『妬み』を競う競技があったなら、世界中で金メダルが生まれそうでセンチになった

2月9日に開幕を迎えた平昌での冬のオリンピック。当初は北朝鮮問題で冷え切ったムードだったものの、熱戦に次ぐ熱戦でそんなことは御構い無しに盛り上がって来た気がする。


勿論僕のような者は大会全体をチェックしているというわけでもなく、自国の選手達の頑張りですら大して見ていない。それでも高梨沙羅の銅メダルを感極まりながら祝福する伊藤有希や、腐女子でなくとも勘違いしそうな男子フィギュア選手達の熱い抱擁には胸が熱くなったし、勝ち負けを超えた友情の美しさを教えてくれた小平奈緒の男前過ぎる姿には、こんなアジア情勢だからこそ、せめて自分たちだけでも国境を感じさせない存在であろうとしているかのようで惚れた。






それはそうと、これだけ次々名場面が生まれているというのに、水を差す輩は後を立たない。金メダルを期待されていた選手が銅で終わったことがダメだという程度のは序の口で、一番酷かったのは羽生くんに対する一部の反応だった。マスコミへの対応や同じコーチの元で頑張ってきた外国人選手との抱擁を性差別的な表現で貶めていたのだ。確かに彼は特有の何かがある。ゲイである可能性もあるだろう。だがそれがどうしたというのだろう?今時”男なのに” ”女なのに”という尺度で語れないように、もしもゲイだったらどうだというのか?そもそもゲイかどうかはスケーティングの素晴らしさに関係無いのだ。それどころか羽生くんが同性愛者ならば、更に彼を支持する層が増えるだけだろう。


どうしても生理的に受け付けないというのはあるとは思うものの、それはそれ、これはこれと素晴らしいことは素晴らしいとまず認めてから「ただ」と付け加えるべきではなかろうか?僕はイチローの性格が大嫌いだが、野球をやっている時の彼の本気さは凄いと思うし、身体を整え続けられる限りは現役を続行して欲しいとすら思っている。単純に好き嫌いだけで誰かの美徳まで貶めるのはあまりにも心が貧しい話である。




失格となった自国の選手の代わりにメダルを得た他国の選手のSNSへ酷い書き込みが行われたなんていう話もちらほら見かける今回の五輪。実際に戦っている選手たち以上に、見ているだけの僕らが自分自身と戦う必要があるようだ。閉会式を待たずに帰国する選手達への批判にしても、それだけの”滞在費”を与えていない人たちが口にしているのだから片腹痛い。少ない予算とは言え国からの補助は税金なのだから、それを受け取っているのに成果を出せていない五輪選手へ不平不満を並べるだけの権利があると思考したくなるのも分かる。だが、それこそ批判すべきはJOCに投資する国の方だ。


まるでスポーツに興味がない人達に五輪の全てを肯定しろとは言わない。むしろ五輪など利権で汚れきって裏側は真っ黒なのだし。しかし、だからこそ槍玉に挙げる相手だけは間違えてはいけないと思った。




posted by lain at 07:01北海道 ☔雑記

おっさんゲーマーの懺ゲーの時間「Halo Wars」Microsoft/感想

Xbox One Xを手にしてから、以前よりXboxでゲームをする機会が増え、今回は10年近く放置していたHalo Warsをクリア出来た。





ゲーム内容が全く伝わらないトレーラーではあるが「Haloだから買った」というユーザーは日本でも結構居たのではなかろうか?全世界での販売本数も100万本は突破しているらしい。みんな大好きなWikipediaを読むとRTSが一般的ではない日本のゲーマーにいち早く慣れて貰い海外ゲーマーとの格差を少しでも埋めたかったから日本での発売を早めたとの逸話が書かれていて、そこまでして貰ったのに10年近く放置しておいたことが心苦しかった。

で、久々にプレイして思ったのは、非常に遊び易いなということ。ベースとなる基地を作ったら、その周囲に資源回収や歩兵ユニット等を作成する施設を追加していき、そこで作ったユニット達に指示を出して敵を倒してゆくだけのシンプルさなので、普段RTSをやらない僕でもちゃんとクリア出来た(まあイージーでゴリ押しプレイではあるけれど...)

他のRTSと比べて、あまりユニットの相性を気にする必要もなく(難易度が上がったら多分そんな雑な遊びは出来ないと思う)、ユニットを強化するまで敵が基地にあまり攻撃して来なかったり、時間の経過につれて敵のユニットも強くなるなんてこともなくて、制限時間が設けられているステージも普通にやればクリア出来るものの、少し気を抜くとゲームオーバーなんてこともざらで、ストレスにならない程度に歯応えを感じつつ遊べ、温いゲーマーとしては非常に助かった。ちなみに、素のままじゃ弱いユニットを、地道に強化し、満を持して戦場へ投入する瞬間が個人的には一番楽しい。





ただ本作は遊び易い反面、シリーズ初のRTSということで当然のように至らない部分もあって、ユニットに個別の司令を与えるのがやりにくかったり、バグで何度かクリア目標がアクティブにならずやり直しもした。フィールド上でユニット同士が密集したとき干渉し合うのも鬱陶しかった。続編ではそこら辺りがどうなっているのかが気になるところ。チュートリアルを遊んだ感じではまるで別物に思えた。マルチプレイには手を出す気はないわけだけど、2はマルチを強く意識した作りになっているのかもしれない。連続して遊ぶのもあれなので、少し間を開け、また忘れた頃に遊んでみようと思った。

気分的にはHalo Warsと同じように途中で積んでしまったUbisoftの「R.U.S.E.」に挑戦したい気持ちが強いかもしれない。あれはHalo Warsの比では無いくらい止め時を失うRTSだったと記憶している。

じゃあなんでお前は積んでんだ?....ほんとにねぇ......








posted by lain at 06:49北海道 ☔ゲーム

母に起こされ父を追いかけ早や30年......『交響組曲「ドラゴンクエストIII」そして伝説へ…』

昨日はドラクエⅢ発売から30周年の節目だった。

今ではまったくプレイしなくなったドラクエだが、Ⅲは初めてクリアしたドラクエでもあり、流石に思うところがあった。



発売当時9歳だった僕はドラクエⅢを買って貰えなかった。そもそもファミコン自体持っていなかった。クラスのみんながドラクエの話をしているところに”なになに?なんの話?”と近づいて行っても、『どうせ持っていない』のだからお前には話しても無駄だと言われたこともあった。友達の家に行ってただひたすらレベル上げの様子を眺めているのが関の山だったのだ。

あれは確か、小学6年生くらいだったろうか?父がソフトと一緒にファミコンを知り合いから譲り受け、その中にドラクエⅢがあった。ようやく自分もスタート地点に立てたような気分だったものである。ソフトを持っていないのにエニックスの公式ガイドブックをボロボロになるまで読み尽くしたのも無駄ではなかった。まさか本に載っていない下の世界が待っているとは思ってもいなかったけれど....w



本当に楽しかったあの日々、今じゃすっかり作業でしかないレベル上げすらやり甲斐に感じたものだった。一度クリアするとパーティから勇者を外せてしまうから、賢者に転職する為に”さとりのしょ”が必要ない遊び人4人パーティでのクリアを目指したこともあったが、レベルが上がれば上がるほどふざける頻度が増して行くのに疲れ果てて挫折したのも良い思い出。

そういえば初めてゲームのサントラを聴いたのもドラクエⅢだった。丁度ビデオやCDのレンタルショップが出来始めた時期で、父に連れられ訪れたお店で何か借りたい物があったら持ってこいというからドラクエⅢのサントラを持っていった。まだオーケストラの醍醐味すら理解していないひよっこではあったけれど、表現豊かに生まれ変わった一曲一曲とプレイした時の感覚が交わる感覚はなんとも言えない充実感だった。ゲームの段階で高品質な音に触れている若者には、もしかしたら分からない感覚かもしれない。例えるなら学校から帰ると母親が超絶美人になっていたくらいの差があったのだ。

30分近い収録時間の”ゲーム オリジナル サウンド ストーリー”と銘打った冒頭からエピローグまでのプレイ中のFC音源をギュッと編集した物も面白く、暇さえあれば聴いていた。「あ、これあの場所だ!」「ここでは苦労したよなぁ..」と、しみじみ思ったものである。BGMだけでなく会話やアイテムの使用音等のSEまで収録されているから、プレイしてない人にはチンプンカンプンなことだろう。







思い出補正はあるだろう。しかし僕らにとって素晴らしい作品なのは間違いない。


それぞれの世代に”初めて”があって、たまたま僕にとってのそれがドラクエⅢだったのだ。


これから沢山の初めてに出逢う子供達は、その瞬間を大事にしていって欲しい。


誰に何を言われても揺るがないくらいに。

posted by lain at 10:01北海道 ☔ゲーム