裏の仕組みは知らないより知った方が良い?!「ウイナーズサークルへようこそ」甲斐谷忍/集英社/感想

長いスパン同じ作者の漫画を読んでいると

「この人自分でお話し考えない方が良いのでは?」

などとつい思ってしまう事がある。


有名なところで言うと「北斗の拳」の”原哲夫”や、マクロスでお馴染みの”美樹本晴彦”氏、「ヒカルの碁」「デスノート」の”小畑健”さんもそうかもしれない。たまたまかもしれないが、キャラ絵に拘りを感じる漫画家さんに多い気がする。

ただ、上にあげた御三方原作のストーリーが全て駄目かと言えば、そうでも無い。個人的には小畑健さんが"土方茂"と名乗っていた時代の「CYBORGじいちゃんG」は大好きだったし、派手さ無くとも美樹本さんのオリジナル作品は温かくてちょっぴり切ない空気感が凄く良かった。所謂売れ筋から外れると言うだけで、普通に面白味を感じる面も必ず有る。逆に原作付きでも絵と噛み合わず最悪の相乗効果へと繋がるなんてのもざらだ。漫画家としては隅々まで自分色に染めたいに違い無いが儘ならないものである。



そういった面から甲斐谷さんを見つめてみると、実は少し複雑な気持ちになる。あれは高校時代だったろうか?汽車待ちの為に駅の売店で時間を潰していて見つけたのが「ソムリエ」だった。ワインに対する味覚が天才的な主人公がワインの世界で活躍しつつ己と向き合うことになる作品で、まだ未成年なのに無性にワインが飲みたくなったものだった。

一度好きになると、全ての作品を追いたくなるもこで、普通にその後も甲斐谷作品を読み続けた。直球しか投げないが、回転数を意図的にコントロールすることで三振の山を築き、アウトひとつで500万、1点取られたらマイナス5000万と言う契約を願い出るアウトローが主人公の「ONE OUTS」や、甲斐谷氏の名前を一般的なレベルにまで広めた「LIAR GAME」も然り。普段意識することの無い世界の裏側の下衆さを存分にエンターテイメントへ昇華しているのが面白かった。

しかし、何時しかそんな下衆い世界の話が胃にもたれるようになり、ここ数年彼の本は買っても読まなくなっていた。甲斐谷作品で数字のトリックを知れば知るほど、地道に汗をかいて働いている自分を惨めに感じるようになったからかもしれない。今回たまたま”となりのヤングジャンプ”で「ウイナーズサークルへようこそ」を読まなければ、更に氏から遠ざかっていたはずだ。

久しぶりの甲斐谷作品は相変わらず下衆くて面白い。ずぶの素人である青年が隠れた才能を発揮し、それに気付いたとある競馬サークルの面々が彼を上手く誘導して馬券回収率を上げようと四苦八苦するものの、マイペースで天然100%の青年に振り回されるという構図が微笑ましくてたまらない。





元より下衆い世界である競馬が題材で、主人公が数字のトリックでは無く馬体を感覚的に見抜き馬券を当てて行くスタイルであるのが功を奏したのか、実に読んでいて楽しかった。

好きになったのが原作付きの「ソムリエ」からでなければ、こんなに回り道をせず戻って来れたのだろうか?単純に時の流れのおかげなのか?


『好き』が何故こんなに揺らぐのかを得意の数字で甲斐谷さんに描いて貰いたいとふと思った。








となりのヤングジャンプ http://tonarinoyj.jp/manga/winnerscircle/


posted by lain at 07:21北海道 ☔漫画

9月8日の朝は騒がしい。

今朝は、目が覚めたら身体が小さくなっていて、状況も飲み込めないまま飼い猫やカラスから逃げ回る羽目になると言う石川優吾の「ワンダーランド」と人間にとっての天敵とは?という話にしようと思っていたものの、朝から何かとニュースが多くてそれどころでは無くなってしまった。
1C762B95-84AD-4D6E-9CEC-941BE5FE92D3.png





いつものようにTwitterを眺めると、まずPS4の上位機種が目に入った。VRに合わせて早めに投入を決意しただけあって、それほど性能的にアップした印象が湧かない。というか、遊んでいて現状のPS4に何ら不便に思っていないから、少々の性能アップでは買い換えるほどの必然性を感じないと言った方が良いだろう。まだ海のものとも山のものとも知れぬVRに、これだ!と思えるソフトが登場した時こそ、新型PS4をどうするか財布と相談しようと思った....


同じようにiPhone7は我慢である。来年10周年を迎えるので大きな変更は無いと言われて来た今回の新型発表ではあるけれど、思っていた以上に新要素があって思わず欲しくなる内容だった。防水、ホームボタンの変更、デュアルカメラになって性能アップのカメラ、上下配置でステレオ感を楽しめるようになった外部スピーカー、A9より40%速くバッテリー持ちも向上したというA10 Fusionチップを内蔵、Apple Payの日本開始とSuicaの参入発表などなど盛り沢山。

イヤホンジャックの排除も噂通りだったが、Lightningケーブルの接続部にアダプタを使用することで、従来通り有線のイヤホンを使えると言うのも良いニュースで、コード無しでイヤホン部分だけを装着して使える”Air Pods”も気になってしまうし、一体感を感じる新色”ジェットブラック”はむちゃくちゃ渋い。こうして書いているだけでヨダレが溢れそうだ。今買い換え時の人は、来年の10周年iPhoneを思うと大変悩ましいことだろう。







錦織圭が接戦を制しアンディ・マリーに勝利すれば、多くの人が忘れているパラリンピックも始まった。気になるニュースばかりで出社時間もギリギリだ....

続きを読む

posted by lain at 07:12北海道 ☔雑記

愛なき愛を讃えよ「鼻下長紳士回顧録 上巻」安野モヨコ/祥伝社/感想

僕はしがない童貞だ。


素人だけじゃなく、プロとだって経験は無い。せいぜい右手が恋人である。




若い頃、女性をお金で買う連中が嫌いだった。結婚するわけでも無い相手と粘膜を交える行為に吐き気がした。自分を安売りする女性達のことも理解出来なかった。でも、いつの日か気付いていた。エロ本やビデオ、ネットで女体を漁っているのだって、同じように女性を軽々しく喰い物にしているだけなのだと。自らは戦場へ赴かず、兵士達へ御国の為に死ねと命ずる卑怯者と変わらなかった。互いに割り切って身体と身体をぶつけ合っている連中の方が、何倍も堂々と生きていたのだ。


そして、この漫画は、そんな人々の蔑みと尊敬を一身に集める女性達と、拗らせた男達の物語だった。

0A64D74B-77AD-48F7-963B-271070B1F099.jpg



舞台は20世紀初頭のパリ、「メゾン・クローズ(閉じた家)」と言う娼館。主人公である”コレット”は、たまに顔を見せては金をせびるレオンに夢中なこと以外、生き甲斐も無く今の生活を受け入れている女性。

AEF2D03A-71F0-40D2-BFCF-9E153D57BF10.png


勿論は彼女と彼女の仲間達と変態紳士達の話が中心になるわけだが、もう兎に角変態紳士達の屈折した性衝動が生々しくて笑えない。全身に羽毛をつけて娼婦達に追われる小鳥を演じる無垢な中年や、自分の父親を演じる男の頭を磨きながら娼婦に口でされて果てる男。果ては尻を責めてくれた娼館で自らの葬式を執り行う者までいる。拗らせた大人は本当に何でもやるものだ。僕に言えた義理でも無いけれど....

E945EE7A-1809-4B8C-86B9-882C6FD1CF95.png
670E4374-1E98-4523-A007-DD78674EFB02.png

6F23896B-B687-487B-BC8A-F2847126B8EF.png



 そんな変態紳士を相手にしているだけあって、絵画のような肉感の娼婦達にも重みがあった。悟りを開いたような娼婦達の短い一言一言が胸に刺さるし、愛する男から貰ったガーターをゴミ溜めから見つけて泣く娼婦の姿は、まるでガンダムのラストシューティング姿みたいに痺れた。こんなにエロくて切なく美しい漫画、子供には勿体なくて見せられやしない。まったく呆れるくら人間と性は切っても切れない代物だ....

7D464F9F-EF80-45BE-A52E-E45CEBDFD3EC.png
103FFEBF-B61F-49FB-9559-636419482D67.png
9E6396D5-7C48-4B30-A9B1-4A6518111B89.png




流石シン・ゴジラで猛威を振るった庵野秀明を御してみせるだけはある女性だ安野モヨコ....






安野モヨコ 公式サイト


鼻下長紳士回顧録 上巻 (コルク) -
鼻下長紳士回顧録 上巻 (コルク) -

posted by lain at 07:02北海道 ☔漫画