命と引き換えの愛なんて僕は要らない「アンナ・カレーニナ」ジョー・ライト(監督)/レフ・トルストイ(原作)/感想

この前観た映画のタイトル繋がりで、本作を観出したものの、よくよく考えたらアンナじゃなくてハンナだったと言うから、相変わらずな自分に呆れてしまう....





帝政が残る時代のロシアを舞台に、政府高官を夫に持つアンナの許されざる恋の行方を描いた作品で、題材は酷くありふれた男女の話である。しかし、チャン・イーモウ監督の「紅夢」のように、一度甘美な物を味わったが最後、失う怖さに捕らわれ醜く歪んでゆく女の描き方や、それと対照的に自分の欲望を殺して生きて来た農場主の男の堅実で慎ましやかな愛の温かみがなんとも言えない仕上がりで素晴らしかった。

なんと言っても舞台上で物語が進んでいるかのように感じさせる演出手法が巧みで、まるでテンポの良い舞台作品を観てるみたいだった(舞台裏への移動や扉の開閉、おもちゃの汽車まで使い場面転換を行っている。ステージ上で何やらやっている時に、下では男が箒で掃除中なんていう絵面まであって、ただそれだけでも愉しめる映画だった)



あまりに昔から主導権を持たない存在であるが為に忘れがちだが、日本はかつて”帝政”だった。今のように象徴としてだけの帝ではなく、実質の権力を持った帝が居たのだ。

それが辞めることさえ周囲に伺わなければままならないお飾りになってしまったのは何時からなのか?西暦794年に始まった平安時代に、藤原氏が”摂政”と言う実質の有る存在になったのが始まりだったのだろうか?

なんにしても、日本における”王様”は早くに力を失った。紀元前から20世紀まで皇帝が続いた中国や、1200年代から1900年代まで皇帝が居たロシアなど、隣国に眼を向けてもそれは明らかだ。しかしまあ、そのお陰で滅ぼされず今に至るのだから、大したものではある。もしかすると脱獄を夢見る虜囚のように、復権に向け準備していたりするのかもしれないが....



権力を持った王の時代が長い国になればなるほど、こういったスキャンダラスな出来事が歴史の中に目白押しだったりするのでしょうね。






関連過去記事


posted by lain at 07:19北海道 ☔映画

声熟した幼き魂「リトルピアノ・プラス」新居昭乃/FlyingDog/感想

これも高齢化社会の特徴なのか、様々なジャンルで年長者の活躍が目覚ましい。

野球選手に作家に映画監督に、歌手だってそうだ。

あと2、3年で還暦を迎える新居昭乃さんも、今とてもアクティブでファンとしては嬉しいばかり。




30周年の節目に、ネットラジオのような番組を配信したり、水辺でのライブを開催予定だったりする昭乃さん。記念アルバムである本作もそれに相応しい構成でしみじみ聴き入ってしまった。


 1曲目のノンボーカル曲リトルピアノでゆったりと幕開けしたかと思えば、「Stay」で30年の重みがじわりと降りて感慨深い気分を呼び起こされ、そこから先はただひたすらアキノワールドに没入し、自分がいかに新居昭乃と言う女性の世界を愛しているかを思い知らされた。もうかれこれ20年以上昭乃さんのファンをしているが、何度聴いても宇宙のような広大さを感じる声・曲・詞だと思う。こんな風に宇宙と地球、現実と幻想、それらを区切る境界線を曖昧にしていける歌手は日本になかなか居ないのでは無いだろうか?


縁起でも無い話だが、いつの日か昭乃さんが人間界と完全なる別れを迎える前に、後継者たる歌い手が育って欲しいものだと思った.....









20年後、同じ年齢になった僕が、昭乃さんのように能動的な生き方が出来ているとは到底思えない。

でも、こんな50代に成りたいと強く思った。







リトルピアノ・プラスのライナーノーツ http://araiakino30.com/self-liner-notes/notes-littlepianoplus.html


喫茶アキノワール http://araiakino30.com

posted by lain at 07:03北海道 ☔音楽

人間を撮る為にゴジラを撮ったのか、ゴジラを撮りたくて人間を撮るのか?「ゴジラ」1954年/本多 猪四郎/円谷 英二/感想

どしーん、どしーんと響く足音と共に、不安感を煽るテーマ曲で幕が開く初代ゴジラ。

60年以上前の映画だと言うのに、妙に迫力を感じる作品だった。





理由が分からない船舶の事故が多発し、海沿いの町が何かに襲われ、そこへ調査団がやって来た所でゴジラが登場し、そこからはゴジラを倒そうと人々が躍起になる。元祖怪獣映画ならではの単純明快な作品なのだが、それ故に逃げ惑う人々やゴジラの挙動の上手さが際立って見えた。おかげでミニチュアと着ぐるみであることを忘れて映画を楽しんだ。

IMG_2502.jpg
終戦からまだそれほど経っていない時代だけに、エキストラも皆演技とは思えない険しい顔。

IMG_2503.jpg
少年の叫び顔も迫真である。このまま戦時中の写真だと言って公表しても、誰も疑わないことだろう...


IMG_2504.jpg
ちょっと顔が崩れてる感じがちょっと可愛いゴジラだが....

IMG_2508.jpg
暴れ出すと手がつけられない




”傍若無人”まさにそんな言葉が当てはまる所業を繰り返すゴジラは、神の御使いとでも言うべき存在であり自然災害そのもので恐ろしい。初代を観た後、一連の「〇〇対ゴジラ」なんて見る気も起きないくらい本作は見せ方が上手いと思った。情報開示の有無で揉める議会、人間の業によって変異した生きた化石のゴジラを死なせたくない生物学者、ゴジラが目前に迫ってもマイクを手放さない報道マン、ゴジラを倒す事が出来る発明をしていながら悪用されたくないが為に公表出来ない科学者など、ゴジラに対面した人達それぞれの葛藤も実に良かった。

IMG_2509.jpg
IMG_2510.jpg
IMG_2511.jpg



シン・ゴジラは庵野秀明映画だから会議シーンとか多いんでしょ?と、皆が思っていた通り会議シーンは多かったわけだが、初代ゴジラも関係各所の反応をしっかり撮っていて、あぁこういう映画を観て育ったから庵野秀明さんの作品はあぁなのかと改めて思ったし、陰影がハッキリ出る白黒映画の色褪せない味わいも再実感。観たかどうかも思い出せないこの時代の他の映画も見直したくなった。






関連過去記事

posted by lain at 07:25北海道 ☔映画