リオに用は無いが、リオにいる錦織には用がある

 知らぬ間にリオ五輪が始まり、日本のサッカー代表は早速負けた。若さゆえの荒れた試合になったようだ。


 僕はサッカーが好きだ。

 テニスも好きだ。

 時間に余裕があればスポーツ全般眺めるのは好きだ。


 しかし、リオ五輪は開催に漕ぎ着けるまでの経緯がどうにも気に入らず、薄ら寒い物を抱えて傍観している。そもそも世界平和を目指して始まったオリンピックなのに、いつの間にやらお金や薬に塗れ、何を誇る為の大会なのかが分からなくなっている。何も知らない子供の頃は、選手達の気迫と周囲の反応に飲まれ、ただただ素直にすごいと思っていたものだが、人間変わるものである。

 今回のサッカー五輪代表の世代は特に思い入れが無いから、結果だけでも十分かもしれないが、とりあえず錦織の行方だけは気にかかる。身体の不調を訴えていた最近の試合からそれほど間も無いリオである。強豪も軒並み出場しているし、楽に進めるとは思えない。でも、そんな苦しい局面を乗り越えることが出来たなら、一皮剥けた錦織にいつものツアーで逢えそうな気がして期待せずにはいられない。いつもと違う空気を楽しめてしまう、野太い神経の持ち主である錦織ならきっと.....


posted by lain at 06:06北海道 ☔Comment(0)雑記