なかなか蹴らない殴〜るゲーム「ケルナグール」ナムコ/懐ゲー/感想

 今から20数年前、地元には数多くのTVゲームショップがあった。のちにコンシューマ向けにゲームの販売をするようになり、今年の春めでたく破産した”アルケミスト”の前身「ベイ・クリスタル」や、おそらく非公式にソニックをマスコットにしていた「ロムズ」、ドリキャスのロゴの色違い状態で関東から東北辺りまではまだ生き延びている「カメレオンクラブ」、そして販売価格も買取価格もユーザーに優しく地元民にとって一番馴染み深かった「夢工場」。他にも小規模なショップやゲームを取り扱う書店も含めれば、かなりの数のお店があったものだが、今ではどのお店も見掛けることは無くなってしまった(夢工場はカードゲームのショップとして生き残っている) 

 外来種である”ゲオ”や”ブックオフ”により食い荒らされ、スマホで無料ゲームをするのが当たり前になり、DL販売も加速している時代にTVゲームだけで勝負出来るお店などあるはずも無いのだろうけど、大事なお小遣いを抱えて一本のソフトを選ぶワクワクと不安を教えてくれた思い出の場所が無くなって行くのはやはり寂しいものがある。僕が初めて親と入ったゲームショップは夢工場で、何年か前にシアターカンダとして復活した元”国劇(旭川国民劇場)”の階段下にあった店舗だった。映画好きな父親らしい場所である。あまりにも昔のことなので、初めて買って貰ったソフトは曖昧なのだけど、よく覚えているのは「ケルナグール」だ。




 硬いケースに入っているというだけでもリッチな気分にさせてくれるナムコ製で、何処からどう見ても男の子二人のパッケージであるのに、道着の胸元が膨らんでいることにエロスを感じたかどうかは定かでは無いが、妙に惹かれて買って貰ったことだけは覚えている。簡素な対戦モードと修行モードとあって、もう兎に角RPG要素の修行モードが楽しかった。初めは老人よりも遅い足取りで、ケルナグールのはずなのにナグールしか出来ないというのに、各地に点在する寺を巡る武者修行を繰り返しているうちに「あれ?俺強くなったんじゃねぇ?」と成長を実感してゆき、ゲーム開始時が嘘みたいに軽やかな戦いが出来るようになると楽しくて仕方なくなっているスルメゲーでした。

 序盤の苦しみを乗り越えた者だけが見れる風景があるゲームだとでも言えば聞こえは良いが、何から何まで遊び易い現在に比べれば、1本1本大事に遊ぶ心を持った子供時代だったから許容出来るバランスだったのは否めない。ただ、TVゲームが当時これだけ実験的な場所であったのは幸せなことである。作る側も買う側もチャレンジする余地が残されていたということなのだから。今では過去の遺産に縋りつき、実績のあるビジネススタイルに乗っかっているだけだからゲームが本当につまらない。思い出を大事にしたいと思うことと、実際にそこから一歩も踏み出さないこととは全く別の話なのだ。





 あの時代に戻りたいと思う反面、戻ってはいけないとも思う。

 閉じ籠りがちな僕であっても、変化が無いよりは有った方が100倍人生を楽しめることを知っているから。
posted by lain at 07:03北海道 ☔Comment(0)ゲーム

大橋巨泉に3000点!

"若い方には馴染みがないでしょうが"と書くと、自分が歳をとったことを実感するから言いたく無いが、実際"大橋巨泉"と"クイズダービー"を、ただのネットの情報としてではなく、土曜の夜7時半に茶の間のテレビの前で家族と一緒に観ていた世代など、あと数年もしたら40歳を迎える僕でギリギリなのではなかろうか?それでなくとも初回放送から40年、レギュラー放送が終了して25年近くになる。それこそ年寄りの感傷だと言われても仕方の無い話だ。

当時毎週のように観ていた僕でさえ、実ははっきりと内容を思い出せない。インテリジェンスを感じさせる回答者達の中で、唯一"教授"と名がついているのに活躍出来ない篠沢教授や、それと対照的に漫画家なんていうヤクザな商売をしているのに知性が溢れていた"はらたいら"さんや"竹下景子"さんという構図ばかりが思い出される。

スタジオで素人代表のような人達が、まるで競馬のように回答者達へ賭けるシステムも実にワクワクした。まさかという場面で篠沢教授だけが正解だったりしたら、お茶の間はわっと湧いたものだった。




「クイズダービー」「世界まるごとHOWマッチ」「ギミア・ぶれいく」と、テレビが素直に面白い物だと感じさせてくれた人達の1人だった大橋巨泉さん。本当にありがとうございました。お疲れ様です。
posted by lain at 07:19北海道 ☔Comment(0)雑記

天パの時間泥棒にご用心「水曜どうでしょうClassic」Netflix/感想

 長らく社畜をしていると、たまの連休にペースを掴めず、別段何処かへ出掛けたい欲求も無いから、連休じゃなくとも出来ることをだらだらとしてしまいがち。

 昨日も酷いもので、起きて直ぐに艦これを弄ったかと思えば、そのままオーバーウォッチへとなだれ込んで心身共にボロボロになるまで遊び、なんとなく気分転換にNetflixで「水曜どうでしょうClassic」を観出したが最後、配信されている2シーズン分全て観るまで止めなかった。

 藤村くんと大泉くんの笑い声のおかげで、あれだけ待ちわびた連休があっという間に消えてしまったのは言うまでも無い.....





 本当に久しぶりの"どうでしょう"で、アスペクト比4:3というのが酷く昔のことに感じた。Netflixで配信されているのは「ハノイ→ホーチミン 原付ベトナム縦断1800キロ」と「対決列島 ~甘いもの国盗り物語~」で、ベトナムを縦断するラストランの過酷さは何度見ても疲れるし、日本全国で甘味対決する対決列島は物凄く胸焼けをした。

 何か特別なことをするでもなく、出たとこ勝負に任せたまったり番組なのに、何故ついつい見てしまうのか自分でも不思議だったのだが、ベトナム縦断で大泉くんがスタッフである嬉野くんの言葉を借り、北海道から数年遅れで放送していても楽しんで貰えているのは"ひとつも新しいことをしないからだ"と言っていたから酷く腑に落ちてしまった。確かに今にして思えば、流行に乗った企画が全く無かった気もする。ぶっちゃけマイペースにいつもくだらないことで喧嘩したり笑ったり慌てたりするおっさん達のグダグダっぷりを愛でていた記憶しか無い。あれ?やっぱりなんで楽しかったんだろうな水曜どうでしょう.......w

IMG_2232.jpg



 今の小慣れた大泉洋も良いが、やっぱり自信と実力が噛み合っていなかった若き日の大泉洋の最強素人っぷりが良い番組でしたね。芸能人とスタッフの垣根が何処にあるのか分からない感じ、大好きだったなぁ....

posted by lain at 06:57北海道 ☔Comment(0)てれび