ヒデオとボクとLow Roarと

現在絶賛夏休み中の子供達がなりたい職業と言えば、お医者さんにスポーツ選手警察官宇宙飛行士なんてのも定番だが、いつの時代からかゲームクリエイターなんていう職種も仲間入りしている。ファミコンから30年以上を経て、宮本茂(スーパーマリオ)さん、桜井 政博(スマブラ)さん、三上 真司(バイオハザード)さん、坂口 博信(FF)さん、など、世界も認めるクリエイターが大勢生まれ、ゲームが娯楽として広く認知されるようになったのだから、至極自然な成り行きなのかもしれない。


かく言う僕も大好きなクリエイターがいる。メタルギアシリーズの生みの親である小島秀夫さんだ。映画監督でも無いのに周囲から敬意を持って"監督"と呼ばれる小島さんを意識したのは、ごく普通に初代MGSだった。顔もよく分からないポリゴンキャラでありながら、まるで映画の中に迷い込んだような感覚になれる素晴らしい脚本とゲームデザインで、ひたすら夢中になった。のちに昔遊びたくともPC-9821シリーズを持っていなかった為遊べずにいた「ポリスノーツ」も手掛けていたことを知り、出逢うべくして出逢ったのだと不思議な縁を感じたりもした。


なんというか、心酔と言うより価値観に共感する物があるというか、誰もやらなかったことをゲームに取り入れようとする貪欲な姿勢や、ファンへのサービス精神の強さが好きなのだと思う。ネット配信のラジオや動画に自ら出演して好きな物(映画・本・音楽)の話をしたり、ゲームに自分を出してしまうくらい出たがりさんだから勿論敵も少なく無いが、そんなところも含め小島監督が好きだ。監督が居なければ打海文三さんや伊藤計劃さんとも出逢っていなかったかもしれないと思うと、本当に小島秀夫に出逢えて良かったと心から言える。脱コナミを果たしたコジプロが手掛ける「DEATH STRANDING」のトレーラーに使われた「I'll Keep Coming」を歌う”Low Roar”にもお陰ですっかり、どハマり中だ。




静かにゆったりと、尚且つ不穏さを持って響いてくる楽曲とボーカルの前に全ての虚勢が溶けてゆくのを感じる。上手く言えないが、真顔でリラックス出来るような感じの曲だ(全然伝わらない)


兎に角、内側の闇をエネルギー源にしている小島監督らしい選曲なのは間違い無いし、怒りを糧にしている僕にぴったりな音楽だった。優しくも厳しい女性のような声をしているライアンの存在感も本当に素晴らしい。彼の別グループ"Audrye Sessions"も聴いてみたくなった。





好きなことで生計を立てようとしても、実際は辛いことばかりで当たり前だし、いくらゲームクリエイターになったところで、小島監督のようにイキナリなれるわけでは無い。自分に出来ることを根気強く続け、結果がついて来るまで焦らず頑張り抜いた者でも夢の尻尾を僅かに掴んだ程度の実感しか無いことだろう。

隣の芝生は永遠に青いままなのだと理解したうえで、それでもまだ戦う意思があるのなら、夏休み返上でやれること、やらなきゃならないことを頑張って欲しい。楽して得られるのは自己嫌悪と愚痴だけなのだから。

posted by lain at 07:04北海道 ☔Comment(0)音楽