2017年02月28日

我が青春のOVA1987 #1 「トワイライトQ 時の結び目 REFLECTION」伊藤和典(原案・脚本)/望月智充(監督)/懐アニ/感想

今年、日本のアニメは100周年を迎えたと言うが、なんと日本最古の商用アニメは大正6年だというから気が遠くなる話である。流石にそんな大昔のアニメを直に見たことがある人なんて、既にこの世の住人では無くなっていることだろう....





100年とはいかないが、僕もアニメを嗜むようになって30年以上経った。ベタな少年・少女漫画のテレビシリーズや、日曜名作劇場のように家族で観るような作品を手始めに、着々とマニアックな作品へと向かい、今はすっかり拗れた愛し方をするようになってしまったから色々と大変である。


ぶっちゃけ昔のアニメーター達が、やる気満々の意欲作を沢山ばら撒いたのが一番悪い(自分のことは棚上げ)特に作品の内容について、スポンサー等からの横槍が少なかった当時のOVAはやりたい放題で、今年30周年を迎えるOVAを改めてピックアップして見ると、こんなの誰が観るんだよ?と言いたくなるほど趣味に走っている物も少なく無い。


ちなみに、今日30周年を迎えた「トワイライトQ 時の結び目 REFLECTION」を久しぶりに観てみたが、どう考えても今時の若者に進められない渋い作品だと思った。海へ女友達と遊びに来ていた主人公が古びたカメラを見つけ、興味本位でカメラに残されていたフィルムを現像してみると、なんとそこには知らない男性と写っている自分がいるでは無いですか......いったいどういうことなのか?......と、いう話なのだけど、とにかく物静かで地味。監督は望月智充だから、当然と言えば当然だけど、無駄に説明を全然しないのが味だなと僕は思うものの、どういうことなのか言葉で説明されたい人には絶対向かない内容だろう。


IMG_3724.jpg

スクリーンショット 2017-02-28 22.16.56.png

IMG_3725.jpg

あの頃はポニーテールが流行ってたいたような....


IMG_3727.jpg

IMG_3717.jpg




まあ、お話的には普通に理解出来る範囲のSF作品だし、時空の拗れを活かしたほんのり切なくて怖さもある物語として良い出来で30分とは思えない充足感もある。改めてスタッフを眺めれば、 伊藤和典・望月智充・高田明美・後藤真砂子・川井憲次に”兵藤まこ”や”冨永みーな”までいて本当に豪華。冨永みーなをパトレイバーで抜擢した理由は本作にあるのかもしれない。





物心付いた頃からアニメと歩んで来た身としては、本当に今のアニメは絵が綺麗だしソツがない安定感だとは思う。ただ、挑戦という意味においては似たり寄ったりで二番煎じな非常に退屈な作品が多い。美少女の動きに全力を注ぎ、まるで自分の理想の2次元嫁を私的に作りたくてアニメをやってるような作品も数え切れない。まあ、動機なんて物は女の子でも構わないのだけど、"それだけ"のアニメにはして欲しく無いのだ。


かと言って、こうしてあの頃のアニメを観て思うのは、これもかなり他所の作品の影響を受けているなというのと、作りもかなり怪しい場面があるということ。それでも色褪せない何かを感じるのは、僕の思い出補正と当時のアニメーター達の渇きなのだろう。アニメーターになりたかったというより、自分が映像物に携われる場所がアニメしか無かったから、ならアニメで見返してやるぞ!....みたいな葛藤の上に、技術を超越した面白さが宿ったんじゃないかと思う。


未だにアニメの現場はお給金の面で恵まれていないそうだから、若手が育たないのも当然だろうけど、辛い場所だからこそハングリーな気持ちを作品にぶつけるチャンスだと思って若い人達には踏ん張って欲しいし、僕が大好きな老害の皆さんも、若手の芽を摘んだり自分の為だけに消費したりしないで背中を支えてやって欲しいものだ。



この100年先も日本のアニメが残っていけるように......





第1話 時の結び目 REFLECTION -
第1話 時の結び目 REFLECTION -

web拍手 by FC2
posted by lain at 22:31 | 北海道 ☔ | アニメ 懐アニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月24日

amazarashiと雨曝しのロボット達

やっと木曜日も終わりだと重い脚を引き摺り帰宅し、さあ今夜は”ニーアオートマタ”遊ぶぞぉ!と思ったら全然事前DLが出来ておらず断念。代わりに配信が始まっていたamazarashiによるニーアとのコラボシングルを聴いて気を紛らせていた。



曲だけでもニーアとの蜜月具合が伝わって来る仕上がりなのだけど、MVは更に衝撃的でドール好きの一人としては見るのが本当に辛かった。今夜届くはずのディスク盤に付いて来る絵本がどんな物に仕上がっているのか気になって仕方ない。今夜こそニーアとamazarashi三昧で決まりだ。





話は変わるけれど、2、3日前にTwitterでフォローされて存在を知ったJunk Robotという女性一人のソロプロジェクトがなかなか興味深かった。




内外的に憤りを抱え、純粋故の八方塞がりな生き方をしている辺り、女版”尾崎豊”と呼ばれた”橘いずみ”と同じく、女版”amazarashi”と呼びたくなるJunk Robot。まだまだ”秋田ひろむ”ほどの質量は彼女の歌に無いけれど、その尻の青さが逆に初々しくて応援したくなるし、これから先もっと深淵を覗きに行ける彼女が羨ましくもある。

どんどん知名度が高まって来たamazarashiや、それに感化されながら自分の歌を模索するJunk Robotのように、これから先も純粋さ故に傷ついた人たちの歌が拡がって行くのでしょうね。


それが良いことなのか悪いことなのかは分からないけれど......














関連過去記事

web拍手 by FC2
posted by lain at 06:58 | 北海道 ☔ | 音楽 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月22日

愛されているから愛すのか?愛したいから愛すのか?「花にくちづけ」阿部あかね/ディアプラス/BL/感想

少々早めに仕事が終わり帰宅。

グダグダとしているうちに居眠りをして夜中に目を覚まし、やめておけば良いのに人妻物の軽いエロ漫画を読んだせいで寂しさスィッチを押してしまったせいか、そのまま男同士が普通に粘膜を交わし合うBLを読んでしまった。





冒頭、いきなり友人が半裸でゲイを告白し、童貞を奪っていくという高三の過去シーンから始まり、それから三年経ってヤリ逃げしていった友人がふらっと女の格好で自分の前に戻って来て、さあこれからどうなるんだ?どうするんだ?と物語は始まるのだけど、まるで寂しさを紛らわせる為に、気まぐれで男を抱いたような感覚(そんな経験はこれっぽちもない)になるほど人妻物よりイケナイエロスで、それでいてプラトニックな愛がしっかりあり、確かな温もりが手のひらに残るような作品でとても良かった。

5D450928-4E90-4E38-9372-427322A34315.png
C1AFC1A2-A669-467C-8896-578F07CE9B70.png



作中の濡れ場にしても、男のままで絡む場合もあれば、女性にしか見えない格好の時も多く、ガチムチ作品より口当たりが優しいBLで読み易かった。実際にこういうシチュエーションでカップルになってしまった男達もいるんじゃないかと思わされた。

A38C4D6D-0FC7-445B-8E8F-14C016C14A28.png
0CBD8084-1212-4630-9910-75D4B68A076F.png





多くの男女が思い遣りをもって上手に愛し合えなくなった今の時代、たとえ男同士でもお互いを尊重する想いがあるなら、無い胸を張って愛し合って欲しいし、それを理解できない人々も広い心で生暖かく見守って欲しいものです。


女装した可愛らしいひとならアリだな、と、考えてしまうようなゲスい私は、女性にも男性にも愛されそうに無いけれど.......











web拍手 by FC2
posted by lain at 07:08 | 北海道 ☔ | 漫画 BL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする