ジブリであってジブリでない「レッドタートル ある島の物語」マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット(監督)/プリマ・リネア・プロダクションズ/スタジオジブリ/感想

スタジオジブリの名を聞くと、一体どの映画を皆は思い浮かべるのだろう?

レッドタートルが公開された時期に「ジブリ総選挙」なる投票が行われた時は、見事「千と千尋の神隠し」が1位に選ばれており、なんとなしに、宮崎駿の絶頂時の作品が選ばれたんだなぁと思ったものだったが、果たして僕はどうだろう?

ナウシカやラピュタは勿論トラウマ級に好きではあるし、宮崎作品だけでなく高畑さんの「火垂るの墓」「かぐや姫の物語」も忘れられない。これはTVシリーズで観たかったなぁというのなら「紅の豚」だし、未成熟ながらも良さがあった「思い出のマーニー」だって捨てがたい。

でも、1本だけを上げろというのなら、やはり「風立ちぬ」かもしれない。「崖の上のポニョ」辺りから、いつ死んでも良いようにアニメを作っていたように思える宮崎駿の集大成であると同時に、普通に良い映画だった。これまでなんだかんだ言っても観てくれる人のために映画を撮っていた男が、初めて私的に撮った映画に思え、何故だか無性に嬉しかったのだ。


そんなジブリも、今は空中分解状態で、宮崎駿と高畑勲の受け皿としての機能しか有していない。次代のジブリを背負うかと思われた米林宏昌は、宮崎絵から脱却すべく外に出て映画を作っているし、「山賊の娘ローニャ」でようやく可能性が見えた宮崎吾朗は、また親父の周辺で雑務に追われているようだ。

しかし、そんな状態のジブリであったからこそ、レッドタートルが実現したというのなら感謝せねばならないだろう。








男が荒波に揉まれ、誰1人いない無人島に流れ着く。生きていく分には申し分ない島に背を向け、男は筏で海に出ようとするも、目に見えない力に邪魔され失敗。どうやら紅い亀の仕業だと分かり男は怒りに任せて亀を殴ってひっくり返してしまう。しかし罪悪感に駆られ亀を救おうとするのだが......



はっきり云って誰かのネタバレを見るまでもなく展開は読めるものの、脚本がシンプルであればあるほど誤魔化しが効かないから絵作りがものを言うわけで、そういう意味においては本当に絵に力のある作品だった。この作品のスタッフが居れば俺もまだ長編が撮れると宮崎駿が洩らしたのも頷けた 。


宮崎駿を唸らせたマイケル監督ではあるが、アーティストとしての方向性は明らかに高畑勲である。ほとんど動かないが手描きの温かみある美術や、セリフが無くとも伝わる人の営みや感情表現であるとか、淡々と物語が進行していくのに、妙な緊張感があるだとか、高畑作品に共通した何かを節々から感じた。

E48A94B9-DE0D-43BA-BF83-4301276D6221.jpg
8C5B3AE9-0A63-4960-88EF-5807FF850A12.jpg
A1CF55BF-5636-4B08-B7B0-B8497D4D04C7.jpg


189374EB-1CF9-44D7-B61E-D64532E0CFBE.jpg
62BE8F2B-35BA-41D9-BF03-6C62BE6A830F.jpg
人間以外にも島の住民はいて、蟹がとにかく可愛い



まあジブリで育ったアーティストでもないのに、宮崎や高畑と比べるのは意味のないことかもしれないけれど、一応ジブリ作品として売り出されている以上、意識せずにいられなかった。実際、長編を作った事がないマイケル監督としても、ジブリのサポートがあるならやると言っていたそうだから、アーティスティックプロデューサーという肩書きで参加した高畑勲氏の影響が全くないことはありえないだろう。

特殊な出逢いではあったものの、結果的に素敵な家庭を営み幸せに旅立った男の物語は、ジブリという異文化と交わって素晴らしい子を成したマイケル監督の物語のようでもあり、本当に素敵だった。

きっと若者にはこの映画の良さが分からないだろう。当たり前の幸せに気付くには、どうしても若さが邪魔になる。今直ぐでなくて良い。生きるのに疲れた時や、脛に傷が沢山出来た頃に是非観て欲しい。

きっとなんでもない出来事の一つ一つが大事だったのだとしみじみ思うのではないだろうか....





posted by lain at 06:57北海道 ☔アニメ