我が青春のOVA1987 #14「火の鳥 宇宙編」手塚治虫/懐アニ/感想

僕が昭和生まれだからだろうか?

やっぱり手塚治虫作品は面白いと感じるのは?






遥か遠くの星から資源の運搬中だった船が、隕石の衝突により大破。コールドスリープから叩き起こされた乗組員達はコックピッドへ向かうのだが、そこで目にしたのは当直を担当していた男の無残な最後と「ボクハ コロサレル」のメッセージだった.....

スクリーンショット 2017-12-22 6.26.24.png



開始早々緊迫感のある展開で、閉鎖空間ならではのノリがとても好きだ。こんなにSFで何処に火の鳥が絡んでくるのかと思っていると、死んだ男の過去話から徐々にそういうことかと分かって来るのもたまらない。

少々終盤であっさり謎解きをされてしまうのは味気ないが、火の鳥らしい正義の押し付けと、愚かな人間の選択とに、やりきれない気持ちが膨れ上がる終盤は素晴らしい。藤子不二雄もそうだが、子供向けの作品をいくら作ろうとも、この時代の人たちは何を差し置いてもSF漫画家なのだと改めて思った。

スクリーンショット 2017-12-22 6.14.18.png
スクリーンショット 2017-12-22 6.23.23.png
早々にお役御免の船。好きなデザイン

スクリーンショット 2017-12-22 6.13.31.png
特徴的なコンソールの配置と影の比率が不安感を煽ってくる





懐古趣味上等。こんなに面白い物は若者には見せられない。

30年前に手描きでこの質感、カメラワークを実現していることの凄さが分からない人には勿体無いくらいだ。

今は亡き名優や、今尚現役である大御所の張り艶のある若々しい声を堪能出来る意味でも至宝だと思った。




こんなに素晴らしい作品が、まともな動画配信サイトで観ることが叶わないなんて、角川には本当にガッカリさせられる......

posted by lain at 06:59北海道 ☔アニメ