不平等な世界で唯一平等な物すら失われそうな未来「オルタード・カーボン」Netflix/海外ドラマ/SF/感想

自慢にもならないことだけど、僕はかなり庶民だ。

勤務20年で年収はざっと300万。寝て食べて働いて限られた自由時間はアニメや海外ドラマやゲームに費やすだけの退屈な男である。外食なんてまずしないし、服も滅多に買わない。旅行なんて何十年も行っておらず、流行りの投資関係で財テクする趣味もない。こんな面白味に欠ける人間には当然恋人もできない。

値段据え置きで量が減った好物や、足を引っ張り合う政治家を見て溜息をつき、呑気に夢や愛を語る歌よりもamazarashiを聴く僕は、まさにエリート庶民としか言いようが無いだろう(と自分では思っている)



そんなエリート庶民としては、当たり前のように裕福を貪る連中が嫌いだ。自らの価値を過大に評価し、共存共栄であるはずの下々を見下したり無視したり、理解しようとしてもそのやり方を間違えていたり、ルールを都合よく書き換え、自分のペースで暮らしたいだけの人々を法の奴隷にする連中ばかりだから好きになれるわけもない。なるべく目障りじゃ無い所で私腹を肥やして欲しいものだ。


この世で唯一の救いは、死だけは平等に訪れるということだろう。お金あれば充実した医療サービスを受けられるため、お金持ちの方が寿命が伸びる可能性はあるものの、死なない人は絶対にいない。この唯一無二の鉄則があるからこそ、使い捨てられる庶民も甘んじて境遇を受け入れ”やる気勢”の仕打ちに耐えられている側面もあるのではなかろうか?

だから、もしもこのドラマのような未来が訪れてしまったら、とてもじゃないがまともに生きる自信が僕にはない....






舞台は今から数百年経った未来。人類はいくつかの植民星を持ち、精神のデジタル化や、それを別の身体(スリーヴ)に移すことが出来る技術を有している。物語の主人公はタケシ・コヴァッチという男で、反体制側の兵士として粛正され、転生することも許されず精神データが保存されている”スタック”も刑務所に保存されていたのだが、250年という年月を経て知らない誰かの身体で目覚めさせられ、彼の持つ”エンヴォイ”の力で殺人事件を解決して欲しいと、毛嫌いして来た体制側の富裕層(メト)の男に依頼される。

ざっと概要を書いただけでも分かるようにスリーヴ・スタック・エンヴォイ・メトと、用語が飛び交うSF作品。世界観は非常にサイバーパンクで、雲を貫くような高層建築や空中に浮かぶ遊郭があるかと思えば、貧乏人たちは橋の上にコンテナを積んでコミュニティを形成。薄汚れた路地ではホログラフィックの広告が客引きをして、外観がボロボロのホテルは宿泊客を守るためにガドリングガンぶっ放す。本筋がどう転ぼうと世界観だけで満足出来る作品でもあったように思う。


とはいえ、ストーリーも面白かった。自分を殺した(スタックが破壊されない限り転生出来るが、貧乏人や犯罪者は身体の種類を選べない。逆に金持ちは自分のバックアップを衛星に保存しているためスタックが破壊されても生き返る)犯人を探してくれと依頼されることもそうだし、タケシの過去話やAIがホテルを経営していてAI同士の組合まであるという肉付けも面白かった。終わってみれば未来の世界でなくとも起きそうな事件の真相ではあったけれど、スタックやスリーヴという設定が生きた脚本で、宗教も含め様々な要素が絡み合いTVドラマシリーズなのに1本映画を観たような充実の余韻を味わえる作品だった。







原作は三部作らしい。ドラマがどこをどう映像化したのかわからないけれど、続編に関してはやってもやらなくてもいいかなと思う。ほんのわずかな心残りすら綺麗に思えたから、タケシ達をそっとしておいてあげたい。それこそお金だけが全てではないことを証明するためにも。




作り話としては本当に楽しかった。でも、もしもこんな未来が訪れたりしたら、唯一の救いすら失い庶民は真の意味で死んでしまうほかないだろう。

肉体そのものではなく、僕らが内側に有ると信じている尊厳だけは失いたくないものである....






続きを読む

中年は今期、このアニメではしゃぐ.....かもしれない。

寒さと無料ゲームのイベント地獄に現を抜かしていたら、もはや2月で新しいプリキュアまで開始していたけれど、僕はようやく今期のアニメの1話目を見終わったところ(遅っ)

前期が充実し過ぎていたためか、今期は不作だなんて声も多々上がっていて、実際自分の目で確かめても微妙な作品が多かったわけだが、結論から言うとこれだけ見れる作品があれば十分じゃないかと思った。



漫画


 ポプテピピック

 ハクメイとミコチ

 刻刻

 恋は雨上がりのように

 覇穹 封神演義

 カードキャプターさくら クリアカード編

 学園ベビーシッターズ

 三ツ星カラーズ

 キリングバイツ

 だがしかし2

 七つの大罪 戒めの復活

 弱虫ペダル GLORY LINE

 DEVILMAN crybaby



小説

 博多豚骨ラーメンズ

 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

 グランクレスト戦記

 オーバーロードII




ゲーム


 Fate/EXTRA Last Encore

 ダメプリANIME CARAVAN



オリジナル


 宇宙よりも遠い場所

 新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION

 ダーリン・イン・ザ・フランキス

 働くお兄さん!




 ※赤字は特に注目してる作品。続編勢は面白くて当たり前なので割愛。






今期は早くから「ポプテピピック」という飛び道具が飛び交い、20代中盤から30代のアニメファンが思春期に洗脳を受けた「カードキャプターさくら」の続編の放送が開始されてしまったため、そんじゃそこらの作品じゃあ...と、ハードルを上げてしまった視聴者が居てもおかしくはないが、原作ファンに叩かれた「覇穹 封神演義」なんかも、あまり原作の内容を覚えていない僕からすると普通に楽しめているし、それほど悪いラインナップではない気がしている。






冬アニメ全体(見ないと決めた在り来たりな作品を除き)を通して感じるのは、ネタ被りの少ないバランスの良さかもしれない。同じ日常系でも「三ツ星カラーズ」のように頭のネジが緩んでいそうな子供3人と一部の大人の不毛な日々もあれば、「ハクメイとミコチ」のように小人目線で生活感溢れるほのぼのライフが楽しめるし、アプローチはまるで異なるのに現代の社会の闇を感じずにいられない「刻刻」やディストピアを舞台にしたロボット物「ダーリン・イン・ザ・フランキス」もそれぞれSFとして面白く、南極を目指すことになる少女達を丹念に描いている「宇宙よりも遠い場所」と、ワケあり女子高生がバイト先の中年店長に恋しちゃう俺得作品「恋は雨上がりのように」だって最高に青春してて毎回ほっこりさせられる。どこをどう眺めても最高のアニメばかりである。









これだけあってまだ足りないと心から言ってる人が居るとしたら、相当貪欲なのか暇なのかのどちらかだろう。毎日仕事とソシャゲと定額制動画配信サービスに追われる身としては、ここにあげた作品だけでも見切れるか自信がない。

やはりお金より時間は貴重である。「お金があれば時間も買える」なんて言う人も居るが、お金に余裕のある人でも時間はもうこれ以上要らないとは言わないだろう。生きていたいと願うのなら。



僕は永遠に思える年月を生きたいとは思わない。でも、自分の欲望を満たせるだけの時間は欲しい。

自分に許された時間に欲望の方をぴったり合わせることが出来たなら、どんなに楽だろう?...



posted by lain at 07:02北海道 ☔アニメ

最初で最後に弱い男「さくらのおと」佐倉綾音/写真集/感想

「数量限定」「期間限定」「最後の1個」「今だけ」そういうものに人は結構弱い。

僕も普通にそうだったりするから、他人がそういうものに群がったり、自分が思わず食いついてしまった時の苦々しさったら尋常では無い。

だから、佐倉綾音の写真集に『最初で最後の。』と付けさせた連中を許せないし、買った自分に少し呆れている。

EEEB8114-FE30-4ACA-811A-51A93EE1007B.jpg





佐倉綾音は好きだ。主にラジオ方面の活動が面白い声優という意味で。演技はまだまだ未熟で、「四月は君の嘘」以降じりじりとは上手くなってはいるものの、まだ物足りないというか、本人不器用なのに色んな役柄にチャレンジするからピンとこない時も多い。個人的には可愛い女の子役より、元気の良い頭空っぽの女の子や、今絶賛放送中のシンカリオンの主役の男の子のような役柄が彼女にはフィットするなと思っている。胸だけでなくアニメや漫画に対する理解度も豊かな佐倉綾音なら、これから先、役者として一皮も二皮も剥けるはずなので長い目で見守っていきたいものである。

168AF334-457F-4CA6-BFF5-3FD6CF514294.jpg
BF300129-7F4B-4C22-A34C-C6075C85194F.jpg
健康的な手足もいいが

2FAC2994-A05B-4A9D-9D92-4A1EE5E64776.jpg
和服がよく似合う

777E4A21-9EC4-4911-B72E-2085CC2EC5A1.jpg




今回の写真集、本人に何処までやる気があったのかは分からない。アイドル好きのあやねるだから自分も一度くらいアイドルっぽいことをしたい気持ちは少なからずあるのだろうけど、性的な面を強調した服やカメラアングルに対し、嫌悪のような表情が垣間見えるように思う。どんな仕事にも向き合う姿勢は買うが、マガジンのグラビアのような単発の方が良さが出ているような気もする。

DB659415-0D53-4964-8079-17E972A469DE.jpg
個人的に1番好きな写真。眼鏡で武装し、動物のお陰でリラックス出来ているのを感じるから


なんと言うか、僕は動いている佐倉綾音が好きなんだなと思った。『佐倉としたい大西』を観ている方がよほど素の彼女を楽しめる。一問一答やインタビュー、そして所縁のあるクリエイターの描く佐倉綾音を楽しむ分にはなかなか良い本ではあるので、我こそはと思っているファンは是非とも買うべきだろ。本当に最初で最後かもしれないしねw

237D01F5-9D09-4111-B699-573EC2B84559.jpg
弐瓶さんの愛を感じる....







どうでも良いけど表紙の写真選び失敗だよ....佐倉綾音の売りはこれじゃないよね?....
posted by lain at 07:10北海道 ☔写真集