こんな源氏もあったもんだっ「ギケイキ 千年の流転」町田康(著)/河出書房新社/感想

 源義経と愉快な仲間たちのことを、"町田康"さん流の嚙み砕き方で(嚙み砕くなんていう生易しい物ではない)紐解いた本書を読んだ後、ネットで源義経の生涯について眺めていた。普通ならば出世は望め無い九男ゆえの出世欲が目に付く生き様である。これじゃあ人を信じ切れない頼朝じゃなくとも扱いに困ったことだろう。

 客観性を若干欠いたネット上の文章を見る限りでは、義経の型破りな戦略による快進撃で源氏が国の頂点に返り咲いたように見えるし、たとえそれが義経の実力以上に時流のおかげであったとしても、平氏を滅ぼした途端お役御免と義経を切り捨てた頼朝のやりようには非道を感じる。

 だから、世の中の義経に対する同情票の多さも実に分かる話ではあるが、政争とは初めから非道で正々堂々なんて言葉とは無縁なのが当たり前だから、これはひとえに義経より頼朝の方が人を使うのが上手かっただけの話なのだろうとも思った。なにせ乱世の時代である。今のように選挙を行い無血で国を主導する者達を選ぶことなど出来るわけもなく、一歩間違えれば頼朝が義経に討たれ悲劇の存在として後世に残っていたとしても不思議ではない。

 歴史というのは、生き残った者達が勝手に書き記すもの。そして、そんな文献から我々”後世”の人々が更に勝手な解釈で受け取ることになるのだから、もう何が真実なのか分かったものではない。それでなくとも800年以上前の出来事なのだ。義経の生きた時代が、現代のような情報化社会であったら、あらゆる角度から源氏と平氏の泥沼な争いの正体を細部まで見極められたかもしれないが 、そうなったらなったで輪郭がハッキリし過ぎて夢想する余地が無くなり歴史が酷く味気ないかもしれないけれど....




 それはそうと、町田康さんの嚙み砕き方は本当に面白かった。要所要所での詩的な比喩表現は痺れるし、実際にはとても生臭い出来事であっても、現代人も真っ青な言葉遣い(というかひと昔前の若者っぽい喋り方だから懐かしい気分になった)で会話が構成されているおかげで良く笑えた。私欲の為に大勢を巻き込んだような人達であるし、これくらい滑稽な扱いの方がしっくり来るようにも思う。町田康さんの思い描く義経像は、菊門の心配ばかりしている"美形"で、早業と言われる高速移動を会得した超人であり、性格は我儘で完全なる自己中野郎だが、"馬鹿な子ほど可愛い"ところもあって何処か憎めない。よく義経とセットで語られることの多い弁慶の話も掘り下げられていたが、同じように馬鹿な子ほど可愛いが当て嵌まる阿呆で、つい町田さんの「告白」に登場する主人公が弁慶にダブってしまった。町田康さんはよほど不器用で愚直な男共が好きなんですね。阿呆ですね。僕も大好きですけどね。



 まだ頼朝にさえ出会っていないところで終わってしまうギケイキ。勉強不足な僕にとって、ギケイキは歴史を楽しく学ぶ教材になりました。良いワインを飲む為に、ワインを熟知する必要など無い。ワインを熟知した信用に足る人物を見つける目があれば良い。面白おかしく義経の歴史を教えてくれる町田康さんを見つけることが出来た僕は本当に幸せ者である。











関係過去記事
posted by lain at 07:06北海道 ☔Comment(0)小説

"青春"っていう元号も良いんじゃないか?「ぼくらの七日間戦争2」

昨日の夜、突然今の天皇が生前退位するとの報道が流れ、宮内庁が直ぐ様それを否定するという騒ぎがあった。まともなニュースを流す連中もこぞって報道していたから、あながち嘘では無いのかもしれなけれど、法律の面で生前退位が明記されていないらしく、結局どうなるのかよく分からない話だった。

これで平成が終わる

次はどんな元号だ?

これを機に西暦に統一して欲しい

よし、次は天皇総選挙だ!

などと、ネットでは不謹慎にもわいわい盛り上がったのは言うまでもない。冗談はさておいて、天皇という仕事は兎に角生まれた時からお仕事みたいなものであるし、定年制のようなものを決めておいてあげた方が良いような気がする。どんなブラック企業より自由が無い生活を送っている方達が、70歳80歳を越えても自主引退出来ないというのは流石にどうかしているよね?




そんな騒ぎをネットで眺めながら、僕はちょっと夏休みを先取りしていた。先取りと言っても実際に休んでいたわけでもなんでも無く、ふと思い立って子供達が沖縄を堪能する映画「ぼくらの七日間戦争2」を観ただけの話ではあるけれど...

「ぼくらの七日間戦争」と言えば、"宮沢りえ"の名を轟かせた名作で、学校や親に嫌気がさした中学生達が戦車を動かし廃工場に立て篭もるという展開が衝撃的だった。実際劇場へ観に行った僕は、子供そっちのけで仕事に遊びに奔走する親を持ち、そんな親達に全てを押し付けられた教師達の鬱憤の捌け口にされる子供達に自分を重ね夢中になっていた。今じゃ一切名前が上がらないような彼らでも、当時の気持ちが篭った演技は素晴らしいの一言に限る。敵役となる先生達も、真顔で人を殺しそうな人達が実に良い緊張感と笑いを提供してくれていた。特に佐野史郎の演技はキレまくりだった。

ところが、2になるとこれがガクンとレベルが下がってしまった。肝心要の子役の演技には期待出来ないし、そもそも脚本が微妙。おかげで前作と同じく子供達の罠にかかって悲惨な目に逢う先生達の演技までもわざとらしく感じ、鑑賞後はなんとも言えない気分になった。

57FB43F9-9509-484B-AFAB-AEB71D31AC63.jpg
ピンで絵になるのは当時売り出し中だった"具志堅ティナ"ぐらい

E9C33530-FE8B-46A1-9B19-71C3FA605CA9.jpg
前作から続投の教師達を筆頭に、やられっぷりばかりが目立つ映画だった

96886E12-680B-4961-8176-9D7E337378E6.jpg
リゾート開発地の地上げ担当状態だった内藤さんも若い

F6980297-A60B-4DC3-937B-72F8C37EEDD4.jpg
2694DBFF-CEE6-43D7-AC08-9E094BFCBC59.jpg
2705F0C1-DA35-4B77-904D-3879A3BD120B.jpg
ソリのような物に乗せられ、いつの間にかご満悦の当時36歳




もういっそ佐野史郎を主人公にして撮れば良かったんじゃないかとさえ思えてしまう出来だったけれど、戦車が登場するような1作目を超えるのは元から無茶な話だったんだろう。それとも前作と同じ子供達が出演し、ストーリー的にも繋がった話だったなら、また少し違う可能性もあったんだろうか?

ただ、B.B.クィーンズの『ぼくらの七日間戦争〜Seven Days Dream〜』がバックで流れる中、気球で飛んでゆく子供達はとても気持ち良さそうで、高い所が苦手のくせに気球に乗ってみたいと年甲斐もなく思わされた。

まったく、飛べない豚ほど飛びたがるものであるブヒ(´・(00)・`)ブヒヒ





関連過去記事

posted by lain at 06:59北海道 ☔Comment(0)映画

ぼっち飯の自由と孤独「甘々と稲妻」雨隠ギド(原作)/岩崎太郎(監督)/トムス・エンタテインメント(制作)

 僕は、もうずっと長いこと食事は三食とも独りで食べている。誰かの目線を気にせず食べられる気軽さと、片手間に何かをしながら済ませられるのが楽だからだ。

 しかし、そうすると家族の顔を見る機会が格段に減ってしまうから、たまたま面と向かって会話をすると、”あれ?こんな顔をしていたのか?”と、親の草臥れた様子や、姪っ子達の自分に対する余所余所しい態度に気づいたりして、冷凍状態だった頭が少し融け出し複雑な気分になったりする。家族が急に.....と、後から驚くことになる人たちは、僕のように家族とのコミュニケーションを極力避けている人達なんじゃなかろうか?誰かと囲む食卓だと、独りきりではありえない様々な相乗効果が期待出来て、脳にも良い刺激となるから心の病やボケている暇さえなさそうに思える。まだ幼い子供がいる家庭なら、極力一緒に食べてあげた方が心身共に健やかなお子さんに育つに違い無い。

 アニメ版「甘々と稲妻」で、独りで食べる味気なさを上手に伝えられない”つむぎ”や、それになかなか気づいてあげられない父親を見ていたら尚更そんな取り留めの無いことを考えてしまった....

 






 原作を読んだ時もそうだったが、兎に角”つむぎ”が可愛らしい。子供らしい素直な表情で気持ちを雄弁に語っているのがたまらない。お父さんは大好きだけど、味気ないコンビニ弁当や独りでテレビを見ながらの食事は好きじゃ無い....そんなモヤモヤを土鍋で炊き上げたばかりの白米を頬張り笑顔で吹き飛ばすつむぎは愛おしいばかりだ。

264C6E6E-6A4C-4B7B-BC58-B6A1B6F90E63.jpg
ルンバに乗る猫状態
4EBD6BB1-E606-4DA9-9E22-C267C06DA7F0.jpg
だらしない寝相だってめんこい
2B4B6699-D5DF-4879-B67B-16F86DF578DF.jpg
お店のお弁当の美味しさを問われ、「これくらい」と答えるのに対し....
95DDBDD8-4FFA-44B4-AE94-77112B6965C5.jpg
ただの白米であっても気持ちの篭った炊きたてごはんにはこの表情



 妻を失い仕事にかまけて大事なことを見失いそうだった男が、知識だけ豊富でまともに料理をしたことが無い女子高生と”ままごと”を通じて大切な物を取り戻して行くようなところも良いし、その女子高生の控えめな恋心の可愛らしさも大好きだ。美味しい人間関係も提供してくれる贅沢な料理アニメである。

IMG_2138.jpg
炊き立てのお米に興奮気味な小鳥ちゃん。なんだか危なっかしい性格だw

IMG_2136.jpg
テンポや音楽の使い方も良いが、つむぎの何気ない仕草の撮り方が良いと思った(上の写真はお父さんへ上手に気持ちを伝えられない時のつむぎが脚でもじもじしてるところ)



 いつものハーレムアニメへの出演と違い、やらしい雰囲気を極力抑え、落ち着きの中に空虚さを感じる中村悠一くんの演技はある意味新鮮で早く結婚しろと言いたくなったし、柔らかく包み込むような声でありながら芯がしっかりしている早見沙織嬢は予想通り女子高生”飯田小鳥”にピッタリだった。つむぎにしても「ばらかもん」に出ていた控えめな少女を演じていた子役の子が良い味を出していて、冒頭の辿々しい「おとうさん!おはようー!」は耳にも心にも残った。実に羨ましい絆であります....




「食べるとこ見てて!」

 つむぎはそう言った。叶うことなら、全ての子供達につむぎの味わった安心感を手にして欲しいと思った。

 やっぱり今日も独りでご飯を食べる僕が言うのもなんだけど....









 関連過去記事


posted by lain at 07:22北海道 ☔Comment(0)アニメ