2017年01月31日

"作り手が楽しい=視聴者も楽しい"2017年冬アニメ感想

会社・現場までの道程や、突然出来た空き時間、よそ見が出来るゲームの片手間.....とまあ、今年もどえらい目にあってアニメを消化している僕ですが、以前海外ドラマでも同じような事態に陥っていたことを思い出し、そろそろアニメもバッサリ観るのを減らしたくなって来ました。


面白いから観ると言うより、面白く無い作品を切る、みたいな視聴の仕方をするくらいなら、最初から観ない方がよほど作り手に失礼が無いんだろうなぁとも思いますが、こればっかりはある種の習慣病過ぎて、いきなりは止められそうもありません💦




とりあえず、今期は”アニメーターのやる気”が溢れているアニメを観続けよう!を目標に掲げ、それ以外はじゃんじゃん切って行くことにしたのであります.....




注!全て独断と偏見の素人考えでマークを付けています(銀魂、テイルズ、弱ペダ、省略)



▪️小林さんちのメイドラゴン


キャラが可愛いしアクションも良く動く。細か部分の作画も良く、仕事の仕方が実にプロ。幅広い層が幸せになれそうな作品




▪️鬼平


今時こんな物好きなジャンル、トムス以外に誰が作るの?っていうくらい渋い。誰もやらないリアル系時代劇だけに、作り手も遣り甲斐があることだろう。男が掘れる​惚れる男をありがとうトムス




▪️青の祓魔師 京都不浄王篇


少々間が空いての新作ということで、作るのが楽しいと言うよりは大変そうな気がしてを一つ減らした。個人的には続編を見れたことだけで最大級の感謝しか無い。クォリティも抜群でした謝謝




▪️ACCA13区監察課


良いものしたい!という気持ちが随所(色選び、カメラワーク、間の取り方)から伝わって来る出来で面白い。原作をうっかり積んでいたのが功を奏した面もあるのだろうか?今の時代は女性の方がハードボイルドを求めている気がする。ただ、”オノ・ナツメ”さんのキャラは作画が大変そうだ。




▪️うらら迷路帖


ストーリー展開にはまったく期待出来そうにないが、美術・背景が意外なほど綺麗であるのと、可愛い女の子達をひたすら愛でるには良いアニメだろう。好きこそ物の上手なれとはよく言ったものでありますw




▪️エルドライブ【ēlDLIVE】


絵に描いたような(いや、描いてるんだけどさ)宇宙人のバリエーションに苦労している人がいそう。正直アニメーター云々より、釘宮理恵さんにを3つ付けた。主旨がズレてるけど.....




▪️CHAOS;CHILD


元々が少々古いCHAOS;HEADの世界観のため、観てて恥ずかしくなるような設定や展開が数多くあるものの、相変わらずここのブランドは生臭いリアリティを含んでいるからつい気になってしまう。作り手的には実際どうなんだろうか?楽しいのだろうか?




▪️ガヴリールドロップアウト


天使と悪魔の逆転学園生活が笑える。駄目な自分達を愛でるように駄天使を甘やかすのは、さぞかし楽しかろう(白目)



▪️クズの本懐


叶わない恋に恋しながら、手ごろな男で、もてあました体の火照りを冷まそうとする女の子が凄くリアル。いきなりの糸引くキスシーンといい、刺激的な制作現場になっていそうで覗いてみたい




▪️この素晴らしい世界に祝福を!2


作画のテイストが変わり、戸惑う声が周囲から上がるものの、僕としては"このすば"らしい勢いのある作画で実に楽しい。駄女神の尻にも作画スタッフの愛を感じるなぁ.....(しみじみ)




▪️昭和元禄落語心中 -助六再び篇-


もう今更何も言うことはない位、本作に対する作り手の誇りが伝わってくる。ただただひたすら彼らの仕事を楽しみたい。



▪️超・少年探偵団NEO


DLEの名は伊達じゃ無い。同じ明智小五郎物でもTRICKSTERより100倍楽しい。これだけ悪乗りしてて作るのが楽しく無いはずがない。




▪️ リトルウィッチアカデミア


今時こんな仕草の女の子いないだろ〜っていうくらい表情豊かなキャラクター満載で、1話目から物凄い質量が伝わる作画に夢中になった。採算度外視して作品作れる会社は、兎に角絵を描くのが楽しいアニメーターにとっては天国に違いない。



▪️亜人ちゃんは語りたい


まさかの勘違いで亜人のスピンオフだと思っていた僕を殴って下さい恋には発展しなさそうなハーレム具合が良い塩梅で、人間社会には溶け込んでいながらも、何かと危なっかしい亜人達が可愛くて仕方ない。



▪️にゃんこデイズ 


「ぷちます!」みたいにデフォルメされた擬人化猫のあざとさからは、救い難い何かを感じるものの、可愛いものを撫でて何が悪い💢くらいの意気込みは良し。



▪️政宗くんのリベンジ


SILVER LINK.の仕事っぷりは良いのだけれど、主人公の志の低さに辟易。腹ペコのヒロインもあまり好みで無いし、作画と花江くんの演技だけが継続視聴へと誘ってくれている。



▪️幼女戦記

とんでもないタイトルのアニメキター!と思って見てみれば、なかなかハードな戦争物で、これまたとんでもない幼女が駄目オヤジのM心をくすぐりまくり。その他のキャラも良い描き分けがなされているし、幼女の恐ろしさを側で目の当たりにする女性兵士も形容し難い容姿(可愛いような可愛く無いような)で魅力的。これも皆んなが楽しくなれる作品になりそうだ。



さぁ、そんなわけで独断と偏見でお送りして来ましたが、改まって振り返ると不作不作と言いつつ今期も楽しめそうな作品は十分ある感じで嬉しいです。まあ見るのを減らしたいのだから不作の方が好都合なんですがね.....



アニメ漬け



続きを読む web拍手 by FC2
posted by lain at 07:19 | 北海道 ☔ | アニメ TVシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月28日

寒い夜には一皿のスープと猫が居れば大丈夫「ポテト・スープが大好きな猫」テリー・ファリッシュ(作)/バリー・ルート(絵)/村上春樹(訳)/講談社/感想

なんだ今日は朝から湿った雪かぁ....って雨になって来た!

勘弁してよぉ......

と、思いつつ久しぶりに防寒着ではなく雨合羽を装備して昨日は働いていたわけですが、お昼にこの本を読んだら心だけはほんわか暖まった気がしました。

IMG_3514.jpg



猫を飼ったことが無いため、”ポテト・スープ”なんて食べるんだ?と思った挙句、ポテトスープと脈略の無いボートの絵が何故表紙なんだ?とまで頭をよぎりましたが、奥さんも子供も居る形跡の無い、長年色んな猫と付き合って来たおじいさんと、ねずみ一匹獲りはしない少々お年を召した雌猫の、熟年夫婦みたいな関係がなんとも言えず良いんです。本当は一緒に居てくれるだけで幸せなのに、普段はそんなそぶりを猫には見せない(十分見せている気はするが、見せていないつもりなのが可愛い)おじいさんが、釣りに行く時いつもは連れて行く猫を家に置き去りにし、一人で釣りを始めた時漂った味気なさや、その後の猫の反応が愛おしくてたまりません。僕も彼女にポテトスープを作ってあげたくなりました。

IMG_3520.jpg

IMG_3521.JPG




下手な婚活番組を作る暇があったら、本作のような切っても切れない腐れ縁の情が優しいドラマでも流した方がよほど効果的でしょうね。まあ、逆に猫さえいれば良いや💕と、なるやもしれませんが........














関連過去記事
タグ:村上春樹
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:09 | 北海道 ☔ | 小説 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月26日

それでなくとも自由なのに、空まで飛べちゃう贅沢さ。僕も猫になりたい...「素晴らしいアレキサンダーと、空飛び猫たち」&「空を駆けるジェーン - 空飛び猫物語」アーシュラ・K・ル=グウィン(著)/講談社/感想

とある筋によると、猫は犬より世界的に人気のペットへとなりつつあるとのことですが、真偽のほど置いておくとして、確かに猫好きが日本でも増えたような気はします。僕の周囲で実際に猫を飼っている人は、犬のそれと比べるとまだ少ないですが。

猫好きが増えた理由を母などに言わせれば「自分勝手な人が増えたから」でばっさり切られてお仕舞いで、流石戌年は猫にライバル意識があるなと思ってしまうわけですが、確かに一理あるような気もしなくもないです。猫同様に個人主義で気に入らない事はしたくない人で今の世は溢れております。アメリカの新しい大統領でさえ利己的で協調性の無い人が選ばれる時代ですしね。僕自身も凄く心当たりが.....



でもまあ、そんな人間様の醜さと引き合いにされては、猫も迷惑でしょうなぁ。猫は猫なりに情を持っているだろうし、自由奔放に見えてちゃんと猫達も気を使っている面もあるのかもしれない。そもそもアレが彼らの標準仕様なのであって、その時々の自分に対する言い訳次第で宗旨替えする我々と同じであるわけがありません。

そもそも何故好きなのか?を解き明かすなんていう野暮は要らないですよね。可愛いと思うから愛でたい。ただそれだけがあれば充分です。つべこべ言う暇があったらル=グウィンさんの空飛び猫シリーズを読め!僕はそう言いたい(やっと本題)




都会の喧騒の片隅で、羽根を持って生まれ出た猫達が親元を離れ、猫であって猫でない自分達の個性と向き合いながら、それでも猫らしく生きて行く本シリーズの今回は3作目と4作目を一気に読んだわけですが、相変わらず村上春樹さんの訳が実に良い。何処がどう村上春樹なのかと言われればなんとも言い難いものの、ル=グウィンさんのティストをしっかり活かした翻訳になっていて、巻末にはどうしてこのような訳し方になったか?のも解説してくださっていますし、村上春樹さんがいかに本作を大事に扱ったかが隅々から伝わって来ます。原作、挿絵、訳者、どれを取っても幸福な作品だなと思わされました。

4804C669-AEAD-4E47-9A01-472E1FD65F54.jpg
羽根を持たない猫も三作目から仲間入り。C30FB3AD-2443-4704-8E87-FA96811D08AC.jpg
羽根の有る無しで優劣を測らない彼等からは、教えられる事ばかりだ。
EFE577FC-1B60-417C-A05B-4CCB4FC1DB0D.jpg
四作目の主人公は田舎暮らしに飽きて都会へと戻った1番幼くて1番気が強いジェーン。彼女は清々しいほど強かで羨ましい。どんな受難もなんのそのだ。


こうして村上春樹さんの翻訳に触れていると、村上春樹訳のゲド戦記も読んでみたくなります。岩波書店から出ている清水真砂子さんの翻訳版は間違いなく素晴らしいもので、それに不満があるわけではありませんが、訳者が違うだけでまるで別物になったマーニーの例もあるので、訳者としても定評のある村上春樹さんの解釈で読み解かれるゲド戦記には興味が湧いてしまいます。僕自身が英語に精通していれば、ル=グウィンさんの原文を存分に味わえるのでしょうけど、なかなかそう上手くは行かないものですね.....

web拍手 by FC2
posted by lain at 07:03 | 北海道 ☔ | 小説 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする