人間を撮る為にゴジラを撮ったのか、ゴジラを撮りたくて人間を撮るのか?「ゴジラ」1954年/本多 猪四郎/円谷 英二/感想

どしーん、どしーんと響く足音と共に、不安感を煽るテーマ曲で幕が開く初代ゴジラ。

60年以上前の映画だと言うのに、妙に迫力を感じる作品だった。





理由が分からない船舶の事故が多発し、海沿いの町が何かに襲われ、そこへ調査団がやって来た所でゴジラが登場し、そこからはゴジラを倒そうと人々が躍起になる。元祖怪獣映画ならではの単純明快な作品なのだが、それ故に逃げ惑う人々やゴジラの挙動の上手さが際立って見えた。おかげでミニチュアと着ぐるみであることを忘れて映画を楽しんだ。

IMG_2502.jpg
終戦からまだそれほど経っていない時代だけに、エキストラも皆演技とは思えない険しい顔。

IMG_2503.jpg
少年の叫び顔も迫真である。このまま戦時中の写真だと言って公表しても、誰も疑わないことだろう...


IMG_2504.jpg
ちょっと顔が崩れてる感じがちょっと可愛いゴジラだが....

IMG_2508.jpg
暴れ出すと手がつけられない




”傍若無人”まさにそんな言葉が当てはまる所業を繰り返すゴジラは、神の御使いとでも言うべき存在であり自然災害そのもので恐ろしい。初代を観た後、一連の「〇〇対ゴジラ」なんて見る気も起きないくらい本作は見せ方が上手いと思った。情報開示の有無で揉める議会、人間の業によって変異した生きた化石のゴジラを死なせたくない生物学者、ゴジラが目前に迫ってもマイクを手放さない報道マン、ゴジラを倒す事が出来る発明をしていながら悪用されたくないが為に公表出来ない科学者など、ゴジラに対面した人達それぞれの葛藤も実に良かった。

IMG_2509.jpg
IMG_2510.jpg
IMG_2511.jpg



シン・ゴジラは庵野秀明映画だから会議シーンとか多いんでしょ?と、皆が思っていた通り会議シーンは多かったわけだが、初代ゴジラも関係各所の反応をしっかり撮っていて、あぁこういう映画を観て育ったから庵野秀明さんの作品はあぁなのかと改めて思ったし、陰影がハッキリ出る白黒映画の色褪せない味わいも再実感。観たかどうかも思い出せないこの時代の他の映画も見直したくなった。






関連過去記事

posted by lain at 07:25北海道 ☔映画