僕の体の70%はメタルギアでできている?

昨日7月13日を以って、メタルギアが30周年を迎えたと知り、ついメタルギア関連の動画を観ていたら寝落ちしてしまった。

一つ観ると、また一つ、もう一つと気になる動画が出て来て止まらなかった。

ほんと、男はみんなメタルギアが大好きだ。




今回30周年を迎えたのはMSX版の初代メタルギアだ。

MSXと言えばキーボードと本体が一体型になっており、それをファミコン同様にTVへ繋ぎ使用出来る画期的なPCで、店頭にディスプレイされている物には必ずと言って良いほどゲームが刺さっており、家電屋に行ったらよく遊んでいたのを思い出す。

ただ、MSXはゲーム機としてもPCとしても中途半端で持っている人は本当に少なかった...





メガドライブを愛して止まないユーザーがいるように、MSXを忘れられないユーザーも大勢いるわけだけど、そんな人たちにとってもメタルギアというのは大きな存在だったに違いない。ガンガン弾を撃って群がる敵を薙ぎ払うようなゲームが多い中、まさかの撃たない方が楽に進められるゲームが出るだなんて誰も思いもよらなかったはず。

のちに、メタルギアのこそこそ隠れて進めるスタイルはハードのパワー不足による逆転の発想であったことを小島秀夫監督は口にしている。非力なMSXで出すと決めなければ生まれることが無かったシリーズが、今では世界中で愛されるタイトルになっているというのは皮肉な話だ....





海外ゲームの規模が大きくなり、技術の先端を行くようなタイトルを作る体力が日本国内に無くなって久しいが、メタルギアの版権を持つコナミも低予算で大きな利益を産めるスマホ向けの開発に舵を切り、小島秀夫監督の首も切った。あれやこれやと制限を強いて、利益率の大きさばかりに注力するコナミにとっては、夢ばかりを追う小島監督は目の上のたん瘤だったのだろう。とても円満とは思えない別離に、僕を含めたメタルギアファンの憤りは未だに収まっていない。

しかし、その別れのおかげで良い出会いをし、新たなゲームの開発を小島監督以下コジプロの面々が伸び伸びと行えているのだと思えば悪いことばかりでは無いのだが、新しい小島秀夫製メタルギアが拝めない可能性が高いのは非常に残念だ....

コナミにほんの少しでも良心があるのなら、シリーズを汚すようなメタルギアは絶対出して欲しく無いし、どうせなら散々貢献して来た小島監督に版権を譲渡するくらいの心意気を見せて欲しい。

まあ、きっと利益になるうちは手放さないでしょうが.....






こんなにモヤモヤする30周年は嫌だ。

来年にはMGSシリーズが20周年だというのに....

小島監督には是が非でもコナミが謝りたくなるくらいの成功を『デス・ストランディング』 (Death Stranding)で収めてもらい、堂々とシリーズの版権を奪い取って貰いたい。

その時が来たら、メタルギアの生誕を改めて祝うとしよう














関連過去記事
posted by lain at 07:14北海道 ☔ゲーム