2017年07月29日

人を騙すにも礼儀ってのがあるらしい「ダマシ×ダマシ」森博嗣/講談社/感想

『結婚』

てなんだろうか?何度そう思ったかしれない。

心や身体の寂しさを埋めるため?それとも体面?

なんにせよ、僕は身内にろくな結婚した人が居ないから、相変わらず良いイメージは皆無だ。




その昔の結婚は、もっと義務的な意味合いが強く、今のように自由に結婚してあっさり離婚なんてことは稀だったようだし、相手選びも女性に不利だった。

ただ、男女に不公平があったからと言って、必ずしも当時の女性達が不幸だったかどうかは分からない。いくら自分から恋に落ちた相手と入籍出来たとしても、毎日のように一緒に過ごしていたら許せないことの一つや二つ見つかるし、いやいやながら結婚したとしても年月を経てば自然と情が湧くことだってざらだ。

うちの親は恋愛結婚ののち、毎日のように喧嘩(怒号、涙、無言)を繰り返して来たが、互いが昔ながらの体面を気にする性格だったため、離婚に至らず紆余曲折を経て丸く収まった。要するに、どんな出会いだったとしても、なんとかなる時は、なんとかなるのだ。



そんな、どう転んでも無傷では済まない結婚を悪用し、お小遣いを稼ぐ人達が世の中にはいる。あの手この手で上手く相手に取り入り、金銭等を手に入れたらドロンするあれだ。当然犯罪だから褒められたものではないけれど、コミニケーション能力に欠ける僕としては、たとえ大金のためとは言え、何日もかけて偽のストーリーを用意し相手を懐柔するためには努力を惜しまない詐欺師の忍耐力には見習うべきものがあるように思う。

よくもまあ長い間過ごしているのに、相手になんの情も湧かないまま(たとえ湧いても)金を持ち逃げ出来るものだと呆れてしまう。僕などは取られるほどのお金を持っていないからまだ良いが、団塊の世代辺りは伴侶を失い使い道の無い金が余っている人も多いだろうから、優しく接してくる人がいればコロっといってもおかしくはない。


今回完結したXシリーズの主役と言っていい”小川”さんは、常に報われない恋をしている女性で、結婚にはとんと縁がないどころか、気になる異性絡みの話になると程度の良い詐欺にあっていると言っても過言では無い状態に陥るのだけど、そんなちょっぴり残念な面までチャームポイントになっているから悩ましい。





これでXシリーズは完結で、ラストを飾る内容はというと、小川さんが務める探偵事務所へ、男に騙されたかもしれないという相談があり、調べてゆくうちに、その相談者である女性以外にも複数の女性が結婚詐欺にあっていることを掴むのだが、その詐欺師の男が無残な姿で発見されて、さあ誰が犯人だ!?という分かり易いものだった。犯人に関してもどんでん返しは無い。本作を単発で読んだ人には正直ピンとこないだろう。

結局のところ、馴染みのキャラのその後を楽しみたい人の方が得する内容ではある。のらりくらりと永田さんの気持ちから逃げていた真鍋くんが覚悟を決めたり、椙田さんが本気で雲隠れを決め込んだり、死んだ恋人の遺した物を小川さんが見つけたり、最後の最後で「あぁあの人たちか!」という種明かしがあったりと、これまでの作品に触れているか否かで読後感がまるで違うはず。

これまでの作品も読んで来た身としては、とても良い終わり方だと思った。森博嗣さんはスネに傷のある女性を書かせたら上手い。ほんのり残る切なさと希望でみんなを笑顔にしてくれる。なんだか無性にZOKUが読みたくなる。ロミ品川も最高のキャラなのですよ.......






もう何が書きたかったのか、自分で分からなくなってきた。

とりあえず椙田さんの裏稼業物の復活とかまだ見たいな...森先生...


何百万も払って甘い思い出を作るより、森博嗣さんの本に騙された方がよほど幸せを感じられるから.....








関連過去記事

web拍手 by FC2
posted by lain at 07:20 | 北海道 ☔ | 小説 森博嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月26日

アニメのような実写のような、結局"押井守"は何処へ向かうのか?「ガルム・ウォーズ」押井守/Production I.G/感想

昨夜帰宅すると、腹の虫が疼いたのか、ガルム・ウォーズをなんとなく見てみる気になった。





今の日本には本当の意味でのファンタジーが足り無いと感じ本作を試みた...といったようなリップサービスを押井守氏がしていたような気がするけれど、確かにこれは王道のファンタジーで、創造主に見捨てられたガルムという者達が幾つもの部族に分かれ惨めに殺し合いを演じているという世界感からしてそうだった。


ただ、押井おじさんがそんな素直に指輪物語やハリポッターのような王道を作るわけもなく、押井おじさんらしい未来的なメカが登場するSFに仕立てられており、可変する羽根でもって鳥のように滑らかに舞う戦闘機や、押井ファンには馴染み深い戦車、巨人のような機械兵士、巨大戦艦に至るまで特撮臭は止まらない。


IMG_4885.jpg

IMG_4892.jpg


IMG_4886.jpg





主人公である”カラ”は死しても記憶をクローン体に引き継ぎ、何世代にも渡って戦い続けてきた戦闘機乗りなのだが、敵対している部族から逃げ出した”ウィド”に出会い、この世界の真実を知るための旅に出ることとなる。ガルムが子を作れないのは何故か?神はどうしていなくなったのか?という彼女の偽らざる気持ちが敵対部族の男の気持ちまで動かし、残酷な真実を知ることになって展開など、王道と言わずしてなんと言えば良いのかと思った。そういう意味においては、これまでの押井映画の中で一番分かり易く出来ているかもしれない。


IMG_4888.jpg

自分の代わりが死ぬほどいるガルム達


IMG_4896.jpg

いまだ、その個性は衰えていないランス・ヘンリクセンがウィド役


IMG_4901.jpg

敵対部族であるカラの気持ちが分からないでもないスケリグは本作におけるバトーさんポジション






結論を言うと、これまでの押井実写と同じく、押井さんらしい惜しさが全体を支配していたと言える。これはこれで有りなのだけど、これがアニメーションであればと思ってしまう自分もいた。メカも良い、風景も綺麗、日本人とは瞳の色が違う役者達もなかなか様になる。それでも何かが足りていない気がしてしまうのだ...押井監督の好むフィルタリングのせいか、作り物の安っぽさを感じてしまうせいかもしれない。


これならば低予算を吹き飛ばす勢いがあった「トーキング・ヘッド」の方がよほど意味不明で面白かった。いつの間にか押井作品といったら美麗なCGいうイメージが出来上がってしまったが、色々とケチがついたガルムウォーズでさえこうして日の目を見れたのだし、もっと規模を縮小して小さな空間なのに銀河級の広がりを感じるわけのわからない映画を好きに撮ったとしても、ちゃんとファンは応えてくれると思うが、そんな期待に応えたいなんてまるで考えないのが押井おじさんだから仕方ない....


IMG_4884.jpg

直ぐに退場するキャラですら存在感半端ない


IMG_4894.jpg

ケロベロスサーガの香りもする


IMG_4898.jpg

そしてとにかく絵になるシーンが多い


IMG_4900.jpg


IMG_4899.jpg

後ろ姿がなんとも言えない

IMG_4902.jpg






新作を作らないなら作らないで困りものだけど、作ったら作ったで何かと困りものでとんだ性悪監督だなぁとも思うが、まだまだ押井守という監督を見ていたい自分がいて救いようが無い。


次は犬しか出てこない映画撮るかもしれないね.....それはそれで面白いかもしれないな........🐶


IMG_4887.jpg






映画『ガルム・ウォーズ』公式サイト

web拍手 by FC2
posted by lain at 22:14 | 北海道 ☔ | 映画 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月22日

我が青春のOVA1987 #7 「マップス(1987年版)」長谷川裕一(原作)/スタジオぎゃろっぷ/懐アニ/感想

昨日7月21日は「ロボットカーニバル」30周年の日だったのだけど、実は「マップス」というOVAもひっそりと30周年を迎えていた。

そもそも「マップス」なる作品がなんぞや?ということだけど、SFを中心とした作品で今でも活躍している長谷川裕一さん(星雲賞という有名なSFの賞を貰うくらいの漫画家さん)の出世作で、主人公の男の子とそのガールフレンドが、突如現れた宇宙海賊を名乗る美女に捕まり、自分が宇宙規模の放浪民族”さまよえる星人”の末裔であることを知らされ、彼らの民族が隠したとされる秘宝”風まく光”を探しているという女海賊と共に、銀河で冒険を繰り広げることとなる物語だ。

IMG_4827.JPG

IMG_4828.JPG

IMG_4825.JPG
星をも砕く馬鹿でかい頭だけの生命体銀河伝承族はマジでやばい....

IMG_4823.JPG
IMG_4841.jpg
基本的には骨太なSF大作なのだけど、ちょいちょいセクシーなのも嬉しい



本作の話をするなら、避けて通れないのがマップスを連載していた雑誌「月刊コミックNORA」だろう。あの学研が発行する漫画雑誌だったのだけど、周囲で読んでいるような人はまずいなかった。僕のように単行本は気になって手に取る人はいたものの、兎に角地味なイメージでノーラコミックを略した"NC"マークも微妙だった。しかしSF好きの評判は悪く無かったのではないかと思う。超人ロックの聖悠紀さんや、安彦良和さん、あさりよしとおさん、こやま基夫さん等々、個性派揃いの連載陣を見れば、今更ながらでも読んでみたくなるのではなかろうか?

まあ僕自身まともにコミックNORAを読んでいないのでなんとも言い難いけれど、派手さは無いけど気になってしまう雑誌の打ち出す作品は意外性に溢れていて好きだ。売れないけど面白い漫画がこの世界には多過ぎると思う。電子書籍で配信した利益が、もっと作家の元に転がり込むようになれば、売れないけど面白い漫画を描く人達が、好きに作った作品で食べていけるのでしょうね......



で、脱線したところで1987年版のマップスはどうだったか?ということだけど、正直あまり芳しくない。原作の美味しいとこどりのストーリー構成はそれなりに悪くないのに、キャラの作画があまりにもお粗末で辛い。マップス1巻の序盤だけをチェックした人が作ったようなキャラデザが生理的に受け付けないだけでなく、キャラ崩れしないシーンがほとんど無い。今の綺麗過ぎるアニメを見慣れたせいもあるかもしれないけれど、同じ時期のアニメの質と比べてもお世辞にも褒めるのが難しい。

そんなアニメの出来に左右されているのかどうか分からないけれど、声優陣の演技も何処となく微妙なのだ。当時21歳の皆口裕子さんが下手なのは兎も角、主役を演った田中真弓さんの気の乗らなさや、神谷明氏のヤケクソ感は明らかに現場のムードのせいではないだろうか?それとも完全に気のせいかな?....

IMG_4715.jpg
こんな人は知らない....
IMG_4717.jpg
こんな人達は知らない....

IMG_4771.jpg
他のキャラはコミカルなのに、リプミラの茶目っ気が全然出せていないのが致命的だった....





脚本に寺田憲史さんを起用したり、音楽に田中公平さん使って主題歌は関口和之さんが参加しているし、ぶっちゃけ豪華なスタッフや声優陣に恵まれているように一見見えるけれど、案外それだけじゃ現場は回らないものなのかもしれない。ただ、この作品は天使の姿をした宇宙船であるリプミラ号への愛だけは素晴らしかった...かな?


IMG_4723.jpg
IMG_4797.jpg
IMG_4818.jpg
IMG_4810.jpg
IMG_4821.jpg




これからマップスを観ようという人は、正規のルートで見れない1987年版は忘れて、本作から7年後に東京ムービーが作った1994年版を是非見て下さい。映像演出もパワフルだし、辻真先さんの脚本も光ってます。










関連過去記事
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:23 | 北海道 ☔ | アニメ 懐アニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする