「連休なにしてた?」って聞かれたら、「テラリスト 倒してた」って答えるしかない俺を赦して欲しい....

人は失って初めて大切なことに気づくのだと古来(いつ?)から言われているが、連休が残すところ明日のみとなった今、当たり前のようにあれもこれもやっておけば良かったと後悔している。

流石に40年近く生きてくれば、自分が後でどう感じるか予測したうえで行動している場合が多いけれど、やはりその時が来たら残念に思うのは避けられない。諦めの良い人なら上手く頭を切り替えることが出来るのだろうか?

どうも切り替えが下手な僕は、今日1日運転手として家族に付き合わなければならないのに、昨夜も未練がましく遅い時間までアルスラーン戦記を読んでいた。人と人ならざる者達に平和を脅かされ、苦楽を共にしてきた仲間を一人、また一人と失ってゆく展開に「いつもの田中芳樹が帰ってきた」と嬉しいやら哀しいやら読みふけっていた。

残すはあと2冊。お気に入りの登場人物が何人生き残るのか戦々恐々である......





4連休あったわけだけど、特に何をするでもなく終わって行く。ゲームをして、アニメを見て、飯を食べて、居眠りして、いつもやっていることを長々と繰り返すだけのGW。なら4連である必要もないよなと苦々しく笑った。

PS4が発売された日から遊び続けている基本無料ゲームWarframeを、とにかく遊び倒した休みだったかもしれない。幾度となくアップデートを繰り返し、既に別物になりつつある本作へのオープンワールド要素の追加は、当初嫌がらせかと思うほどの新要素ではあったものの、じっくり時間がある時に遊んでみると案外面白くて、ついつい何時間もやっていた。




武器やユニットを強化するのに必要な素材を集めるため、釣りや採掘をこなしつつ依頼を達成し、夜にだけ現れる馬鹿でかい敵”テラリスト”と戦うのが目標(別に無理しなくても構わない)となる本要素は、テラリスト (テロリストではない)への対策をしっかり講じないとまったく歯が立たず、まだソロで狩れるほどではない僕は味方頼みだから、ぶっちゃけ平日にはヤル気が起きない。うっかりやる気を出してもボロボロにヤラレテ時間だけが吸われていた。

ところが連休の貴重な時間をたっぷり使ってみると、これまでが嘘みたいに何度も倒すことが出来て楽しくなってしまった。 一発の強さがあるスナイパー系の武器に変更し、攻撃力を上げるのが得意な構成にし直したのも功を奏したようだった。取っ掛かりが掴めるとなんでも楽しくなってしまうものだなと思った。



ゲームで疲れ果てた昨日と、車の運転と親の相手で疲れた今日と、どちらが有意義か考えた時、正直どちらも得るものは少ないなと思ってしまった子供の日です

来年のGWこそは違うことしよう.....
posted by lain at 07:18北海道 ☔ゲーム

どれだけ陳腐になろうとも、見捨てられない奴らがいる「ウォーキング・デッド シーズン8」FOX/海外ドラマ/感想

※ネタバレ感想







最後まで観てしまうのを躊躇っていたシーズン8をとうとう観た。

今シーズン、カールの死以上の物はもう無いだろうから、ニーガンに関してはまあそう落ち着くよなと思っていた通りの収束だったが、分かりきっている結末を少しでも緊張感のあるものにしようと、若干の含みを持たせるためユージーンの怒りを強調してみたり、幾度となく憔悴したリックの未来(ニーガンとの闘いを終えたニックの回想シーンとも取れる)の姿を見せて、暗に不幸な結末を連想させようという誘導的引き伸ばしが少々鼻につく演出だったように思う。




唯一良かったのは、今回はそれほどクリフハンガー的最終回ではなかったこと。ニーガンを生かしたことに不満な仲間たち(ニーガンに監禁されていたダリルや、グレンを殺されたマギーなど)は何やら不穏ではあるものの、優しいだけのドラマならばこのまま完結しても良いくらい綺麗な幕引きだったと思う。幼き日のカールと、保安官姿のリックが並んで歩く後ろ姿、これ以上の最終回などありえるだろうか?....

IMG_7749.jpg



これまで利害が一致しない者達と殺し合いを繰り返してきたリック達。

ニーガンの生を選んだことで固い絆にヒビが入ったようだが、シーズン9ではどんな遣る瀬無い展開になってゆくのだろうか?

ゾンビ物のお約束を守るのであれば、完全なるハッピーエンドはありえないわけだが、そろそろ終焉のことも考えたドラマ作りを考えていって欲しい気はする。



3月に発売されたばかりの原作コミックにほぼ追いついた(最新刊はS8から2年後の設定)形でありながら、今年の秋にはシーズン9を放送するというウォーキング・デッド。また新たな脅威(人々)を登場させるらしいが、またお客を失うことにならなければいいなと思う。

どんなに陳腐になっても、もう彼らを放っておくことは僕には出来そうにないけれど.....