ボーカル脱退で潰れないバンドは多国籍企業みたいだ

ある程度長いこと音楽を聴いていると、必ずと出くわすののが『休止』『解散』『脱退』『訃報』だったりする。時折『再結成』の文字も見掛けるが、それはそれで哀しいこともあるから、とりあえず置いておこう....

初めから1人、もしくは自分以外はサポートメンバーという体制のアーティストであれば、そんな不吉な二文字とは無縁でいられるものの、まさかデュオやバンド編成は絶対聴かないなんていう人もまず居ないだろう。



つい先日、”赤い公園”のボーカルが脱退するとのニュースが流れた。ガールズバンドに興味がある人であれば、その名を知らない人はないくらいに名が売れ始めたこの時期に、それこそまさかと思った。

たしかに個人的にはデビュー当時の楽曲から比べると、最近はキャッチーで一般受けし易い曲が増え、本来の絶妙な匙加減で展開する混沌とした音作りから離れてしまったような気はしていて、正直興味を失いつつあったけれど、ボーカルの佐藤千明が「手に負えないほどのズレ」を感じていたというのは衝撃だった。




要するに楽曲は勿論、様々なことを仕切っているリーダー”津野米咲”に付いていけなくなった、そういうことなのだろうか?それでなくともバンドと言うのは衝突が起きやすい印象があるが、女性ばかりだと更に陰湿だったりするのだろうか?公式コメントを見る限りでは、誰が悪いわけでも無いようにも感じるけれど実際はどうだったのやら....我が街旭川くんだりまでツアーで来てくれたにも関わらず、ライブに行かなかったことが、今更ながら非常に悔やまれる。

ボーカルが脱退しても、成功したバンドは沢山あるが、赤い公園はどうなるのか。新たな化学変化で魅力が増してゆくのだろうか?これまでの曲をライブでどう扱うのかも気になる。






ついこの間、amazarashiのボーカル秋田ひろむがライブで意味深なMCをしていたのを思い出した。出会いと別れを示唆するコメントで、ツアーが終わればまた一つ大きくなってここに戻って来ると言っていたけれど、あれは体調不良でメンバーが次々とツアーを離れたことだけを言っていたのだろうか?まあ秋田ひろむならば、 たった1人になったとしても、歌いたい気持ちがある限りamazarashiであり続けるに違い無い。

無理に続けたところで誰も幸せにならない。休止でも解散でも脱退でもして、仕切り直すのも大事なバンド活動の一つなのでしょうね.......🎸






posted by lain at 07:21北海道 ☔音楽