シチュエーションだけは本当に良い。だが僕には合わないゲームだ「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」Xbox One/感想

ここ1、2年、まともに新規のFPSを遊んでいない。どうも殺伐とした殺し合いに疲れたようだ。

オーバーウォッチのように愛嬌のあるキャラを操作するようなゲームしか受け付けなくなってきた。


しかし、そんな僕でも興味が湧くFPSがあった。"PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS"、通称PUBGである。




とある島に100人が落とされ、たった一人になるまで殺しあうというゲームで、落下地点を自分で選び、島の建物から装備を調達し、一定時間で狭まっていくエリアの内側を目指し移動(エリア外にいるとダメージを喰らい続ける)しつつ、生き残りをかけた戦いを強いられることになる。

とにかくシチュエーションが面白いゲームで、エリアが狭くなってからのサバイバルが熱いけれど、序盤のテンポの悪さや、そもそもの操作性、グラフィック、メニュー画面等、遊びにとってストレスになる要素が多々あり、あっという間に嫌気がさしてしまった。Xbox One XやPCならばまた違うのかもしれないけれど、初代Xbox Oneで遊ぶには今のところ辛い。元々の低画質は仕方ないにしても回線やフレームレートが安定しないようでは楽しめそうにない。





多くの人が「緊張感」「リアリティ」などという言葉を使って賞賛していたけれど、そういうゲームでも無いなと思った。人間や車両の動きもおかしければ、銃の精度だってむちゃくちゃでリアリティとはまるで無縁。ただ単にシュールで淡白な仕上がりで、プレイヤーが勝手に面白さを発見していくタイプのゲームなのだ。大勢遊んでいるからと言って、客を選ばないわけではないのである。

他人が敷いた美しい道を堪能したいタイプの人間である僕には合わないゲームだった。ただそれだけの話なんだろう。お定まりの大作に飽きた世代が、誰かに与えられる遊びではなく、自分たちで遊び方を決めることを望んでいるからこそのヒットなのだと思った。


大手で同じようなテイストのタイトルが出たら、嬉々として買うかもしれない。シチュエーションだけはとてもツボなのだから。



posted by lain at 07:05北海道 ☔ゲーム