この先20年の為に今必要なこと『坂本真綾「LIVE TOUR 2015-2016“FOLLOW ME UP”FINAL at中野サンプラザ』ライブアルバム/感想

 まだライブに行ったことが無かった頃、よくライブのビデオから音だけをテープに録音して聴いていたのを思い出した。何度も再生しては巻き戻し、曲間の無音部分まで作っていたあの頃の拘りっぷりは今じゃ見る影も無い僕である。


 まあ、なんにしても公式で音源を出てくれると凄く助かる。手間暇ゼロで、いつでも何処でもライブ気分が味わえるのだから。まったく贅沢な時代だ。






 ブックレットの写真も良いし、FOLLOW ME UPツアーにどんな気持ちで挑み、どれだけ真綾の中でライブへの想いが高まっているかが伝わって来る特典映像も素晴らしかった(バンドメンバーの真綾に対する気持ち、舞台裏の様子も素敵だった) これでライブ中の真綾の姿に興味が湧いたなら、これまで発売されたライブBDを買ったり実際にライブへ足を運び、どんなに良い顔で歌っているか、その目で直に確かめて貰いたい。


 それはそうと、相変わらず可愛げがないほど”そつのない”販売戦略が展開されているものだ。ファンが求める物を世に出しているのだから悪いことでは無いのだが、最近ちょっと物量が多い気がしてならない。


 20周年の一環なのだから当たり前だろ!


 とのお叱りを何処からか受けそうだが、それ以前から少々音源や映像のリリースのテンポが早まっているように思う。質が落ちたとまでは言わないが、激しく燃える花火ほどあっという間に燃え尽きるのが世の常であるし、一旦ペースを落としライブやアルバムのリリースのことも忘れ、役者としての”坂本真綾”と今一度じっくり向き合う時間を作って欲しいような気もする。あえて花を切り落とすことで、次の年も美しく咲くチューリップのように、真綾にもエネルギーを溜め込む期間が必要だろう。





 この曲がこんな表情になるのだと、身体いっぱいに感じることが出来るライブ音源を聴いていると、セルフカバーアルバムと言うのも面白いだろうなと思った。今の真綾だからこそ気持ちを込めて歌える曲や、あぁ、あの頃はこんな風に考えていたんだ、という感慨にふけりながら歌う真綾の声を聴いてみたい。


 少しペースを落とせと言ってるそばから、彼女にやって欲しいことを連ねるとは救い難い.....


IMG_2480.jpgナチュラルメイクで見た目は若返ったように思うが、中身は更に成熟。良い顔をする女に成ったものだ.....







関連過去記事
posted by lain at 06:13北海道 ☔音楽