2017年03月30日

漫画に憑かれた巧達「漫勉 シーズン4」感想

「YAWARA」「MONSTER」「20世紀少年」など、ヒット作を次々生み出して来た”浦沢直樹”さんが手掛ける『漫勉』は、毎回1人の漫画家さんの仕事っぷりを定点カメラで収め、その映像を漫画家本人と一緒に見ながら語らうテレビ番組で、設定やネームの切り方、下書き〜ペン入れまでじっくり扱っているから漫画を描く人には良いヒントになるし、読むのが専門だという人でも、この番組を見ればどれだけ漫画家が技術と気持ちを込めて描いているのかが伝わり、これまで以上に1ページ1ページを大事に読もうとなる良い番組だ。






この番組が始まったのが2014年。その頃僕は入院していて、病室のテレビに釘付けになっていたのを覚えている。あれから3年近く経ち、気づけばシーズン4も終わってしまった。今シーズンも実に濃厚で、作品を読んだ事のない方の回を見れば読んでみたくなり、お馴染みの方の回を見れば読み直したくなり、結局馬鹿みたいに漫画が読みたくなった。


特にラストを飾った"ながやす巧"さんの仕事は凄まじかった。呆れるくらい設定に年月をかけ、細かな装飾全てに手を加え、いざ描くとなったら、単行本一冊分をキャラクター1人ずつ一気にペン入れして感情が散らからないよう配慮する拘りようには頭が下がる。この歳で漫画を描ける喜びでいっぱいだと語る職人気質の不器用さが酷く愛おしく思えた。漫勉の影響で今更読み始めた「壬生義士伝」も凄く面白い。時代劇を全然描いたことが無いだなんて信じられないディティールであるし、ながやすさんの絵のテイストにチャンバラは実に合っているように感じる。


IMG_0286.PNG

壬生義士伝 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) -
壬生義士伝 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) -








下手に金をかけたCMを流したり、書店でおかしなポップを付けるより、漫勉のような本物を切り取って訴えかけた方が漫画の将来は明るいのかもしれない。


描き手と読み手の両方の漫画愛を高めてくれる良い番組だ『漫勉』。








「浦沢直樹の漫勉」公式サイト

タグ:浦沢直樹
web拍手 by FC2
posted by lain at 21:12 | 北海道 ☔ | TVその他 ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月28日

バイクが無くとも駆けなきゃいけない俺達の明日はどっちだ?

寒い寒いと、うだうだやってるうちに、いつの間にか北海道に春が来て、今年もMotoGPが開幕した。





今年はなんと言っても最高峰クラスが熱い。

毎年最高峰クラスは面白いものの、なんだかんだでホンダとマルケスのパッケージが噛み合ってチャンピオンをもぎ取り、同学年のロッシが不完全燃焼で終わる年が続き、どうにもモヤモヤが収まらない。加えて今年のロッシは出だしが悪く、テストでも好調なチームメイト"マーベリック・ビニャーレス"に差を付けられ散々。こりゃ今年もタイトルは絶望的かなと正直思っていた。

ところが、いざ開幕してみれば、予選、本選と雨に振り回された割に、冷静なライディングで3位をゲット(ビニャーレスは1位..)悪いなりにポイントを積み重ねていけば、もしかするともう一花咲かせることが出来るのかもしれない。

いくらロッシとはいえ、40歳も目前に迫るライダーが頂点を獲るのは至難の技。なればこそ、ロッシには是が非でも金字塔を打ち立てて欲しいと、願わずにいられない。








勿論ロッシだけがMotoGPでは無い。KTMにアプリリア、スズキにドゥカティ、ヤマハにホンダ、まさかの6メーカー参戦というのは本当に先が読めなくて刺激的。ヤマハからドゥカティというロッシと同じルートを選んだロレンソ、開幕戦で先頭を軽快に走っていたのに転倒してしまったザルコ、年々安定性を増しているドゥカティとドヴィツィオーゾ、第三の日本メーカースズキ、何処で誰に火が付くか正直予想なんて出来やしない。マルケスの連覇も相当難しく、ましてやロッシのチャンプなんて.......いや、考えるのはよそうw

Moto2の中上も、なかなかに経験者らしい粘りのある走りをするようになって来たし、もしかすると来期は久しぶりに最高峰クラスで日本人が見れたりするのだろうか?中上くんには是が非でも2017年を自分の年にして欲しいものである。





全くもって他人の名誉の話でしかないのに、彼らMotoGPライダーの走りを見ていたらつい熱くなって無駄なことを考えてしまう。自分にも全てをかけて手にしたい場所があれば....と、思う節があるのだろう。

彼らほど派手じゃなくとも良い。自分に出来ること、やりたいことに夢中で取り組める生き方を目指したいと思った。








関連過去記事
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:17 | 北海道 ☔ | モータースポーツ MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月22日

我が青春のOVA1987 #2「笑う標的」高橋留美子(原作)/高橋資祐(監督)/スタジオぴえろ

今年で30周年を迎えるOVAを振り返るシリーズ第2回は、幅広い世代に愛される稀有な漫画家”高橋留美子”さんの短編「笑う標的」。


主人公はちょっと弓道の腕に自信がある少年で彼女持ち。後輩の女の子にもちやほやされ、かなり羨ましい。

そんな彼には許嫁までいて、その子が身内を亡くしたことをきっかけに、主人公の家に身を寄せることになったからさぁ大変....


明るい路線の高橋留美子作品なら、ここから底抜けに馬鹿馬鹿しい付かず離れずのラブコメが展開するところなのだけど、古典ホラーの「笑う標的」はそうはならない。昔の約束を心の支えにして来た許嫁の少女が、主人公の今カノを亡き者にしようとするのである。

何をどうやって亡き者しようというのかは、とりあえず置いておくとして、本作の疎遠になっていた恐妻から愛人を守る的な構図と、恐妻が何故恐妻になってしまったのか?という過去描写のバランスが良いため、終わってみれば1時間に満たない尺でありつつも恐ろしいはずの恐妻がとても愛おしく感じてしまうことだけは伝えたい。彼女の生い立ちを考えると、本当に遣る瀬無い.....

スクリーンショット 2017-03-22 6.09.21.png
あまりにも子供の頃の話で許嫁にピンとこない少年と今カノ

スクリーンショット 2017-03-22 6.05.32.png
そこへ現れる色白の美人。まるで喪服のようなセーラー共々素晴らしい存在感

スクリーンショット 2017-03-22 6.12.16.png
そんな美人もこうなっちゃ台無しだ....



個人的にはかなり心に焼き付いている本作だが、ネット配信どころか実はDVDにもなっていないため、合法的に見る手段が非常に限られる(原作は直ぐ手に入る)VHS版はまだ手に入ると思うので興味が湧いたら見てみて欲しいものだ。

まあ、何度となく自作がアニメ化されて来た留美子先生である。マスターさえ残っていればいつかBD-BOXか何かで、他の不遇なアニメ化作品と共に発売されそうな気もする。

「人魚の森」もそうだけど、シリアス系の高橋留美子さんもやっぱり僕は大好きだ。





関連過去記事

web拍手 by FC2
posted by lain at 07:03 | 北海道 ☔ | アニメ OVA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする