誰そ彼時に逢いたい君がいる

※ネタバレバレ


あれから何度眠っても、一向に三葉と入れ替わる様子が無いので、自分のおっぱいを揉んで気を紛らせている僕です"○┓ペコリ


スクリーンショット 2016-10-24 6.24.09.jpg


毎度呆れ顔の妹四葉。三回目(?)のおっぱい揉み揉みシーンではガチで引いてやばいやばいと連呼して逃げ出すのも可愛いw




美麗な作画。ドラマチックな展開。役者達の良い演技。どれをとっても良かった「君の名は」ですが、やはり女の子が皆可愛かったことを捨て置くことは出来ない。


ヒロインである三葉が目覚めるシーンにしても、髪がボサボサの肩出しで目覚め、可愛らしいパジャマ越しにおっぱいを揉み始めるから、簡単に男供の心は持って行かれた。中身が瀧くんだというのもなんだか萌えてしまう(同様に三葉が瀧くんの中に入った時も萌えた。同級生である藤井司が可愛いと言ってしまった気持ちが良く分かるw)


髪や儀式に使う組紐を編む姿にも見惚れてしまったし、実際の儀式のシーンで巫女姿で舞う三葉と四葉は神々しいまで綺麗だった。お米を口の中で噛み砕き、それを吐き出して御神酒を作る様子も、普通なら汚いシーンなのにとても美しく見えた。町を救い、瀧くんのことを忘れまいと懸命に走る三葉も大好きだ。恋はどんなメイクよりも女の子を輝かせるものだと思った....


スクリーンショット 2016-10-24 6.20.36.jpg

スクリーンショット 2016-10-24 6.22.33.jpg




瀧くんのバイト先の先輩も可愛らしかった。記憶にある風景を頼りに糸守町を探そうとする瀧くんに付いて来た時のはしゃぎ方がすこぶる萌えた。好きな子がいるでしょ?と、言ったシーンの奥寺先輩の大人な表情とのギャップが良い。長澤まさみは本当に良い役者になったと思う。物語の肝になる”産霊”(むすび)について語ってくれるお婆ちゃんも優しげで、お若い頃に出会いたかったものだ。三葉と再会を果たした瀧くんは、おばあちゃんにも逢えたのだろうか?......歴史が変わったことで記憶が曖昧になってしまったとはいえ、再会したことで少しでもあの瞬間のことを二人が思い出してくれていたら良いなと思った.....


スクリーンショット 2016-10-24 6.22.42.jpg


スクリーンショット 2016-10-24 6.22.40.jpg





中身がすっかすかだったり、男が気持ち悪い作品だと、いくら可愛らしい女性キャラでも魅力が死んでしまうもの。だから本作の女の子がこれだけ輝いて見えるのも他の部分がしっかりしている証拠。むやみやたらに女の子を艶っぽくするのではなく、自然に可愛らしさやエロティックな物を引き出す空間作りこそ、他の作り手も見習って欲しいと思った。次は性的マイノリティを題材にした濃ゆい悲恋をやらないか?新海誠さん。



それにしても、何度夢を観たって三葉と入れ替われない俺たちの方が、よほど新海誠作品の主人公みたいだよね?........ 






関連記事


僕の名前なんて、どうでも良いよ......「君の名は」新海誠/感想

posted by lain at 07:05北海道 ☔アニメ

僕の名前なんて、どうでも良いよ......「君の名は」新海誠/感想

※少しだけネタバレ有り






 丁度ひと月ほど前『僕は”君の名は”を観に行かない』と、公言していた。

 でも、あの優秀な人材の坩堝で生まれた作品を劇場で観ないなんて、やっぱり出来なかった。臆病な自分を部屋から引っ張り出して、カップルが何組も居るであろう君の名はを観に行く覚悟を決めた....

 公開からだいぶ経っているうえ、雨の日だからお客は少なかった。10人前後である。そのうちカップルが4組。やはり恋愛映画を劇場で観るのはぼっちには苦行だ.....



 公開初日に行き損なってから、メディアの取り上げ方の大きさに嫌気がさし、更に行き辛くなったものの、結果的に観ることが出来て良かったような、良くなかったような、観終わった時は複雑な気分だった。事前に予測していた展開に近い内容だったから、世の中が煽るほど”あの”真相には驚かなかったものの、観る前に思っていた(一般受けの為に、これまでの作家性を失っているのでは無いか?)ことのほとんどが杞憂に過ぎず、なんだ、ちゃんと俺の知ってる新海誠が居る(フェチ心を擽ぐる女性の見せ方、秘めた想いがなかなか伝えられないもどかしさ、やけに染みる風景)...と、感じられたことは良かったのだけど、やはり代償無しにこの成功は成し得なかったようで、形容し難いモヤモヤが僕の心を鷲掴みにして離してくれなかった。

 帰宅後、このモヤモヤの正体はなんなのだろうとひたすら考えた。童貞を捨てて大人に(インディーズからメジャーに)なろうと彼がしたから?あえて悲恋を捨ててハッピーエンドだったから?新海誠の才能だけでなく大勢の才能(製作陣では凄腕の安藤雅司と田中将賀、音楽では若者に絶大な支持のある”RADWIMPS”、一人一人が主役を張れる役者達”神木隆之介・上白石萌音・長澤まさみ・市原悦子”、その脇をガッチリ固める豪華な声優陣”悠木碧・島崎信長・石川界人・大原さやか・花澤香菜”)が目立つ作品だったから?

 結局、一番大きな理由は悲恋では無かったことかもしれない。これまで何度も”叶わない想い”の綺麗さを描いて来た新海誠が、本気でそれを叶えたくなって生まれたのが「君の名は」で、その変化を大勢が諸手を挙げて祝福し、その輪に入って行けない少数派の一人である僕は童貞臭をぷんぷんさせつつその場に蹲ったということなのだろう。自作がなかなか一般人に受け入れて貰えない新海誠の忸怩たる想いが、作中の恋愛模様にも大きく反映されていたように思う。これまでの彼ならラストの階段のシーンではなく、少し手前のお互い気付きそうで気付かないもどかしいシーンでカメラが引いて静かに終わったんじゃなかろうか?



 これが初めての新海誠作品だった人達は幸せだろう。何をとっても完成度がとても高いから。冒頭の彗星が落ちて来る短い作画だけでも素晴らしかった。三葉と四葉のやり取りも最高に笑えた。日本の伝統文化が醸し出す雰囲気の描き方も凄過ぎた。入れ替わりした時の演技も役者・作画共によく練られたものになっていて本当に感心した。あちこちに魅力が点在していた。

 僕の場合は、ただただ酷く個人的な感情が没入感を阻害しただけの話だった。彼が僕だけのために合わせて映画を撮ってくれているわけではないのだから、自分の大きな欠陥こそなんとかしないと、これから先も同じような思いを僕はすることになるのだろう。スクリーンの中で幸せになる男女を見て、いちいちため息をつきつつ憤ったところで、誰も幸せになりはしないのだから。良い意味でも悪い意味でも溜め息が止まらず、他省ではなく自省が急務だと思わされる映画だった。




 やっぱり観なきゃ良かったかな?

 ぼっちは鬱入る人も少なくないでしょう。

 出来の良い恋愛物ほど童貞を殺す物は無いな........








 関連過去記事 

posted by lain at 11:38北海道 ☔アニメ

不幸に泥酔した僕らには雨曝し位が丁度良い「虚無病」amazarashi

今年の秋はなんだか切ない。多くの命が眠りにつく季節なのだから、いつも通りと言えばいつも通りではあるけれど、個人的に色んなことが重なりセンチな気分が割り増しになっている気がする。

こんな時は、amazaeashi、もとい秋田ひろむに会いたいけれど、amazarashi LIVE 360°「虚無病」は札幌でのライブ・ビューイング(しかも土曜日)のみだと知り、更に寂しさは積もってしまった.....





先週土曜日に開催されたのamazarashi LIVE 360°「虚無病」はかなり良かったようで、「虚無病」収録以外の楽曲も上手くストーリーに落とし込んで映像とリンクしていたと聞いて見に行った人が妬ましかった。いっそ仕事を放っぽり出して行けば良かったとも思った。

しかし、そもそもがライブ・ビューイングというものへの印象が僕の中でよく無い。いくら今演っているものを生中継して流しているとはいえ所詮映像に過ぎないし、アーティストと同じ箱の中の空気を吸っている感覚が弱いのでは?と考えてしまう。いくら映像演出が売りのamazarashiであっても、映像だけがamazarashiでは無いのだ。スクリーン越しでも僕は常に秋田ひろむを意識してライブを味わっている。優雅なお澄まし顔と水面下で足をバタつかせているのを込みで白鳥は愛でたい。秋田ひろむは白鳥じゃなくカラスだろうけど........





新譜「虚無病」には、今までライブでしか聴けなかった「僕が死のうと思ったのは」が収録されていたのが嬉しかったのと同時に、ライブでしか聴けない特別な曲のままであって欲しかった気持ちもあって複雑だった。

若干曲数の少なさも気になった。あと1、2曲あるだけでだいぶ印象が変わったことだろう。全体としては、らしさが様式美になりつつあって、少し型にハマって来たような所が鼻につき、初回は表題作”虚無病”と”メーデーメーデー”くらいしかピンと来なかったけれど、繰り返し聴き、封入された小説を読んで更に聴いてみると、かなり見えて来る風景が変わって格段に1曲1曲が愛おしくなった。これを更に1つの物語としてまとめ上げたLIVE 360°、ほんとに見たかった....(まだ言う)



文藝春秋の編集者が、秋田ひろむによる文学が見たいとの発言をしていたのも実に分かる話だ。酷く断片的な言葉の羅列でありながら、何故か一つの曲として成り立つバランス感覚がamazarashiはすこぶる良いから。きっと文章は文章の難しさがあるだろうし、そう簡単な話ではないのは本人が一番分かっているのだろうけど、こうして歌う詩人としてのキャリアを積んで来た今なら、大好きな物書きに本腰あげて挑戦するのも良いように思える。もしも彼が長編を書くようになったら、きっと音楽活動は減るだろうけど、その分心に染み入る本を届けてくれたら十分だ。



まあ、これは全部想像だ 今日も、詩を歌い続ける男についての.......



posted by lain at 07:21北海道 ☔音楽