上手い”三浦しをん”さん原作で、駅伝を目指す馬鹿に独立愚連隊状態の連中が巻き込まれていく話なのだが、流石はProduction I.Gで人間が走るという描写に余念がなかった。癖のあるキャラ付けも良く、これぞ王道というのを素晴らしい完成度で楽しませてくれている。これはまたアニメの影響で『駅伝始めました!』馬鹿が増えそうだ🏃‍♂️



あとはそう、イロモノとして尖ってるのは「ゾンビランドサガ」だろう。”宮野真守”が自由に演じているだけでも面白いが、ゾンビとしてこの世に復活した少女達が、アイドルとなって佐賀を救うとかなんとか言い始める頭の悪さが最高に楽しい(女の子達のゾンビ声も意外にリアル)



今期は作画が残念な作品が多い。完全に酷い作画というのではなく、全体的には良くて内容も凄く面白いのに、肝心な時ちょいちょい乱れたり物足りなかったりするのが勿体のだ。世界がモノクロに見えてしまう少女が、祖母の魔法で過去へと送られ色のある世界を取り戻していく「色づく世界の明日から」もそうで、ちょいちょい動きが足りなかったり、違和感があったりして惜しかった。普通の日常に、魔法が当たり前に存在している世界で、いつからか色彩を失ってしまった少女が祖母に過去へと送り出され、右も左も分からないなか色を取り戻していくストーリーや、色鮮やかな美術も素晴らしいので、尚更些細な乱れが気になってしまいました。




その他視聴予定作品(特に気に入ってる作品にはなんとなくを付けた)

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 

・DOUBLE DECKER! ダグ&キリル 

・転生したらスライムだった件

・宇宙戦艦ティラミスII 

・異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~

・人外さんの嫁

・RErideD -刻越えのデリダ--

・青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 

・やがて君になる 

・とある魔術の禁書目録Ⅲ 

・火ノ丸相撲 

・うちのメイドがウザすぎる! 

・ジョジョの奇妙な冒険第5 -黄金の風- 

・宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち

・ラディアン

・逆転裁判 Season2

・ソードアート・オンライン-アリシゼーション- 

・SSSS.GRIDMAN

・ゴブリンスレイヤー

・RELEASE THE SPYCE 

・ユリシーズジャンヌ・ダルクと錬金の騎士

・アニマエール!

・ガイコツ書店員本田さん 

・ひもてはうす 

・ゴールデンカムイ第二期 

・走り続けてよかったって。

・東京喰種トーキョーグール:re 2 

・ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。

・からくりサーカス

・メルクストーリア -無気力少年と瓶の中の少女- 

・Ingress

・ツルネ-風舞高校弓道部-





良いスタッフをどれだけ確保出来たかが色濃く作品に反映されている気がした。作画や演出の面だけでなく、制作を統括する能力の低さも露呈していたように思う。アニメの出来栄えに原作者が苦虫を噛み潰しているのが容易に想像出来てしまった。

僕だけでなく、大勢がそう思っていることと思うけれど、数撃ちゃ当たるでは長く記憶に残るアニメは出来やしないものだ。一瞬で消化されおしまいである。子供の愛らしさと筋肉の造形に拘ったメイドがウザいアニメのように、あるポイントにのみ特化した作品も確かに面白い。あれはあれで素晴らしいほど有益な才能の無駄遣いだ。「やがて君になる」も、人を好きになるという感情が分からない同志を見つけたと思いきや、その相手が自分にキュンキュンしちゃって裏切られてしまう少女を演じる”高田憂希”の良さが次回も観ようという気にさせてくれる。でも、結局それだけで終わってしまうのだろう。今この瞬間のためだけに作られるのがアニメになりつつある。いや、既になっているか....





ジャンルのバランスは良く、けしてハーレム物・BL・乙女ゲーなどに偏っているわけではないけれど、今一歩作り込めない現場の乱れがやはり目立つ。もう10年以上人材不足、収益分配の不公平が叫ばれているが、いよいよ膨らみきった風船が弾ける瞬間が近づいているのではないかと邪推したくなった。

辛くとも仕事に胸を張れる現場作りを是非目指して貰って、ついでに僕らが余計なことを考えずに済むような作品にしてくれたら嬉しいなと思う。
posted by lain at 11:23北海道 ☔アニメ

人生で初めて真面目に貯金してるおじさんのゲーム事情。

あれだけ毎日複数のゲームサイトをチェックしていたのに、今はほぼ見ていない。

車を買うため、全額とはいかなくとも少しでもローンの額を減らそうと、一番財布にダメージを与えていたゲームから諦めることにしたからだ。

だってほら、見たら欲しくなっちゃうでしょ?面白そうだなぁと思ったら試してみたいでしょ?だからなるべく見ないようにしていたら、いつの間にか見なくても平気な人になっていた。


それでもゲームはやめられないわけで、作業なばかりの無料ゲームを遊べば時々課金してしまうし、ファミコン風のがおまけに付くと聞いたらついシュタゲを買ってしまうこともあるが、前みたいに買うだけ買って満足し、クリアはおろか起動すらしていなかった時に比べればマシな気がしてくる。実際お金は貯まってきた。人生で一度も貯金など成功したことのない自分が、初めて貯めるまとまったお金である。これは車選びも真剣にやらねば.....



とりあえず今はPaladinsが一番楽しいです。オーバーウォッチはキャラのカスタマイズで性能に差が出ないため、同じキャラは同じ性能しかなくて遊びの幅が非常に狭く、Paladinsをやり込みだすと物足りなさを感じてしまいます。勿論トータルバランスの素晴らしさはオーバーウォッチの方が段違いで良いのだけれど。ていうか、ハロウィン復刻じゃなくて新規イベント欲しかった.....もうオーバーウォッチは無料の追加コンテンツに開発費かけられなくなってきたのかな?......Warframeみたいにアップデートばかりで、いつまでもβ気分が抜け切れずゲーム性を荒らされるのもあれだけど.......



1A2A9B81-DA54-41E4-B3EF-3B5F53847275.jpg512ED629-A23B-4576-A362-7FAA3637B280.jpg
※ようやく全キャラ開放。シーズンパス系への課金以外しないように遊んでいると非常に大変だった



兎に角、あと半年ほど、この状況が続く予定です。FH4を横目にみつつFH3を遊び、アサクリだ!CoDだ!ソウルキャリバーだ!と、周囲が楽しげにやっているのは非常に目に毒だ。

Xboxの年末恒例セールも待っているし、FGOも年末年始はガチャ周辺が豪華になる。

まだまだ誘惑と戦う日々は続きそうである......
posted by lain at 07:08北海道 ☔ゲーム