人類が宇宙進出を目指し始めて100年余りが経った。だが、未だ宇宙に安住の地は無い「マーズ 火星移住計画」ナショナルジオグラフィック/感想

幼い頃に読んだ本では、スペースシャトルこそロケットの進化系で人類を宇宙へと楽に運ぶ存在になる、みたいなことが書かれていたが、実際にはロケットよりコストが高いうえ、安全性もそれほど向上せず、2011年にお役御免となってしまった。

それから宇宙開発はどうなったのか?結局昔ながらのロケットに逆戻りである。しかし、作り込まれた技術であるがゆえに、事故が非常に少なく低コストだから、ある意味宇宙産業のためには良かったのかもしれない。そもそもフォン・ブラウンが理想とした火星を視野に入れた大型ロケットの案を当時のアメリカ大統領が却下したのは、大望よりも目先の開発にしか目鼻が効かなかったからのようだし、王道に戻ったという考えも出来るだろう。




僕は宇宙が舞台のSF小説が好きだ。とくに夢のある未来と、それが脆くも崩れ去るまでをセットでやっている作品が良い。そんな悪趣味な性格をしているから、現在各国で進む火星ミッションも、すんなり行くようでは面白くないと思っているし、実際火星にまで人類が進出する必要などあるのか?と懐疑的である。フィクションとしては良いが、それはあくまでもフィクションだから楽しめるのだと思うのだ。

この「マーズ 火星移住計画」は、そんな”実際”に火星への移住ミッションが行われた場合を想定した近未来ドラマと、ドラマの内容に絡めて現在と過去の宇宙開発の話が入り混じるドキュメンタリードラマで、僕の望み通りトラブル続きでドラマは進むし、宇宙産業の裏話が結構聞けて面白い。半ドキュメンタリー作品というと、ドラマの部分が安く仕上げられていたりするものだが、本作のドラマ部分はすこぶる出来が良く、ドキュメンタリーパートを省いた構成でも十二分に楽しめそうである。


IMG_6825.jpg
無重力表現も申し分なかったし、ロケーションと構図が渋い




きっと極限環境における生き死にの表現が好きなんだと思う。苦しみが無いと生きている実感がしない人種らしい。もしも火星への移住計画に参加しなければならなくなったら、相当嫌がるだろうけれど、断りはしないんじゃなかろうか?しくじっても遣り甲斐と生き甲斐で大往生するに違いない。

一度打ち上げたロケットが、逆噴射をしながら垂直に地上へと戻る実験の成功もこの作品には収められている。火星に着陸するためにも必要な技術だそうな。もしかすると僕が死ぬくらいまでには火星へ降り立つ宇宙飛行士の姿がお茶の間に届けられたりするのかもしれない。それが良いことなのかどうかは分からないけれど、何事も試してみなければ分からないのは確かだ。



なんとなく「王立宇宙軍オネアミスの翼」の”シロツグ”のスピーチを思い出す....

「地上を汚し、空を汚し、更に新しい土地を求めて宇宙へ出て行く。人類の領域はどこまで広がる事が許されているのでしょうか。どうか、この放送を聴いている人、お願いです、どのような方法でも構いません、人間がここへ到達した事に感謝の祈りを捧げて下さい」





でもなぁ、やっぱ空気の無い場所には、なるべく行きたくないなぁ......

何かとうんざりするけど、地球がやっぱ一番じゃないかなぁ.......🚀







ナショナル ジオグラフィック  http://natgeotv.jp/tv/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/2070