秋は忘れ物を探す季節

 近年、様々な理由から日本のアニメは収益の回収が困難な状況にある。

 元よりTVアニメは無料で放送(CMによる収益のみ)し、関連グッズやVHS版・ディスク版等を売って成り立っていたわけだが、バブル崩壊後アニメファンの財布の紐はどんどん堅くなり、コンテンツを楽しむ方法が多様化してから、その流れは更に強まった。

 HDだ4Kだと、テレビやレコーダーの性能が上がれば上がるほどディスク版の旨味は特典映像やオーディオコメンタリ等だけになるし、僕ぐらい中年のアニメファンになるとアニメキャラのストラップだのキャラソンだのは滅多に買わない。そうこうしているうちに、好きな物なら素直に財布を開く女性達向けのコンテンツが伸びるようになり、今では逆ハーレムアニメや腐れでマーケットは溢れている。

 軟弱な僕らが悪いのかもしれないが、骨太で硬派なアニメ達が懐かしい......





 人気アニメの映画化も、そういった収益の面で助けになるからという理由が少なからずあるのだろう。エヴァやガンダムのように作り手や受け手に自然と望まれ生まれた劇場版は幸せものである。

 アニメ好きとしては、好きなアニメは少しでも長く続いて欲しい気持ちはあるから、勿論劇場版は嫌では無い。TVの再編のみでなく、新映像たっぷりなら尚のこと良い。しかし、劇場版で完結!というのは正直あまり好きでは無い.....ネット配信やレンタルに並んだら観ようと思っていたら、うっかりそれ(劇場版)自体の存在を忘れてしまうケースも多いし、数年ぶりに思い出して観てみても、内容が全然思い出せないなんてこともザラだからだ。せめて1、2年遅れでも地上波で放送するような機会を設けてくれればと、甘えたことを考えてしまうが、そこそこ人気の作品でもそれは難しい話なのだろう。

 ここ2、3日で弱虫ペダルと蒼き鋼のアルペジオの劇場版を観たが、両作ともTV放映の延長上にあるストーリーで、普通に見逃せない内容だったからこそ、今の劇場版有りきな制作スタイルはイマイチ納得出来ない。いっそ全てのテレビ局が有料化になる未来が訪れた方が、日本のアニメの将来は明るいような気になってしまう。苦肉の策なのかもしれないが、何事にも一長一短あるものだとしみじみ思う初秋の朝である。





 とりあえず、すっかり忘れているアニメの劇場版を探す旅に出よう.....🍃
posted by lain at 07:14北海道 ☔アニメ

情緒不安定男の朝は重くてキモい

 二次元の嫁ばかり描いて生身に興味が無い少年に、なんとか振り向いて欲しくて空回りするヒロインが可愛い出来過ぎな話のアニメが現在放送中だが、確かに2次元でロリショタが好きだからと言って、現実の世界で実際に幼い子供ばかりに目が行くかと言えば、まったくそんなことは無い。作り手の妄想力に影響を受け、僕らのリビドーが高まっているだけに過ぎないのだ。

それは、それ。これは、これ。といった分別が、一見道を踏み外して見える人間にも備わって居るものだから、アニメ好き=犯罪者予備軍などと社会が揶揄する場面を見掛けると残念な気持ちになる。それで無くと日本においてアニメは広い世代に浸透している文化へと変わりつつあるのだから、そろそろ穿った見方は止めて欲しいわけだが、宮﨑勤による連続少女誘拐殺人事件発覚以降の内向的で思い込みの激しい一連の性犯罪者達の存在が、それを許さない。タバコでもお酒でも節度を忘れれば毒になるように、2次元への愛もほどほどが肝心なんだろう.....



とはいえ僕も長年2次元を愛して来た結果、順調に道を踏み外している。特に重症なのはショタ物と男の娘に目が無いことだ。思い返せば、小学生の時ウチから一番近い書店(近いと言っても車で10分程度)で「らんま1/2」と出会った日が運の尽きだったのかもしれない。男が女に、女が男にといった境界線が曖昧な設定の主人公のせいで、実際には違うのに身体が言う事を聞かないという背徳の味を知り、中学に上がった頃は姉の本棚にあった"高河ゆん"の「源氏」や”森園みるく”作品で女性漫画家の描く男同士の濡れ場がいかにエロいかを学び、高校生になったらなったで70〜80年代のブームを支えた漫画家達と出会ってロリコンに目覚め、同じ時期に見つけたエロ漫画家”かるま龍狼”の手により肉付きの良い中年女性やショタへのスイッチも入ってしまった。振り返ると全くもって酷い英才教育を自主的に受けて来たものである.........


自分で言うのもなんだが、スポンジのようになんでもかんでも吸い込む素直な(下半身に)子供だったものだと思った。これじゃあまともに恋愛をして普通に結婚、なんていう未来が思い描けるはずもない。

別に結婚がしたいわけでも無いが、節操無く下半身が反応する自分にはがっかりし通しの人生だから、もっと普通に生身の女性を求める生き方がしてみたかった。小学2年生の頃に性的な快楽へと目覚めてからというもの、本当に何度も自分の性的嗜好の醜さに打ちのめされ、何度と無くこんな物が付いていなければと、叩いたり、ハサミで切ろうかとも思った。


きっと今この瞬間にも、あの頃の僕と同じように苦しんでいる子供達が居るに違いないが、何がどう作用して人生を狂わせるかなんて、子供の時分には分からなくて当たり前なのだし、どうしようもなく自分に嫌気がさしても、いつかそんな自分と上手く付き合える日が来ると信じて、その手に持ったハサミを置いて欲しいものだと、取り留めもなく思った。






(´-`).。oOで、なんでこんなこと書き始めたんだ俺.....


posted by lain at 07:21北海道 ☔雑記

ヤル気をONにしてくれるOFF機能

酷く疲れる夢で目覚めると、カーテン越しに表が薄っすら明るくなっており、今が夕方なのか朝なのか瞬時には判断出来ないほどぼーっとしていた。

普通に寝坊である。




昨日は唯一の決まった休みである日曜日をしっかり活用し、掃除と片付けに時間を費やした。日頃だらしない生活をしているから、なかなか終わらない。出したままの本の整理が一番大変だった。積み読は心身共に疲労を呼ぶ...

ようやく一息つけたのは、普段仕事から帰って来るのと同じ時間。すかさずお待ちかねのゲームを開始。いつも通りオーバーウォッチでむかむかし、Warframeでレアアイテムの素材を集め、DOAX3を起動して新着水着を確認した頃には、すっかり疲れていた。

それで止めておけば「俺は自制心の働く大人だ!」と、自己満足に浸れたものを、もうあと30分でてっぺんを越えるところまで来て何故か踊る大捜査線の劇場版3をNetflixで観始めるからしょうもない。結局ユースケサンタマリアが署長として登場する姿を拝むことなく寝落ちである....




こんな朝にしみじみ実感するのは、オートオフ機能の便利さだ。ゲームの無操作状態が続いたり、動画の再生が停まっているとゲーム機は休止状態になってくれるし、ゲーム機からの信号が一定時間途絶えるとテレビも気を利かせて眠ってくれる。起きたらあれもこれも家電の電源が付いているような状況だと、目覚めた時本当に頭がふらつく事になるのを身をもって知っているから、寝相の悪い子供にそっと布団をかけてくれる親の愛情にも似た何かを家電から感じ、感謝の念に耐えない。



もしも家政婦アンドロイドが我が家に来たら、実の母親に対する以上に敬意をもって接しそうな自分が(((怖い)))
posted by lain at 07:01北海道 ☔雑記