僕らはみんな”女王蜂”に群がる働き蜂🐝

夏アニメと呼ばれる新作アニメが既に数話放送されている状況で、僕はまだ春アニメを見ている。

特別春アニメが多かったわけでもなく、ついついゲームをやってしまい家での消化があまり出来なかったのと、出先での鑑賞に支障を来すほど、ここひと月ほど”女王蜂”というバンドにハマっていたのが大きな原因だった。




元々注目度の高いバンドだったそうなのだけど、僕はDAOKOとの楽曲「金星 Feat.DAOKO」で”この人いつもこんなに裏声多用する人なんだろうか?....”と興味を持ったのが最初だった。昔ならここでレンタルショップかレコード店に走ったものだが、今はApple Musicみたいな定額制音楽サービスがあるから本当に便利なもので、直ぐに彼らの曲をリストへ加え聴いていた。

ただ、去年の自分はそこまで彼らにハマっていなかった。理由はちょっと分からない。女王蜂の中心であるアヴちゃんの、何処か吹っ切れたような「HALF」の完成度に何かのスイッチが入ったのかもしれない。其処からは兎に角新旧聴けるものは全て聴きまくった。




男である自分、女である自分、日本人である自分、日本人でない自分、様々な自分と折り合いをつける為に選んだ音楽がこれだったんだろうと、勝手に納得していた。辛いことは辛いし、怒りも哀しみも消えないけれど、それをエネルギーにして愉しんでしまおうという力が彼らにはある。

何より気に入ったのは、その楽曲自体の混沌さだ。もう素人の耳にはどのジャンルが混じり合っているのか分からない。ただ一つ言えるのは”和”の味わいが常に根底にあるということと、それが僕は大好きだということ。訳が分からないのに訳が分かってしまうアヴちゃんの歌詞共々、新しいのに新しくない女王蜂というジャンルは熱い。






ちょっとライブまで行くのは熱狂的なファンが怖くて行けないが、あと10歳若ければ絶対生の彼らを観に行ったことだろう。中性を売りにしたアーティストはこれまでも大勢いたが、間違いなく女王蜂はその系譜の先端にいる。男が男らしくなくてもいい。女が女らしくなくてもいい。本当に良い時代になったものである。


まだまだ差別はあると言う人はいるだろうけれど、今の世の中ほど差別を受ける側が声を上げやすく仲間を見つけやすい社会はこれまで無かったのでは無いかと思う。差別とは好きか嫌いかを決める行為と同じだ。ほぼ全ての人が無意識のうちに差別を行って生きている。“そんなもの”を是正しようと考えることすら差別に他ならない。

だから、そんなつまらないことは考えずに女王蜂を堪能するのが吉だ。単純に彼らが格好良い可愛い面白いで聴くの良いだろうし、自分の鬱屈を重ね合わせて聴くのも良いだろう。





これからもっと女王蜂は子を増やす。

働き蜂である僕らの仕事はこれからだ🐝






posted by lain at 07:23北海道 ☔音楽

永遠に生きるとか社畜より辛いんじゃね?「吸血姫美夕(1988年版)」平野俊弘(監督)/垣野内成美(キャラデザ)/AIC(制作)/感想

オタクは、一つの創作物に触れると、その作者や提供会社や関わったスタッフの別作品だけでなく、類似作品を隅々まで追い続け、作中使われた場所を直に見にいくなんてのもざら。

中の下くらいのオタクの僕も例に漏れず、好きになった漫画家や小説家の作品は全て(同人までは手が伸びなかった)読んだし、アニメも好きになった監督のはトコトン遡って観たものだった。特に押井守作品は、コアなファンしか見ないような過去作品ばかりで、DVD化される以前は遡るのは大変だったものだ。

アニメで1番真っ先に目に付くのは、当然ビジュアルだから、監督を追う以上にキャラデザを追ってしまうこともよくあった。ガンダムの安彦良和さん経由で「クラッシャージョウ」や「ヴィナス戦記」を観たし、クリィーミーマミやパトレイバーの高田明美さんが参加した作品も山ほど観た。他にも石田敦子さん、後藤隆幸さん、貞本義行さん、美樹本晴彦さん、村瀬修功さん、結城信輝さん、いのまたむつみさん、挙げだしたらキリがない。そして、今回30周年を迎えたOVA「吸血姫美夕」のキャラデザである垣野内成美さんも他の仕事を追いたくなる対象の1人だった。


dアニメストア for Prime Video対象作品 https://www.amazon.co.jp/dp/B07F3R4S57/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_LkbvBbBMWDD7W




垣野内成美さんと言えば、のちに結婚する平野俊弘氏との仕事が印象的で、絵の質感も近いから混同していた部分もあり、改めて仕事の一覧を眺めると作画監督は多いがキャラデザが少なくて意外だった。確かにアニメで追い続けたというより漫画を追いかけたと言った方が正しいだろう。特に美夕の漫画版は垣野内成美さんのライフワークで、本編だけでなくスピンオフシリーズが複数あり、追う側としても追い甲斐があった。

吸血姫美夕は、人と吸血族のハーフとして生まれてしまった少女美夕が、浮世に紛れ込んだ神魔を闇へと返す宿命を背負い、人と神魔の儚い想いを見届けてゆく物語で、自らの出自を呪いつつも使命を果たし続ける美夕とその眷属であるラヴァの終わりが見えない旅の切なさがなんとも言えず良い作品。

スクリーンショット 2018-07-21 21.03.36.png
スクリーンショット 2018-07-21 20.31.39.png
スクリーンショット 2018-07-21 20.43.28.png
髪がはらりと揺れるのが垣野内成美キャラの良さだと思う

スクリーンショット 2018-07-21 20.34.26.png
スクリーンショット 2018-07-21 20.36.47.png
スクリーンショット 2018-07-21 21.16.30.png
ミイラ取りがミイラになったラヴァさんの格好良さは本当に萌える



のちに作られたTVシリーズもファンは多いが、個人的にはOVA版がおすすめ。たった4話の中に、人と神魔と美夕の関わり合いが凝縮されているから。若干作画が落ち着かないところもあるが、平野さん成美さんの仕事だけでなく會川昇さん(本作製作時は会川昇だった)の脚本の良さも発揮されていたように思う。美夕の存在を際立たせる意味において、第三者である霊媒師の女性の存在が非常に大きく、最終話を見終わった後の取り残された感覚が今も残っている。

常人が望む永遠を、望まない者が続ける虚しさが上手く表現できている作品だと思う。男が思い描くハーレム物にも、こういった儚さが大事なんじゃないかと思った。しょぼい不幸を背負った気になって、大勢の女性に励まして貰いラッキースケベにあずかるのも、ある意味素晴らしく虚しい物語で儚いかもしれないけれど........





posted by lain at 14:33北海道 ☔アニメ

ポロリ女性に囲まれた常田富士男さんの狙いなのか素なのか分からない演技が大好きだった....

TVドラマや「まんが日本昔ばなし」で馴染みのある常田富士男さんが亡くなった。

出演作品を網羅する勢いでファンだったわけでもないが、日本昔ばなしは毎週見ていたし、古谷一行さんや木の実ナナさんと共演していた「混浴露天風呂連続殺人」シリーズも大好きで、年下の上司に尽くす素朴な部下役になんだか癒された。







露天風呂シリーズでは、今では放送的に無理があるポロリがあって、常田さん結構役得してた気がする。モフモフの毛で両眼が埋もれてる犬みたいな愛らしい人だった。あの優しい声色も含め、居てくれるだけで疲れが癒える存在だったかもしれない.....



お疲れ様でした。あの世でゆっくり露天風呂に浸かってください.....

あの世にもポロリがあったらいいな......


posted by lain at 07:15北海道 ☔雑記