高野山を汗臭い男たちの聖地にしてしまった張本人「孔雀王」荻野真(原作)/AIC/OVA/1988年/懐アニ

現代の創作世界は、一言で言って混沌だ。

これはこういうジャンルだと、区分するのが非常に難しく、和洋折衷どころの話ではない”合いの子”で溢れている。



そんな中でも、昔から女性に人気なのは和の呪法の世界だろう。最早流行の先端というわけでも無いけれど、陰陽師を題材にした作品は今でも普通に人気が高く、美形が式神を繰り出す姿はそこら中で散見出来る。

だが、そういった和の呪法の世界を僕らの馴染み深い2次元の世界に落とし込んだ元祖は、そんな美形が爽やかに邪気を払うような作品ではなかった。いや、一応あの時代ならイケメンだったのかもしれない。ただの生臭坊主なのだけど....


OVAと同年に実写映画化されるほどの人気だったようだ



僕が初めて孔雀王を読んだのは中学生の頃だったろう。週刊少年ジャンプ以外を開拓したくなり、ちょっぴり大人びたヤングジャンプに手を出して孔雀王も知ったのだ。ただ毎号読めたわけでもなく、コミックを自分の金で買えるようになるまでは長かった。ぶっちゃけ就職してから古本屋をハシゴして全巻集めたものだった。しかも自分が知っている孔雀王は、続編の”退魔聖伝”の方で、無印の方を初めて読んだ時は絵の古臭さに面食らったものである。

IMG_7729.jpg

IMG_7731.jpg
生臭坊主な孔雀だが

IMG_7730.jpg
能力は折り紙つき



で、どんな作品かと言うと、高野山に裏の顔を持つ退魔集団がいて人知れず魔を払っており、主人公である孔雀は孔雀明王の守護を受ける優秀な退魔師で、様々な怪異や密法を悪用する者と戦うこととなり、物語は徐々に日本の言い伝えの範囲を超えた壮大なものへと膨らんでゆく。そういう意味でいうと、必ずしも純粋な和の世界観とは言えないかもしれないが、世界各地の言い伝えを上手く結びつけて話を盛り上げていたようにあの頃は感じていた。おそらくはゴリ押しだったのだろうけど、不勉強な素人目には、ただただ説得力のある世界観でしかなかった。

IMG_7732.jpg

IMG_7733.jpg
グロい世界観とバランスを取るかのように...

IMG_7728.jpg
お色気がちょいちょい挟まれた。まるで”10分に1回”は性交渉のシーンを入れなきゃいけなかった日活ロマンポルノみたいだ(見たことないけど)

IMG_7734.jpg
「オン アビラ ウンケン ソバカ」って練習したよね.....




にしても、孔雀王のOVAシリーズ1作目のラスボスは、まさかの安倍晴明なのはやはり面白い。現代人なら絶対正義側に配置しそうな者を悪役に据えるセンスが最高だ。アニメの仕上がりに関しては、あまり触れないでおきたい。いまや大御所の方々(秋山勝仁、板野一郎、會川昇、摩砂雪、等々...)にも若かりし時代があったのだし、当時の作品としては決して悪い物でもない。ここが凄いという点がイマイチ見つからないだけである...まあ声優デビュー5年目のペーペーだった関俊彦の若々しさや、納谷悟朗さんの物腰柔らかな声を楽しむには良い作品かもしれないし、もっと目の肥えた人なら見所の一つや二つ見つけることが出来るに違いない。


ただ、これまた古い作品にありがちな正規のルートでのネット配信では観ることが叶わない。中古のDVDを買うくらいしか方法は無い。

去年から様々なOVAの30周年を追って来たが、そのほとんどが死に体のコンテンツと化していて実に残念だ。アニメの動画を違法にアップロードしている人たちを裁くのも大事だろうが、そういった死に体になったアニメ達を守る道も示して欲しいものである。





posted by lain at 22:07北海道 ☔アニメ

オジさんが観る春アニメはコレ。

GW始まっちゃったね。

僕は分割式(4/29〜4/30、5/3〜6)のGWなので、長期休みの人が眩しくて仕方ないのだけど、始まってない人というか、そもそもGW無い人も沢山いるだろうから贅沢は言わないでおこう....と思い込めれば人間苦労はしない。誰が連休の合間の仕事を真面目にやれるというのか?...いっそ繋げようよ......来年の新天皇即位によって発生する1年限りの大型連休を、うちの会社も履行してくれることを祈りたい......



まあ、そうは言っても、どうせ休んですることと言ったらゲームかアニメか気まぐれに見始めて止まらなくなるNetflixだったりするわけだけで、たまにはプラモでもじっくり作りたい気持ちもないわけでもないが、ヤスリがけや塗装作業に夢中になると身体がボロボロになるのが容易に予測出来てしまって重い腰が上がらない。せいぜい掃除や家の雑務を済ませるくらいが関の山だろう。昨日かなり雑務を片付け、焼肉までやれたのは頑張った方だ。お陰で概ねどのアニメを観て行こうかという方針も決まった。ただ、今回は全然絞り切れていないため30本を超える新作となり、少々キャパオーバーは否めない。どれから脱落するのだろう?....




今期もしっかり並ぶアイドル物では、定番の「アイカツフレンズ!」や「キラッとプリ☆チャン」(←プリパラの流れ)を抑えて一番面白かったのは、「ウマ娘 プリティーダービーだろう。また得意の擬人化かと、呆れ気味に観始めたら、競馬の楽しさを上手く活かしつつ、まさかのアイドル要素を放り込んでいる巧妙なやり口に思わず「巧い」と思ってしまった。Cygamesのアニメに対する本気度は相変わらず素晴らしい。





こちらも毎回欠かせない?魔法少女物なのだけど、今回は色物が一番面白かった。良くも悪くも”まどマギ”以降の作品に思える「魔法少女サイト」の鬱屈に、往年の名作「Cutie Honey Universe」(キューティーハニー)が娯楽のお手本を見せたかと思えば、それらを全部ぶっ壊す”ふゅーじょんぷろだくと”の隠し球「魔法少女 俺」がいて、混沌にもほどがあった。最近、最低で最高のクソアニメが本当に多い(賛辞)





馬鹿馬鹿しい流れで挙げるなら、群馬とがっちり組んでる「お前はまだグンマを知らない」(キャラデザはなんと湖川友謙さん)は普通に笑えるし、SNSのあるあるネタがグサリと来る「SNSポリス」も外せない。SNSをやり続ける意義は「生存報告」にあるというのは名言過ぎた。エースパイロットが大真面目に不真面目をやる「宇宙戦艦ティラミス」もかなり罪深い......大塚さんのナレーションの無駄遣いたまらん........w






そういうご時世なんだろうなと感じたのは恋愛物で、前期は「恋は雨上がりのように」で痺れるような歳の差の恋をやった”赤尾でこ”が構成する「3D彼女 リアルガールの主役であるオタクの青年や、再就職先で幼馴染の男(ゲーオタ)と再会し利便性から軽々しく付き合い始めてしまう「ヲタクに恋は難しいのOL(主に腐女子)など、ひと昔前なら見る側を選ぶような主人公が普通に前面に出て来ているのが印象的だった。

IMG_7708.jpg
CV沢城みゆきのキャラがたまらなくツボ




他にもあっちの世界に連れて行かれて嫁にさせられそうな「かくりよの宿飯」や、なんとも言えないバランスのヒロインが新鮮な「多田くんは恋をしない」も定番の恋愛で面白いが、もっと定番で王道な子供向けアニメ「若おかみは小学生!」の女の子が家に憑いた幽霊と親密になっていく汚れのない感じの方が、今は心にスッと入り込む。

IMG_7704.jpg
某将軍様の番組が大好きな外国のお嬢様。ヤラシイ感じではなく、品の良い可愛さがなんだか良い。





恋に発展するかどうかは分からないが”旅は道連れ世は情け”と言わんばかりの絆が良かったのは、エスパー少女がヤクザの家にとんでもない方法で転がり込む「ヒナまつり」であったり、SAOの派生作品「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」、そして「ゴールデンカムイ」だった。特に”不死身の杉元”と呼ばれる主人公が、戦争から帰り酔っ払いの与太話でアイヌの埋蔵金の話を知り、偶さか知り合ったアイヌの少女”アシㇼパ”と共に旅を始めるというゴールデンカムイは本当に面白く、アニメの仕上がりも良いが原作の力による部分が相当あるのだろうなと思った。良い原作だとアニメーターもモチベーション上がるよねやっぱり。

IMG_7724.jpg
戦闘描写も面白いが、ゲーム内外のギャップ萌えが良いガンゲイルオンライン






いつも通り続編勢は軒並み面白く、長い沈黙を破って登場の「フルメタル・パニック! Invisible Victory」、これまでの主要キャラがどんどん出てくる「Lostorage conflated WIXOSS、ゲームをやる手間が省けて嬉しい「PERSONA5 the Animation」、いっそお前ら付き合えよと言いたくなる百合が眩しい「あまんちゅ!~あどばんす~」、メインヒロインの声が変わってもまるでブレない「食戟のソーマ餐ノ皿」、カネキなのにカネキじゃないターンの「東京喰種トーキョーグール:re」、故郷に戻って来たような郷愁すら感じる「STEINS;GATE 0」の説得力ある未来感、ガンダムビルドダイバーズ僕のヒーロアカデミア鬼灯の冷徹やらルパン三世まで至れり尽くせりでお腹は目一杯膨れ上がってしまった。

ただ、今期はオリジナル作品がイマイチ目立っていないかもしれない。めぼしいのは河森正治の新作「重神機パンドーラ」くらいしか見当たらないのに、それすら出来が怪しい。銀英伝を新たに構築した「銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅」と、TVシリーズとしてアニメに帰ってきた「レイトン ミステリー探偵社 〜カトリーのナゾトキファイル〜」、満を持してアニメ化された「ピアノの森」など、原作が素晴らしい作品が目立っているから尚更そう感じる。あ、いや待てよ、もう二つ大きな作品を忘れていた。あしたのジョーを原作として、まったく別物のオリジナルアニメに生まれ変わらせた「メガロボクス」と、シン・ゴジラでの鬱憤を晴らすかのように樋口真嗣さんが活き活きとしてる「ひそねとまそたん」があった。前者は日本唯一のハードボイルドアニメ制作会社と言っても過言ではないトムス・エンタテインメント様様な痺れるどつき合いが最高だし、後者は航空自衛隊と龍のありえない取り合わせが今期一SFファンの萌え心を激しく揺さぶっている。この両作品を忘れるとかありえないな俺......






なんにせよ、往年の名作と、今を支える秀作たちが入り混じるラインナップなのは良いことだと思った。昔から馴染みのあるキャプテン翼の弾けたサッカー感に賛否が分かれたり、ゲゲゲの鬼太郎の新作が世代を問わず高評価だったりするのは見てて面白い。個人的に心残りなのは、錦織博さんが総監督を務める「されど罪人は竜と踊る」で、原作付きだからストーリーやセリフの面ではあまり化けようがないにしても、もう少し錦織さんの味が活きる作品だったらなぁと思ってしまった。

他にも続けようか迷っている作品がいくつかあるが、さてさてどれを何処まで観続けるものやら......






それはそうと、中国のスタッフの熱意が篭ったアニメは、何故こんなにリアルの影響を感じさせる闇に満ちているのだろうか.....

posted by lain at 12:05北海道 ☔アニメ

30周年でこれほど公式が動かないのは怒りを通り越して哀しい...「機動警察パトレイバー アーリーデイズ(旧OVA)」スタジオディーン(制作)/押井守(監督)

もう4月も25日である。

GWはまだかまだかと落ち着かなかったり、この春入社した多くの人たちが初の給料を手にしちゃう時期であろう。



初任給と云えば、自分は何に使っただろうか?普通に漫画の大人買いやゲームソフトを買っただけだったかもしれない。思い出になるような物や、今までの感謝を込めて両親に何か買ってあげるようなこともした覚えがない。

薄情で面白味に欠ける男である。



それはそうと、今から30年前の今日、初任給を手にパトレイバーのOVAを買いに走った人はどれだけいたのか?

ネットで見る限りでは初動で7000(VHSとLD込みで)は売れたそうな。流石OVAでヒットしてスポンサーがつきTVに殴り込みをかけた作品だけはある。





リアルな戦争を持ち込んだのがガンダムなら、ロボットを日常に持ち込んだのはパトレイバーだった。

汎用人間型作業機械”レイバー”が旧来型の建設機械にとって代わり、レイバーが増えればレイバーを使った犯罪も増え警察もレイバーを配備して事に当たっているという世界観だったわけだが、普通に町工場でレイバーの部品を作っていそうな雰囲気作りが周到で、レイバー犯罪を犯す人のほとんどがしょーもない理由だったり、そもそも取り締まる側である警察の連中の気も緩みっぱなしなのが無責任で最高に楽しい話であった。

IMG_7653.jpg
OPの実写寄りのイラスト。地味に好き。

IMG_7664.jpg
押井案が通っていたら、このデザインのレイバーに野明たちは乗っていたのだろう。これはこれでオレ好きだけどw

IMG_7665.jpg
着任するも肝心のレイバーが届かず草刈りをしているのがなんとも滑稽で面白かった。

IMG_7668.jpg
メガネが光る紳士幹泰には近づいてはいけない....


警察車両であるレイバーの街における運用の仕方の描写であるとか、レイバーを制御するOSの存在も新鮮で、陽気な連中のせいで雑破に見えるドラマを細部まで練り上げた設定がガッチリ支えていたように思う。基本的にはギャグだが、物事の本質を捉えた知的さと大胆さが絶妙にミックスされており、OVA版やTVシリーズは押井守氏の悪癖(褒め言葉)が良い具合に作用してバランスが良かった。個人的には2作目の劇場版は大好物だが、押井節が炸裂しているから苦手な人も少なくないだろう。

IMG_7670.jpg
キレたら強い野明

IMG_7675.jpg
本番で当たらない銃の名手”太田”

IMG_7671.jpg
イングラムかっこいいよねやっぱ。

IMG_7676.jpg
ただあっという間に壊れてしまふ....FRP装甲だしね.....


数年前には実写映画、一昨年は機動警察パトレイバーREBOOTという短編が作られた。だからこの30周年の節目に、新しいパトレイバーの話が聞こえて来ないのはちょっぴり寂しい 。等身大のレイバーを作ってしまうくらいの熱量が残っている作品であるし、今だから作れるパトレイバーという物がきっとあるはずなのだ。

それに、またこの人達とも逢いたいよ.....

IMG_7655.jpg
IMG_7656.jpg
IMG_7659.jpg
「とりあえず期待しないで待ってれば?新作」







posted by lain at 07:23北海道 ☔アニメ