久々に試された大地

昨日の早朝とも深夜とも言い難い午前3時頃、ぐらぐらと家が揺れた。

目が覚めるくらいの揺れではあったものの、これくらいなら大丈夫だろうと寝直した。



朝起きてTVを観ると、札幌周辺では震度6に達していたという。山が崩れ、家は傾き、大地は歪んで裂けていた。ただ「これは酷い」そう思いつつも、まだ電気も水道も無事(僕の住む旭川の中心街とは電力供給元が異なっていたのと、地下水を利用していた為)な為、実感は薄かった。


ようやく大事だと感じたのは通勤路をいつものように車で走り出してからだ。信号が軒並み赤でも黄色でも青でもなく、光ることをやめていたのである。基本的に道路は車線が多い方が優先という考えなのだが、同じだけ車線があったらどちらが優先とも言い難い。皆慣れない事態に譲ればいいのか奪えばいいのか戸惑っているようだった。

コンビニは勿論、普段はあまり混んでいない朝のマクドナルドも忙しそうで、停電の影響でスムーズに給油が出来ないのかスタンドには長蛇の列が出来ており、地震そのものによる直接的被害はほとんど出ていない旭川でも、停電しただけでこれほど落ち着きを失うものなのだと痛感させられた。

地震が直撃した土地は本当に大変だろう。様々なインフラへのダメージも少なく無いし、食料の備蓄が少ない人、外食に頼っていた人などは、食べることすらままならなくなる。

海沿い以外はあまり地震に苦しめられて来なかった北海道。今回ばかりは他人事に出来はしない。






第一次産業が盛んな土地であっても、分業が進み農業を営む人は減っており、こういう災害時に自給自足で乗り切れる人も当然減っている。今日明日のうちには電気が戻ってくれば、閉じていたお店も通常営業を再開するのだろうけれど、それでお終いにしてはいけないのかもしれない。

電力供給の不安定さだけでなく、電気に頼った社会そのものも見直した方が良いように思う。ネットでしか読めないものを書きながら言うのもなんだが、電気が死んだらほぼ全てが死んでしまう社会など健全であるはずがない。それではまるで我々自身が機械のようだ。




不便にならないと気づけないこともある。目の前にある便利さが絶対だと錯覚しては駄目だと改めて思った。

僕らはやっぱり、地球に許された気になって、ただ無邪気に遊んでいるだけの存在なのだ🌏
posted by lain at 06:51北海道 ☔雑記

ミンクの穏やかな叫び

”今日帰れるかな?”

と、多くの人が呟いていた昨日の朝、一部の人間にとっての興味は台風ではなく、この会社の決断へと注がれていた。






普通の人にはなんのこっちゃ分からないかもしれないが、株式会社ミンクは25周年を迎えたばかりの美少女ゲーム(アダルトゲーム)会社で、オカズとしてのゲーム作りを貪欲に追い求める方向性が非常に個性的だった。
エロCGの質や量は勿論のこと、フロッピーの時代にエッチなボイスを入れたり、イメクラ状態(イメクラなんて行ったことないけど)のシチュエーション作りの巧さであるとか、小難しいこと抜きでエロを楽しんで欲しいというのが伝わる作りが、血気盛んな若い頃には有難かった。

グラフィックが本当にツボで、誰が担当したのか分からないけれど「GOKKO」や「ツーショットDiary」や「しゃぶり姫〜陰の章〜」、そしてINOさんが担当した作品の数々(ぺろぺろCandy 2、Realize Me、十六夜の花嫁)には非常にお世話になった。改めてありがとうと言いたいo┐ペコリ


IMG_8827.jpg

スクリーンショット 2018-09-05 18.55.58 2.png



いつからかアダルトゲーム全般を遊ばなくなり、十六夜の花嫁以降ミンクとは疎遠になっていたけれど、流石に思春期を支えてくれた会社が廃業すると聞いたらショックではあった。様々な同人コンテンツが無料もしくは安価で手に入る昨今、フルプライスに近い商品を扱う会社は非常に苦しい立場にあるのだとは思うものの、細々とでもブランドを続けて欲しかったような気もするし、綺麗に幕引きするのも悪くないとも思えて複雑である。

ただ一つ確かなことは、流行り廃りの激しい業界の中で、25年間もやって来れたことは素晴らしいということだ。PC98時代から存命であるアダルトゲームメーカーは指折り数える程度しかない。親兄弟には大きな声で言えない商売だったかもしれないが、ここまでやれたことは掛け値無しに立派。胸を張って廃業して欲しい。







いずれ他の古巣も廃業を迎えるのだろう。まだ会社を閉じていなくとも、ただのコンテンツホルダーでしかない場合も多い。

僕自身40歳を迎え、これからも多くの別れを見届けるのだと思うと、出逢いしか目に入らなかった若い頃の自分に嫉妬すらしてしまう。

中年とはこういう物なのだと噛み締める日々は、もう暫く続きそうだ......






ミンク公式HPhttp://www.mink.co.jp/


posted by lain at 07:20北海道 ☔ゲーム

『METAL GEAR SOLID 20周年おめでとう!』....と、手放しで喜べない自分が哀しい.........

何かとTwitterで知ることの多い僕は、MGSの20周年ですらTwitterに教えて貰った。










MGS、すなわち「METAL GEAR SOLID」とは、本当に長い付き合いになった。小島秀夫さんのことをよく知らないまま「ポリスノーツ」にハマり、”お前それなら「スナッチャー」は外せないだろ”と友人に言われ散々遊んだくせに、何故かMGSには直ぐ飛びつかなかった。当時あまりアクションゲームをやっていなかったせいもあるかもしれないし、単純にお金が無かったのかもしれないが、どうしても詳しい理由は思い出せない。散々友達に面白いぞと言われ(スナッチャー勧めたのと同じ男)やらずにいられなくなろ中古でも安くない時期にゲ◯買ったような記憶だけ残っている。

IMG_8801.jpg
ディスクナンバーが漢数字なのが非常に格好良く思えた

IMG_8802.jpg
今じゃ見かけなくなった説明書のスネーク。バンダナが無かったら最近のMGSから入った人にはスネークだと分からないかもしれないくらい顔が地味。




正直言って結構手こずった。有り体な言葉で言うところの映画的演出の数々と、潜入と言う新たな遊びの姿や膨大な道草要素(無線、サイコマンティス、ゲームオーバー画面、etc.....)が無ければ心が折れていたかもしれない。数年前に再度プレイした時など「本当に俺はこんな難しいゲームをクリアしたのか?」と半ば呆れながら思ったものである。MGSシリーズで一番難しいのは初代だと皆口を揃えて断言するに違いない。

でも、その難しさのせいもあって、僕の中でのMGS愛は強くなった。簡単に終わらない時間だったからこそ心に貼り付いて剥がれないのだ。年々ゲームをみっちり遊ぶ余裕が心身から失われ、マルチ対戦ゲームばかり遊び、気が向いて何かのキャンペーンモードを遊んでもイージーでサクッと終わらせてしまう昨今、MGSと過ごしたあの頃がいかに幸せな時代だったかと思い知らされる。

IMG_8809.jpg
せっかくの20周年だから、MGSとMGS2を動く漫画風に楽しめるDVD「メタルギアソリッド バンドデシネ」を久々に観ていた。

IMG_8803.jpg
キャンベル大佐や

IMG_8808.jpg
オセロットや

IMG_8807.jpg
サイボーグ忍者がこんなにもクールに(言ってみたかっただけ)

IMG_8806.jpg
MGS1の荒いポリゴンとアシュレイ・ウッド氏の絵のテイストの相性はばっちりだ




愛すべき登場人物達を前にしてくどくどと言うのもなんだが、コナミと小島秀夫さんが決別した経緯は非常に残念で、その後のコナミのMGSシリーズの扱いに関しても不安しかないけれど、小島さんだけでMGSは作れなかったのも確かであるし、コナミにはコナミの言い分もあるのだろうと、今は思わなくもない。まだ無理かもしれないけれど、いつか自然な形で小島さんの元にMGSが戻って来たらと願わずにいられない。

もうMGSは、小島さんだけの物でも、コナミだけの物でもなく、MGSを愛する者全ての物だと思うので、最良の環境で新たなMGSが作られることこそ大事ではなかろうか?...........


何はともあれ20周年おめでとうスネーク......





posted by lain at 22:27北海道 ☔ゲーム