とうとう馬すら萌えに還元してしまう優しい世界「ウマ娘 プリティーダービー」及川啓(監督)/P.A.WORKS(制作)/感想

今期のアニメの中で、真っ先に見終わったのがウマ娘だったのだけど、普通に面白くて無茶苦茶な擬人化すら、すんなり受け入れている自分がいた。


これは異世界から受け継いだ輝かしい名前と競走能力を持つ
“ウマ娘”が遠い昔から人類と共存してきた世界の物語。
田舎から都会のトレセン学園に転校してきたウマ娘・
スペシャルウィークは、チームメイトたちと切磋琢磨しながら「日本一のウマ娘」の称号をかけて
<トゥインクル・シリーズ>での勝利をめざす!
by公式サイト イントロダクション




何せ性別の改変どころか、競走馬を美少女に擬人化させ学園スポ根をやると云うのだから、少しでも競馬を知っている人からすると正気の沙汰ではない話(犬の散歩中のおじさんが、ウマ娘に人参を差し出すシーンに”お前いつもそんなもの持ち歩いてるのか!"と独り突っ込んでいた)なのだけど、70年代から2000年以降の名馬まで揃えたウマ娘達から滲み出る実馬の名残や、実際の成績、エピソードなどを放り込んでくるものだから、ついつい見続けてしまった。Cygamesブランドのアニメはどうしてこんなに出来が良いのか?


特に中心となるウマたちが90年代のウマなのが良かった。丁度あの頃は高校の同級生の影響で競馬中継を見たり競馬雑誌を購読するくらい競馬を楽しんいた時期だったので、それらの馬が登場する度懐かしさでいっぱいになってしまった。競馬を知らない人でも知ってるオグリキャップ(アニメではほぼ出番なし)、骨折という苦難を乗り越えG1の舞台へ返り咲いたグラスワンダー、三冠を決めるまでの強さが尋常ではなかったナリタブライアン、そして主人公であるスペシャルウィークもさることながら、絶頂期に粉砕骨折で予後不良となってしまったサイレンススズカの存在も見逃せなかった。だいぶ記憶は曖昧ではあるけれど、ライスシャワーとサイレンススズカの骨折だけは忘れられない。

確かあの時期は芝の状態が硬めで、スピードが出る分馬の脚への負担が大きかったのだと聞いた気がする。馬がびっこを引きつつ歩く姿には本当に胸が締め付けられる。人間の都合で走らせ、金儲けや娯楽として楽しんでいる僕らには、彼らの不幸に感傷を抱く権利すらないのかもしれないが、強く美しい馬の駆ける姿が損なわれるのは本心で哀しいのだから救いようが無い......







僕は一度も馬を賭けの対象としてみたことはない。純粋に馬たちのスピードに魅せられていた。後方から信じられない末脚をみせる馬にも痺れるが、逃げをうって二の足を使う馬はもっと好きだった。

結局、スズカの死のあたりから競馬を観なくなった。自分と競馬が抱える罪に嫌気がさしたのか、罪を背負ってでも競馬と向き合えるほどの情熱が無かっただけなのか、自分でももうよくわからない。


でも、サイレンススズカの行く末を改変したウマ娘のスタッフ達の気持ちは少し分かる。いや、僕以上に多くの競馬ファンがスズカのその後を見たかったはずだ。

ウマ娘に使われている馬達のほとんどは、既に鬼籍に入っているけれど、僕らが彼らを忘れ去るには途方も無い年月が必要になるのだろう。








追伸、実際のレースでの姿を一切見たことないゴールドシップが大好きです🐎


スクリーンショット 2018-06-27 19.33.05.png







posted by lain at 07:21北海道 ☔アニメ

セネガルと日本がトウキョウ・バイスで俺寝不足

今日は兎に角眠かった。たかが深夜2時だろう?と言われそうではあるが、ほぼほぼ40歳のこの身には夜更かしはキツイ....

2時に寝て6時に起きても4時間は寝られるわけで、結構いけそうだなと思ったものの、実際には寝付けなくて実質2時間くらいしか寝た覚えがない。相当日本対セネガルの熱い試合に触発されたのでしょうな。もしも負けていたとしても良い試合だったと口にしたであろうと思えるくらい内容が濃かった。「こんなに攻める気持ちが溢れてる日本代表いつぶりに見ただろう?」と、心底思った。次も深夜だろうが御構い無しで見たい。







本当は今日で30周年になるOVAの話でもしようかと考えていたのだけど、いつも通りどうでも良くなってしまった。

「トウキョウ・バイス」という作品で、手がけたのは妖刀伝を作った”南町奉行所”と”山崎理”監督。ストーリーはありきたりで、死んだ男から預かったフロッピーにとある企業の兵器のデータが入っていたものだから、主人公は仲間たちと企業の刺客と戦いつつ騒動の一部始終を白日の下に晒そうと頑張るって話。 

この時期のOVAによく見られる歌のシーンや、権力者が好き勝手に隠蔽したがるノリは嫌いじゃないが、当時からあまりピンとこなかった。むしろこの作品の驚くのは若き日の京本政樹が作詞・作曲・歌を手がけた主題歌の存在だろう。一体何がどうしてこんな仕事を受けたのか?既に必殺シリーズで人気に火が付いていたはずなのに、あの時代のアニメに主題歌提供とは本当に信じられない。驚天動地とはこのことだろう。

まあ、実写しか知らない人たちは、存在すら知らない主題歌だと思うけれど....






あとはそう、声優陣は無駄に豪華だったな......塩沢兼人さんの声聞く度に俺は泣けるよ...........


サッカー、ポーランドに勝てるかな?........


うっかり買ったFIFA18遊ぼ.....⚽

posted by lain at 21:00北海道 ☔アニメ

”リアル” ”面白い” そういう言葉で説明出来ない映画だった「ダンケルク」クリストファー・ノーラン(監督・脚本)/感想

人間は生きるうえで必要以上のエネルギーを消費している。

生存に必要な住処と食べ物だけでは飽き足らず、電力が必要な電子機器を多用し、化石燃料を使う乗り物を重用する。地球規模で気候が変動しようと御構い無しだ。


そして、人類のエネルギーの無駄遣いの最たるものが戦争だろう。戦争に必要な技術はお陰で進歩したが、失った”もの”の方が遥かに多く建設的とは言い難い。なにせ相手の文化をぶち壊すどころか、自分たちの文化を深めるための資産や時間すら浪費してしまうのだから。戦争など無い方が良いと思っている人の方が多いと信じたいが、人間は自分で経験しないと心底は理解しない生き物であるし、生き証人が死んで行けば、戦争の悲惨さなど直ぐに薄らいで、気に入らない連中を暴力でもって黙らせようとなるのは避けられない。先人が経験した全てを、まるで機械のようにまるっと引き継ぐことができたなら、今頃戦争など根絶出来ているだろうか?

今のところ、結局人間は”ケダモノ”なのだと言わざる得ない。






そんな抗い難い人間の性が露わになるシチュエーションであるからこそ、戦争は映画においても散々ぱら調理されて来た。戦いの高揚感を煽るもの、焦燥感に明け暮れるもの、必要以上に恐怖を植え付けるもの、大自然の前では戦争など児戯に過ぎないと知らしめるものなど、枚挙に遑がない

では、ダンケルクが描いた戦争とはなんだったのか?



フランスとイギリスの連合軍が第二次大戦時に30万人規模の撤退を成功させた史実を元に作られた本作は、陸海空それぞれにスポットをあて、正義や信念といったねちっこい物は強調せず、あくまでも淡々と生き残ろうとする者達を描いていく。戦争映画によくある煽るようなBGMも少なく、独特の雰囲気作りのせいで緊迫した場面でも手に汗握るようなこともなく、よく出来た再現ドラマを見ているような印象を受けた。ぶっちゃっけ娯楽要素は薄い。

それほど強調されていない中でも、最後まで撤退を指揮するおじさんや、燃料切れになった後も敵機を落とす戦闘機乗りなどが格好良く描かれているし、苦肉の策に思えなくもない時系列を前後させる演出も相まって、 飽きることなく鑑賞出来たものの、無謀な作戦の末、装備や兵器を置き去りにして命からがら逃げ出しただけのことを少し良い話風に仕上げたことがピンと来なかった。敗残兵である自分達を国の人達はどう考えているのか不安なまま帰国した彼らが、思わぬ祝福に喜ぶ姿にもリアリティを感じなかった。そんな浮かれた雰囲気を空々しく受け取る姿こそ僕は見たかったのだろう。

IMG_8105.jpg


何をもってリアルとするかは難しい。僕が求めるものだって希望的観測に過ぎないから。

だから戦闘機が美しい映画として勝手に記憶しておくことにした。自動追尾など一切ない古い飛行機で燃料切れなど御構い無しに味方を助けた飛行機乗りの美しさだけで十分満足のいく映画で間違いない。

IMG_8109.jpg
IMG_8107.jpg




posted by lain at 07:19北海道 ☔映画