史上最強であり、市場最低のXbox One Xが我が家に来て思うこと

昨年の11月、まさかの世界同時発売を迎えたXbox Oneの上位機種Xbox One Xだが、熱心なXboxユーザーの気持ちに反し、販売店の多くは取り扱いすら考えていなかった。そもそも日本のMicrosoftが何処まで本気で売ろうとしていたのかも怪しい話ではあるが、かつてないほどのハードをほぼ無視した市場やゲームファンにも残念な気持ちを禁じ得ない。


まあ、僕もテレビを買わざるえない状況になってしまったからこそ、買う気になったのもあるのだけれど.....


IMG_7129.jpg

IMG_7133.jpg

30cm四方くらいのサイズで本当にコンパクト。ずっしりくる重量感が、このサイズに詰め込んだ頭脳の証のようだった

IMG_7128.jpg

一括で買うのがちょっと無理になっていた所にジョーシンさんの取り寄せ入荷が目に飛び込んできて思わずポチっていた。本当にありがとうジョーシンさん。





ゲーム機の性能だけが面白さを実現するのでは無いけれど、Xboxに関してはユーザーの多くが高性能を求めて手にして来た節があるのではないだろうか?少なくとも僕はそうだ。PS2に対し後出しジャンケンで出した初代Xboxの時は、ドリームキャストのおかげでネットを利用した遊びの可能性に僕自身気づき始めていたし、なんと言ってもDOAの新作を遊べるのが決め手だった。実際手にしてみると素晴らしい性能で、尖ったクリエーター達がこぞって出したソフト群も刺激的だった。日本人受けするようなハードデザインとコントローラーを用意出来ていれば、もう少し状況は変わっていたかもしれない。


後を継いだ360はPS陣営に先んじて出せたのが大きかった。当時薄型液晶テレビを手に入れたばかりの僕は、ハードだけは押さえたものの、お目当のソフトがローンチ段階で無かったため遊ぶソフトに困り、なんとなくニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッドを買ったのだけど、とにかく映像が綺麗でゲーム内の夕日なのにこんなに眩しいものなのかと本気で驚いていた。自宅にあるどのゲーム機よりもソフトを揃えてしまうくらい愛したハードと言って過言ではないだろう。


しかし、Xbox Oneは.....お世辞にも高性能とは言い難かった。スペック面でもそうだし、デザインも洗練されているとは正直思えなかった。サクサク高画質で動くPS4に対し、もっさりして若干落ちるグラフィックのXbox One。当然のように、あれだけ360ユーザーがいたにも関わらず、日本のみならず世界的にコケた。事実だから否定するだけ虚しい話である。




しかし、ようやくXbox Oneは期待に応えてくれた。4Kすげぇとしか言いようがないパフォーマンスを身体で感じさせてくれた。PS4 Proを買った時には無かった感動すら覚えた。4KやHDRに対応したソフト(Xbox One X Enhancedと称し、新旧問わず対応している。まさかの初代アサシンクリードの名まで...w)を試すと、一目で違いを感じるレベルだった。ファン目線かどうかなどという尺度で測るのはやめて、一人のゲームを愛する者として、据え置き機史上最強であるXbox One Xを多くの人に体験してみて貰いたいなと思った。きっと4Kテレビが欲しくなるに違いない📺


693ad2e9-12d0-4652-9c30-38a72f8f8cea.PNG

0605bae1-9729-4c94-a831-3cf7a454c964.PNG

Xboxを代表するゲームであるHALOの5作目。まるでPCでプレイしているかのような美しいグラフィック

44c1502e-8da6-4e73-a65a-03c476d833fe.PNG

HALOシリーズは絵になる見せ方が上手い......







もう口が酸っぱくなるほど言っているが、初代Xbox Oneでこのハイスペックを叶えて欲しかった。日本での発売を遅らせたこともやはり悔やまれる。今のご時世、5万を越える物をぽんぽん気軽に買えるものでは無いし、PS4があるから今更Xboxは要らないと言われても仕方ない。


でも、それでも、もし機会があったなら、是非Xbox One Xをと願わずにいられない。




このままXboxが日本から消えてしまうようなことになったら、本当に勿体ない話だ..........
posted by lain at 06:50北海道 ☔ゲーム