2017年03月22日

我が青春のOVA1987 #2「笑う標的」高橋留美子(原作)/高橋資祐(監督)/スタジオぴえろ

今年で30周年を迎えるOVAを振り返るシリーズ第2回は、幅広い世代に愛される稀有な漫画家”高橋留美子”さんの短編「笑う標的」。


主人公はちょっと弓道の腕に自信がある少年で彼女持ち。後輩の女の子にもちやほやされ、かなり羨ましい。

そんな彼には許嫁までいて、その子が身内を亡くしたことをきっかけに、主人公の家に身を寄せることになったからさぁ大変....


明るい路線の高橋留美子作品なら、ここから底抜けに馬鹿馬鹿しい付かず離れずのラブコメが展開するところなのだけど、古典ホラーの「笑う標的」はそうはならない。昔の約束を心の支えにして来た許嫁の少女が、主人公の今カノを亡き者にしようとするのである。

何をどうやって亡き者しようというのかは、とりあえず置いておくとして、本作の疎遠になっていた恐妻から愛人を守る的な構図と、恐妻が何故恐妻になってしまったのか?という過去描写のバランスが良いため、終わってみれば1時間に満たない尺でありつつも恐ろしいはずの恐妻がとても愛おしく感じてしまうことだけは伝えたい。彼女の生い立ちを考えると、本当に遣る瀬無い.....

スクリーンショット 2017-03-22 6.09.21.png
あまりにも子供の頃の話で許嫁にピンとこない少年と今カノ

スクリーンショット 2017-03-22 6.05.32.png
そこへ現れる色白の美人。まるで喪服のようなセーラー共々素晴らしい存在感

スクリーンショット 2017-03-22 6.12.16.png
そんな美人もこうなっちゃ台無しだ....



個人的にはかなり心に焼き付いている本作だが、ネット配信どころか実はDVDにもなっていないため、合法的に見る手段が非常に限られる(原作は直ぐ手に入る)VHS版はまだ手に入ると思うので興味が湧いたら見てみて欲しいものだ。

まあ、何度となく自作がアニメ化されて来た留美子先生である。マスターさえ残っていればいつかBD-BOXか何かで、他の不遇なアニメ化作品と共に発売されそうな気もする。

「人魚の森」もそうだけど、シリアス系の高橋留美子さんもやっぱり僕は大好きだ。





関連過去記事

web拍手 by FC2
posted by lain at 07:03 | 北海道 ☔ | アニメ OVA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月19日

仕事以外不器用な”おっさん”達のごつごつした神の手が俺は愛おしい

二日前、大勢が三連休直前の浮かれた夜を過ごすなか、珍しく僕はテレビを見ていた。

各分野で優れた技術を持つ日本の職人達が1台のバンに乗り込み海外で修理のお仕事をするという番組だ。


1906e2775fc7a78908d7231d9b8d.jpg





残念ながら恋には発展しない暑苦しいワゴンだったが、職人同士のプライドが相乗効果を生み、かなり良い絆が最後には形成されていたような気がした。

家具でもトロッコでも元の良さを活かしつつ生まれ変わらせる人や、これぞ職人と言わんばかりのドライバー1本で車のエンジンの不調を聴き分け修理する人、他にも左官屋・木工職人・エンジニアまで多岐に渡る人材が自慢の腕を披露しているのを見ていると、自分も何か作りたくなって仕方なかった。「壊れたら直す」「無い物は作る」そんな当たり前のことを失いつつある日本において、物を大事にする人間の心を最前線で護っているのが職人なのかもしれない。

日本は彼らのような人達を大事にするべきだろう。何もかもオートメーションで大量生産し、壊れれば捨てて新しい物を買うという発想は、資金や資源があるうちは良いものの、それだっていつ何時枯渇するか分からない時代だ。現在だけじゃなく未来の子供達のためにも、機械だけに頼らない知恵や技術を残していきたいものである。








途中で父親を喪い帰国する方が出ると、続けて体調不良や仕事で離脱する職人まで出て、どんどん辛く寂しい旅になっていったけれど、それこそ何もかも犠牲にして独り仕事に打ち込む職人の生の姿を見ているようで感慨深かった。守備範囲外の時計台の修理を執念で直していたことにも頭が下がる。

職人ワゴンが訪れた2箇所の土地セルビアの小学校で、ボロボロになった教室を職人達が綺麗にした時、子供達の顔がぱぁっと明るくなったのも忘れられない。テレビだから現地民への仕込みも沢山ある中で、あそこだけは本当のリアクションを見れた瞬間だった。

テレビが面白く無い時代に、テレビも悪く無いなって思えたことが嬉しい。

テレ東のテレビ職人もやるじゃないか。
web拍手 by FC2
posted by lain at 09:15 | 北海道 ☔ | TVその他  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月15日

変態出来ない変態が羨む青い変態「ぼくらのへんたい 10完」ふみふみこ/COMICリュウ/徳間書店/感想

父親は居るものの、日頃留守がちで母や姉二人と過ごすことが多かった僕は幼い頃普通に気弱で、よく「逆(姉と性別が)だったら良かったのに」と周囲から言われたものだった。

徐々に体が大きくなり、男友達と遊ぶようになれば流石にやんちゃな男の子になっていったものの、少し年の離れた長女の膨らんで来た胸を見ながら、いつか僕も大きくなって来るんじゃないかと本気で思うくらい、性別への違和感に苦しんだ時期もあって、こんな物さえ無ければ良いのにと股間を叩いたり切ってはどうか?と考えたこともあった。

人間と暮らすうちに自分を人間だと勘違いしてしまう犬と同じような感覚だったのかもしれない。性的な物への目覚めに対する戸惑いも相俟って、男であることに激しい自己嫌悪を抱いてしまっただけなのだと今なら思える。間違ってもハサミで切らなくて良かった........


「ぼくらのへんたい」は三人三様の切実さで女装せざる得ない少年達の泥沼青春話だったわけだけど、7巻以降の笑顔な表紙そのままに笑い合える関係に最終的には落ち着いて本当に良かった。作者が最終巻のあとがきで、どうしても好きになれない3人の主人公に「こいつら全員不幸になれ・・・!」と呪いながら描いていたという言葉通り、前向きになれそうでなれない彼らを見守るのは辛いことが多かったから、それぞれに救いがある
収束には感慨深いものすら感じてしまった。男でも女でもいい、僕らはみんな"へんたい"で良いんだと笑う彼ら全員を祝福したくて仕方ない......







まだ、女性に対する憧れはある。

それは性交渉の相手としてもそうだし、自分が女になって可愛らしい服を着たり、旅行をしたり、女性ならではの視点でこの世界を楽しんでみたいという気持ちも大きい。

男(僕)は世界をつまらない物にしか出来ない。短絡的な性や暴力を心の何処かで求め、諦めと道義の利口さを盾に一歩を踏み出さない。少々思慮が足りないくらいの方が、絶対人生を楽しめるに違いないのに。

あ、けして女性が考え足らずだと言ってるわけでは無いけどね(言ってるなこれ)










関連過去記事
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:18 | 北海道 ☔ | 漫画 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする