2016年11月28日

孤独の匂いが褪せないようにバンドを続けるのもしんどそうだ「syrup16g tour 2016 『HAIKAI』」11月27日(日)札幌・PENNY LANE24」/感想

 人間が生きる為に最低限必要なのは衣・食・住だと昔から言われている。要するにそれだけあればスマホも高級なバッグも音楽だって必要無いという訳。でも、本当にそれで生きて行けるのだろうか?

 少なくとも僕には無理だ。音楽だけは駄目だ。手放せない。理屈に合わないから無駄だと切り捨てるなんて出来ない。音楽は僕に命をくれた。生きる意味を見失いそうになる度、背中を支えてくれた。親や兄弟以上に自分の気持ちの整理の仕方を教えてくれた。それをあっさり手放すだなんて絶対ありえない。

 そしてsyrup16gも、そんな手放すことの出来ない存在で間違いなかった。




 不遜で不穏な曲名や、ダジャレのようなフレーズの陰から真顔でガツンと殴りかかって来たかと思えば、憂いを携えた甘い声で愛を歌う.....syrup16gはそういうバンド...かな?自虐・自制・自称・自笑・自慰・自覚・自衛・自我・自戒・自壊・自由・自失....などなど、あらゆる自分が点在しているように感じられる五十嵐隆のぐちゃぐちゃな内面が爆発している歌詞や、すぐにそれとわかる特徴的な音作り、どれをとってもsyrup16gは格好悪くて格好良い。これがロックというものなんだろう。

 僕がsyrup16gを好きになったのは、「リアル」からだった。それこそ頭からガツンと来るこの曲があったからこそ聴き始めた。
命によって 俺は壊れた いつかは終わる そんな恐怖に でも命によって 俺は救われた いつかは終わる それ自体が希望

 こんなフレーズに何も思うところが無い人などいるのだろうか?




 手に入るアルバムは全部聴いた。ことあるごとに何度も頼った。どんなに場を盛り下げようとカラオケでsyrup16gを歌った。そうこうしているうちに夢は覚めた。あっという間に解散してしまったのだ...

 正直あの頃はライブ欲と云うのが無かった。わざわざ見に行かなくともライブはビデオで観れてしまうし、綺麗に整ったCDの音源こそ一番だと感じている節さえあった。でも、syrup16gの解散ライブをWOWOWで眼にした時、彼らの圧倒的な存在感に打ちのめされ、もしもこれを生で見たらどんなに凄いのだろう?と思う自分がいた。解散後どれだけ後悔したかしれない。


 そんな訳もあって、再結成した時は本当に嬉しかった。彼らのライブを見れる可能性がゼロではなくなったのだから。そして0が100になった昨夜は、ただただ幸せだった。再結成後のアルバムの仕上がりを素直に受け入れられずにいたのもあって、ライブが始まるまでは少々怖かったが、やはりライブは別物でスタジオ音源だと微妙に感じた曲達が次々と光り輝いていった。特に"I'll be there"ではウッカリ鼻の奥がツーンと痛くなった。歌詞を無理矢理捻り出している感は拭えない新譜ではあるものの、ライブに行かずして駄作と決めるにはまだ早い。僕と同じような不安に襲われライブに行こうか迷っている人がいるなら、その眼で、その耳で、その肌で、その心で、今のsyrup16gを生で感じて欲しいなと思った。




 どんな存在も時の流れからは逃れられない。永久不変な瞬間は、今この刻限りの儚い幻に過ぎない。だから、これまでのsyrup16gをこれからのsyrup16gに当て嵌めても意味はないのだ。だが「仕方ない」という気持ちで今の彼らを聴いたところで、誰も幸せになりはしないのだから無理強いは出来ない。

 一つだけ確かなことは、syrup16gを、五十嵐隆を、今後どう愛して行けば良いのか、長い時間をかけて僕らファンは考えて行かなければならないという事だ。


 なんとも悩ましいバンドもあったものである......






セットリスト

1.Cassis soda & Honeymoon

2.I'll be there

3.Find the answer

4.Father's Day

5.Missing

6.Murder you know

7.タクシードライバー・ブラインドネス

8.うお座

9.Share the light

10.My Love's Sold

11.神のカルマ

12.Deathparade

13.Drawn the light

14.落堕

15.リアル


アンコール1

16.遊体離脱

17.パープルムカデ

18.Sonic Disorder

19.天才

20.coup d’Etat

21.空をなくす


アンコール2

22.She was beautiful

23.Rookie Yankee





今後のツアー予定

■12月02日(金)福岡・DRUM LOGOS
OPEN 18:15 START 19:00
INFO:BEA(092-712-4221)

■12月04日(日)岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
OPEN 17:15 START 18:00
INFO:夢番地 岡山(086-231-3531)

■12月07日(水)大阪・なんばHatch
OPEN 18:15 START 19:00
INFO:キョードーインフォメーション(0570-200-888)

■12月09日(金)名古屋・Zepp Nagoya
OPEN 18:00 START 19:00
INFO:JAILHOUSE(052-936-6041)

■12月14日(水)東京・Zepp Tokyo
OPEN 18:00 START 19:00
INFO:VINTAGE ROCK std.(03-3770-6900)

■12月15日(木)東京・Zepp Tokyo
OPEN 18:00 START 19:00
INFO:VINTAGE ROCK std.(03-3770-6900)



タグ:syrup16g
web拍手 by FC2
posted by lain at 06:58 | 北海道 ☔ | 音楽 LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月24日

ニュータイプでもサードチルドレンでもなく公務員のお仕事「機動警察パトレイバーREBOOT」吉浦康裕(監督)/ヘッドギア/スタジオカラー/感想

「パトレイバー」それは商業用アニメに開発されたロボットの総称である。
漫画・アニメの分野に広く普及したが押井守による独断専行も急増。
”アニメ(ーター)見本市”と吉浦康裕はヘッドギアを招集しこれに対抗した。
通称、『機動警察パトレイバーREBOOT』の誕生である....

CV千葉繁







押井守氏による実写はなかなか面白い試みで、個人的には楽しめてしまったわけだけど、押井さんと共同でパトレイバーを立ち上げたヘッドギアのメンバーはあれをどう感じたのだろうか?

ネットを見る限りでは「俺たちに一言の相談もなくやりやがって!」感が強いように思えたが、そもそも政治的な内容に否定的なメンバーが多い中、途中参加のくせに我が物顔でthe MOVIE2を作ってしまう押井さんだし今更な話ではある。

ヘッドギアの面々が実際にどう感じたかは分からないものの、アニメ(ーター)見本市のプロデューサーに乗せられパトレイバーを作りたくなった吉浦康裕に便乗し「俺たちはこういうパトレイバーが観たい(作りたい)」と意思表示しているようにも思える。



どちらにせよ、はっきりしているのは機動警察パトレイバーREBOOTは面白いということ。そしてもっと見せて欲しい!という欲求が即湧いたということ。監督も違えば技術も違うというのに紛れもないパトレイバーが其処にはあった。実質10分に満たない尺で誰が満足出来るというのか?

あれからどんな世界になったのか?昔の顔触れはどこへ行ったのか?考え出したら止まらない。今の時代だから作れるパトレイバーがあると知らしめた吉浦康裕とREBOOTは本当に余計なことをしてくれたものである。かくなる上は責任を取ってREBOOTをシリーズ化してもらうしかないなと思った。



やれよ吉浦!漢なら今が立つ時だぞ!!






日本アニメ(ーター)見本市 


web拍手 by FC2
posted by lain at 07:09 | 北海道 ☔ | アニメ 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月22日

黒い金曜日の罠 〜第一次世界大戦と石器時代の狭間で〜

今開催中のBLACK FRIDAY SALEのお陰もあって、日曜日はXbox Oneを触る機会が多かった。若干前のタイトルで割安なソフトを買おうかと迷いつつも、思い切って欲しいソフトを二つ選んで本当に良かった。




1本目は言わずと知れた「バトルフィールド1」。シリーズとしては先んじているのに、今ではすっかり売上の面でCoDシリーズに後塵を拝しているBFではあるけれど、狭いマップを到底人間業(特に重装備の兵士)とは思えない動きで駆け巡るスポーティなCoDより、広大なMAPをもっさりと現実的な動きで這い蹲るBFの方が僕は性に合っている。BF3以降、BFシリーズも若干スポーティなFPSへと舵きりをしたものの、まだまだ動体視力や思考力が弱った中年でも遊べる余地を残してくれているのも嬉しい限り。

今回あえて”1”と付けただけあって、どんどん未来に進んで行くCoDとは一線を画す第一次世界大戦が舞台なのだけど、これが実に良い選択。正直近年流行っていた奇抜なガジェットと壮大な未来の戦争からは、現実的な悲哀と言う物を感じず飽き飽きしていた面もあり、アナログで泥臭く名も無き兵士一人一人に命があることを知らしめようとする本作は本当に痺れる。バトルフィールド2のように次々と使用する兵士が切り替わるような導入部も面白かったし、オムニバス形式なのがまた良い。外連味なくシンプルに胸へと届く戦争がここにはあるなと思った。







そして2本目は、まさかの石器時代である紀元前10000年前が舞台の「ファークライ プライマル」なのだけど、これがすこぶる面白い。まさにシチュエーションの勝利。主人公は他の部族との争いに負け散り散りになった部族ウィンジャをもう一度一つにまとめようと旅する男で、あちこちで仲間を助けては勢力を拡大して行こうぜ!というゲーム。何と言ってもバトルフィール1どころじゃない原始的な武器や狩りの困難さが新鮮で最高だった。早いうちに手に入る弓・斧・槍は当然のように作る所から始まる(拾うこともある)し、それらは使っていると壊れることもある。装備やスキルが整わないうちにマンモスを襲ったりしたら難易度イージーでも即瀕死になる辺りも、弱肉強食な生存争いの厳しさを物語っていて、命を奪う方も奪われる方も必死なのだと感じられるのが良いところだと思った。ネズミや亀のような弱い生き物も狩れてしまうから、あまり子供にはやらせたくないと親は思うかもしれないけれど、命の尊さを軽んじているわけでは決して無いゲームなので逆に子供にもやらせてみた方が良いような気もする。大人は黙ってモンハンよりこちらを遊ぼう♡






それでなくとも積みゲーが多いなか、これはちょっと腰を据えて遊びたいと本心で思えるゲームを手に出来て良かった。まだScorpioは先のようだし、容量が心許ないXbox One用に外付けHDDが欲しくなる。まだまだ続くBLACK FRIDAY、またうっかりゲームを買ってしまいそうな予感がする....

(´-`).。oOPS4で遊んでるオーバーウォッチもXbox版買いたい......
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:10 | 北海道 ☔ | ゲーム Xbox One  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする