夏と言えば"暑い"だけになってから、どれだけ経ったのだろう?.....「マイマイ新子と千年の魔法」片渕須直(監督・脚本)/高樹のぶ子(原作)/マッドハウス(制作)/感想

今よりほんの少し昔、夏と言えばTUBEだサザンだと言われていたものだが、今の若い世代にとって、サザンは兎も角TUBEは伝わるのだろうか?同じように冬と言えば広瀬香美というのも、伝わり難いに違いない。




アニメの夏と言えば、長らくジブリが盛り上げていた。劇場で公開された20数作品のうち、約8割の作品が夏に公開されたものなのだ。高畑さんを亡くし、宮崎駿が製作ペースを保てなくなった今も、日テレは金ローでは当たり前のようにジブリ作品をお茶の間に届けてくれるし、好きでも嫌いでも夏と言えばジブリという印象はまだ根強い。

しかし、時代は流れ「時をかける少女」後は細田守氏の作品も夏の代名詞となった。「君の名は。」で一気に名が知れ渡った新海誠の台頭も含め、確かに夏はジブリだけの代名詞ではなくなった。


僕の中では、上映時期と関係なく夏の映画なら片渕須直さんになりつつある。夢想家少女が戦時中の苦楽を経験して成熟していく「この世界の片隅に」はお盆前後にぴったりな映画だし、今回観たマイマイ新子なんてモロに一夏の思い出話だったから、自分が子供だった頃を存分に思い出してしまった....





大好きなお爺ちゃんから自分の暮らす街の1000年前の姿を聞かされ、その情景を思い浮かべなが元気いっぱいに過ごしていた少女が、都会から越して来た少女と打ち解けて、田舎の子供らしい遊びに興じつつ、大人の弱さと自分達の未熟さを知っていくお話だったわけだが、兎に角子供が子供らし過ぎて癒される。ただ見た目が可愛いだけではなく、何が楽しいのか分からない子供らの奇行の数々や、大人に対する理屈じゃない好意と嫌悪感、そして根拠の乏しい自信など、僕のような中年がすっかり失ってしまった子供の現実が、作品の中にしっかり存在しているのが素晴らしかった。

舞台となる昭和30年の風景や、交わるはずのない1000年前の情景描写も片渕さんらしい細やかさで、土地とセットで人が愛おしくなってしまうのがなんとも言えない。時空を超えたかもしれない絆の匂わせ方や、地元の子供である”新子”が転校生の少女“貴伊子”と入れ替わるかように越していく時の笑顔も最高で、コトリンゴが流れるエンディングへ雪崩れ込むのは反則ものだった。片渕さんの次回作にもコトリンゴさんは関わるのだろうか?だったら良いなと個人的には思う。







今まさにお子様の皆んなには、この夏を新子や貴伊子に負けない夏にして欲しいものだ。

いや、ほんと、そう出来たら良いね.......

僕も子供に戻りたい.....







公式サイト http://mai-mai.jp





関連過去記事

posted by lain at 07:17北海道 ☔アニメ

寝落ちが怖くてゲームが出来るかっ「Paladins」Hi-Rez Studios/PC/Nintendo Switch/Xbox One/PS4/感想

子供の頃は、もっぱらターン制SLGを中心に遊んでいた気がする。

ファイアーエムブレム外伝や第2次スーパーロボット大戦やシャイニングフォースは呆れるほど遊び倒した。

高校生になるとPCのSLGにも手を染め、”ウイニングポスト”や”シヴィライゼーション”のような鉄板タイトルだけでなく、育成SLGにもどっぷり浸かった。王道の”卒業”や”プリンセスメーカー2”を遊んだかと思えば、色物の”レッスルエンジェルス2”や”SEEK”のようなドロドロのアダルト物も死にほどやった。もうここまで来ると純粋なSLGではなく、ADV要素が強いゲームなわけだが、あの時代はADVゲームも本当に面白く、今でもADV物にハマっている人は、あの時代に青春を置いて来た人で間違いないと思う。

しかし、今じゃその手のゲームは一切やっていない。普段やってる艦これやアズレンはSLGではないのか?FGOはADVでは?と言われるかもしれないが、艦これやアズレンはMAPを戦略的に攻める必要性がほとんどないし、そもそも艦これは敵がMAP上を動きもしない。FGOのADV要素は、メインライターが書くと物凄く面白いが、選択肢によってその先の展開が変わることはないから、ADV本来の面白さとは無縁だ。スマホやタブレット向けの無料ゲームは、本来大事にすべき点を簡略化して、どうすれば続けてプレイして貰えるか苦心ばかりなせいか、どんなジャンルでも同じような遊び心地に感じてしまう。



いつも通り、大幅に脱線してしまったけれど、要するにそれくらい楽しんでいたはずのジャンルが、今じゃ怠いばかりでやる気にならないということだ。最後にクリアしたSLGはなんだったろう?ADVはシュタゲくらいしか思いつかない。

疲れた身体を家に持ち帰り、夕飯を食べたらさっそく眠気が誘う。それでもなんとかゲームをしたいとプレイしだすも、SLGやRPGだとシステムや世界観を把握しようとすればするほど眠くなるし、ADVなど読んでいるうちに朝になっている。


「面倒臭い」

何度その言葉でゲームを積んだかしれない。こうなって来ると唯一残されたジャンルはマルチ対戦ゲームしかなかった。





今は艦これアズレンFGOを片手間にやりつつWarframeをこなしてオーバーウォッチに流れこみ、このParadinsを締めに遊んでいる。ジャンルは近年日本でも人気が高まっているジャンルMOBAで、一般的にはオーバーウォッチとキャラが似通っていることで話題になったゲームだ(どちらがパクっているのかは分からない)

守備的なキャラから超攻撃的なキャラまで操り、多彩なアビリティを駆使して拠点を奪い合ったりペイロードを押していくゲームで、これまたオーバーウォッチを知っていたらパクリじゃねーかと言いたくなるかもしれないが、これが遊び心地はまるで違う。MOBAというジャンルに精通していないため、何がどう違うのか上手く説明出来ないけれど、iPhoneとAndroidくらい違うとは言えるだろう。快適で安定したプレイ環境を整えているからこそ、時に窮屈なオーバーウォッチに対し、洗練されているとは言い難いが、その荒削りさ故に自由で自分のスタイルを開拓する余地を感じるParadins。大味である分、キャラの動きがぎこちなくなったり、相手の攻撃のエフェクトがちゃんと表示されない場面もチラホラ見かけ、“なんでヤラレたか分からない”のも日常茶飯事ではあるが、中毒性はかなり高い。各ヒーラーキャラが、攻めにおいてもかなり使えるのも好印象だ。



開始早々強制的に馬で移動する仕様であるとか、仲間と簡単なキーワードでコミュニケーションを取る場合に格闘ゲームのコマンド(十字キー右→A→B等)みたいな入力が必要だったりするのも微妙ではあるし、OWほどルートボックスは手に入らず、イベント限定のスキンなどは有料のクリスタル(ログインボーナス等でほんの少し手に入る)を使って特定のコンテンツを買った上でないとイベントボーナスと交換出来ないなど、問題点は少なくないので、好き嫌いは分かれるかもしれない。でも、OWに疲れたり、行き詰まった時に遊ぶのにはもってこいのタイトルだと思う。

Nintendo SwitchとXboxはクロスプレイに対応し、Xbox版以外は日本語で遊べるうえ無料。ストレージの容量に不安が無いなら遊ばない手はないだろう。



ちなみに持ちキャラはSERIS

IMG_8383.jpg



おっぱい好きですまんo┐ペコリ 







公式サイト https://www.paladins.com


Nintendo Switch版(先行版のため無料ではない) https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000010237




posted by lain at 07:12北海道 ☔ゲーム

30年程度じゃ色褪せない個性が此処にはある「AKIRA」大友克洋(原作・監督)/なかむらたかし(作画監督)/感想

丸々1ヶ月間、サッカーを楽しませてくれたロシアワールカップも、フランスの優勝で幕を下ろした。

正直言って、フルで見たのは日本戦を除くと、ほんの数試合でしかないないけれど、ダイジェストでもしっかり迫力が伝わって来て本当に楽しかった。いつか日本代表があの決勝の舞台に立ち、頂点の座を手にする光景が見たいものである。



次なるスポーツの大きな祭典は、勿論東京五輪だろう。それほど国民に望まれての開催で無い上、費用負担の問題でゴタゴタしたり、建設現場での労働環境の悪化など、マイナスな話しか聞こえて来ないが、やるからには盛り上げて欲しいし、選手たちが気持ちよく競技に専念出来るよう計らって貰いたいものだ。

話は変わる(戻る)けれど、その来年催される東京五輪が2020年に開催されることを30年以上前にAKIRAは予言していた。








若い世代はAKIRAなど知らない人が多いと聞くので、一応どんな話かざっくり説明すると、1988年7月、大規模破壊兵器により関東が壊滅し、第三次世界大戦が勃発。その31年後、翌年に東京オリンピックを控えたネオ東京の夜をバイクで疾走する若者たちの前に、奇妙な子供と軍が現れ、負傷した仲間を連れ去ってしまう。彼らは反政府ゲリラと共に仲間を助けに向かうのだが、特別なチカラに目覚め飲まれてしまった仲間に拒絶され、自体は収集の付かない事態へと悪化していく......という超能力話。

40歳前後の世代にとって、AKIRAは本当に衝撃的な作品だった。原作から入っても劇場版から入ってもそれは変わらなかったろう。僕はアニメ版から入ったくちで、とにかく情報量の多い細やかな美術と音楽、そしてリアルな重量等の描写と肉肉しいグロさに度肝を抜かれた。能力開発をされ過ぎた子供たちがまるで老人のような姿であるとか、彼らが能力で作り出したぬいぐるみのお化けや、軍に拉致された少年(鉄雄)が暴走していく様などトラウマでしかないが、その素晴らしい仕事の数々のせいで、絶対に忘れたくないトラウマであるのも間違いないから困りもの。

IMG_8269.jpg
このレベルの美術を全編に求められたそうだ.....
タイトルなし.gif




主人公たちは戦後の影響をモロに受けて落ちこぼれた少年達で、クズでしかないものの、彼らには彼らの絆や筋の通し方があったし、根はいい奴らだから嫌いになれない。鉄雄の自分に対するコンプレックスを受け止める金田も最高で、彼が乗るバイクには、鉄雄でなくとも憧れた。AKIRAでの共演が無かったら、「ここはグリーン・ウッド」で岩田光央と佐々木望が共演することも無かったんだろうなぁ....

タイトルなし.gif

タイトルなし2.gif




なんにせよ、AKIRAが手描きアニメの到達点であるのは紛れもない事実だ。

当時でも破格の制作費(10億円)をかけ、日本中から腕利きのクリエーター(なかむらたかし、森本晃司、山城祥二etc...)を集め、公開時に間に合わなかったものは、ビデオ版でガッツリ修正まで加えた。3DCGでは無理であろう味わいも含め、AKIRAには絶対の個性がある。

年寄りの思い出補正に過ぎないと一蹴せず、ほんの少しでも良いから見てみて貰いたいものだ。




今日は劇場公開から30年、来年にはAKIRAの世界に我々は追いつく。

キナ臭いところばかり追いついている気がしなくもないが、AKIRAの世界のように、どんなことが起きても最後には希望が残る世界にして行ければ良いなと思う。

そして50周年100周年も語り草となっていたら最高だろう。














posted by lain at 11:52北海道 ☔アニメ