庵野に会いに行った先で、ゴジラと入籍した気分だった「シン・ゴジラ」庵野秀明(総監督)/樋口真嗣(監督)/東宝/感想

「◯◯◯一枚下さい」

 なんて久しぶりに口にした。春先に映画へ行こうと思ったら、映画館など無い地域へ出張が決まり行く気を削がれたし、普段はオンラインでチケットを確保出来る劇場で映画を観ているから尚更だ。

 本当にいつ振りなのだろう?などと悠長に考える暇も無く、仕事終わりに滑り込んだ映画館。勿論観たのは庵野秀明と樋口真嗣がタッグを組んだ「シン・ゴジラ」だった。





 本当の本当に、これっぽちも特撮への執着が無い(本当はそこそこ好きですよ(はぁと))ような人生を送って来た僕としては、庵野監督で無ければ絶対ゴジラを劇場で観るなんてことはありえない話である。なにせ末っ子の僕は姉達や親とのチャンネル争いに負け続け、ウルトラマンや宇宙刑事物を最初から最後まで観るのは不可能だった。仮面ライダーだって大人になってから目覚めた程度の免疫しか無い。それがゴジラになると更に興味が無い話になる。小学校の頃、同級生達がゴジラだ!モスラだ!と騒いでいた風景が思い出されるばかりで、それ以下でもそれ以上でもありはしなかった。

 そんな僕でも今回のシン・ゴジラは面白かった。若い世代にも分かり易く例えるなら、踊る大捜査線に巨大生物が登場したような内容です(踊る自体エヴァからの影響が強いし、エヴァはエヴァで昔の特撮から影響を受けているのだから、この例えは以外と不穏当かもしれない) 踊るのようなギャグはほとんど無いものの、個性的な役者が非常に多く配置(竹野内豊石原さとみのような受けの良い役者もいれば、塚本晋也さんやマフィア梶田くんまでいる)されているため、庵野さんらしいテンポと間の取り方が上手い会話シーンが成立していて、あまりの小気味良さに思わず笑ってしまった。

 もう兎に角、実際にゴジラが現れた場合、国はどう対処していく事になるのかを、行政に協力を仰ぎ入念に調べ上げた結果の産物でスクリーンは埋め尽くされていた。政治家が、消防が、警察が、自衛隊が、そして一般人が、ゴジラという自然災害の前でどう動き、何が出来るのか?そういったディティールが実に良い。形式ばかりで滑稽な行政機関に対し、「仕事ですから」と現場を代表してサラリと言い放つ”國村 隼”さんの格好良さったら無かった。久しぶりに自衛隊頑張れ!と思ったりもした。



 肝心要のゴジラだが、これもまた凄かった。初登場シーンでは「なんじゃこれ!」と驚かされ、再登場シーンでは夜の東京を恐ろしいまでに美しく破壊し、ただただ見惚れてしまった。リアリティのある動きをちゃんと演算して作れる時代に、昔の特撮の味を忘れず落とし込んでいるのがまた面白い。家家をなぎ倒し、船舶や車を除雪するように跳ね除けていくゴジラは、目覚めたばかりの無邪気さで戯れているようで、不謹慎にも可愛いと感じた。

 最後は寄ってたかって人類様が彼を虐めることになるが、物言わぬゴジラの勇姿には色々と考えさせられた。先も上げた夜の東京での大暴れの際、現体制の全てを破壊し尽くした後、眠りにつくゴジラが僅かに見せた哀愁からも、もしも政府相手に鬱憤を晴らすことに成功しても、こんな表情で虚しさを噛み締めることになるだろう、というメッセージを感じ、短絡的で貧しい思考を見透かされた気分になった。共通の困難が現れないと結束出来ないのは、相変わらず人類の残念なところではあるけれど、人間が己を見つめ直すきっかけを生み出せるだけのエネルギーがゴジラには在ったのだと、この歳になってやっと知れたのは嬉しいことだ。





 この出来ならエヴァを後回しにするのも十分理解出来る。彼方此方見所満載で飽きさせない良い映画だ。個人的にはエンドロールまで痺れっぱなしだった。なにせ本作同様ゴジラの為に関係各所がこれほど集まっているのだと痛感出来るエンドロールだったのだから。

 こんな庵野を待っていた

 こんなゴジラを作りたかった

 こんな映画を観たかった

 様々な”こんな”が、シン・ゴジラを待って居たのだと思うと、ただそれだけで胸が熱くなる季節である......









posted by lain at 09:58北海道 ☔Comment(0)映画

スカパーに怒

「そういえば、あのドラマの録画溜まってるな」

なんていうのが最近増えた。アニメ中心の生活が復活してしまい、他の番組までチェックしている暇が無くなってしまったからだ。そして、そんな中一番存在価値が怪しくなって来たのがスカパーである。

アニメ関係で言うと、地上波より放送が遅れてしまうし、声優番組やDVD&BD特典の話数も放送することくらいしか利点は無く映画やドラマも似た様な状況。幾つかはスカパー(ケーブルTV局)でしか見れない作品はある。スポーツ系の専門チャンネルもそうだ。しかし、払っている金額に見合うかどうかが怪しい....



10年前にくらべ、今はコンテンツを楽しむ手段が多様化し、特にネット配信で何時でも何処でも観れてしまうサービスが便利な時代だ。スカパーも放送日を気にせずオンラインで番組を視聴出来るサービス”スカパー!オンデマンド”を限定的に展開しているものの、いまいち各ケーブル会社との連携が上手くいっておらず、あれを見逃したからオンデマンド観ようと思っても、そのチャンネルがスカパー!オンデマンドに参加していないなんてことが多く本当に落胆させられている。独自にオンデマンドを行っているチャンネルや、母体が海外の会社のテレビ局だったりすると難しいのだろうか?



毎週録画の設定をしておいても、気づかないうちに放送時間が変わっていることも多いため、スカパーはオンデマンドの充実が急務となっている気がする(僕の中で)もっと頭の良いチューナーを買えばそれで良いのかもしれないが、現状の使用頻度を考えると腰がひける。

とりあえず各ケーブル会社のHPを眺め、気になった番組をMyスカパー!で番組検索し、Myカレンダー(Myカレンダー上からチューナーにアクセスして録画予約をするような機能が無いのは残念だが、紙の番組表を買わないスカパーユーザーには悪くないサービスだと思う)に登録する所から始めてみることにした。本当に使い続ける意味があるかどうか見極めためにも。


解約しないだけで利用していないユーザーからお金を搾り取るだけではなく、ちゃんとコンテンツを愉しみ易い環境を作っていかないと、低額で定額な動画配信サイトにずるずる視聴者を持って行かれることだろう。

しっかりしろスカパー


posted by lain at 07:22北海道 ☔Comment(0)てれび

心地良い風が溜息に掻き消された日「風は青海を渡るのか?」森博嗣/感想

ほんの二日前、障害者施設にて凄惨な事件が起きた。深夜に男が施設へ入り込み、何十人もの人々を殺傷したのだ。

犯人はその施設の元職員。日頃から不穏当な発言が目に付き、”マリファナは危険では無い” ”障害者が居なくなれば平和になる” といった趣旨の話をしていたそうだ。以前は明るく優しい、所謂”良い子”だったそうだが、施設で問題を起こし実質解雇の退職にさせられ、スイッチが入ったかのように荒れていったようである。

数年でも障害者とその家族に付き合い汚い物を見てしまったとか、自分の切実な気持ちを誰も理解してくれなかったからとか、理由はいくらでも想像出来るが、犯人の動機などどれだけ詮索したところで、なんの解決にもならないから居た堪れない。起きてしまえば結果しか残らないのだ。死者19人、それが全て....

森博嗣先生などは自作の中で、加害者の動機を説明することになんの意味があるのか?人を殺してはいけないのは何故?といった疑問をよく投げ掛ける。物語の世界観を作る上で必要だから書いているのもあるだろうが、普通に森博嗣さんの中で”?”が付く話なのだろう。確かにマスコミがあれこれ詮索して、真偽も怪しい物語を作り上げているのは見ていて不愉快ではある。動機がどうであれ、一度生まれたモヤモヤを消せはしないのだから、事実だけを神妙に伝えれば良いとさえ思う。人殺しの良い悪いはそれぞれが何を大事にしたいかを考えれば自然に答えは出るのだから、TVやネットにとやかく言われるまでも無いのだし。






本当は昨日読み終えた「風は青海を渡るのか?」の話をしたかった。人が作った物が、人に成るかもしれないということへの歓びと恐怖が見え隠れする展開が実に面白いWシリーズの第三弾である。

本作は森先生の過去作品との繋がりや、人成らざる者に心が生まれるのか?という点が肝になっているのだが、今回の事件が起きた施設に収容されていた知的障害者達にも同じことが言える気がしてならない。僕らと同じ事が出来ない、意思疎通が円滑に進まない、だからと言って彼らは人では無いのか?生きる権利は無いのか?そもそも僕らより彼らが劣ると誰が決めたのか?

風は青海を〜には、企業に産廃扱いされた人間同然の人造人間”ウォーカロン”達を救った男が登場するが、障害者施設に現れたのは小説の中の救世主とは真逆の死神だった。同じく手前勝手な行為ではあるものの、どちらが真に自分以外の存在へ目を向けた行いなのかは明白だと思う。

夏休みになると、叔父さんの知的障害を持った子供(子供と言っても自分よ年上)の相手をしていた身としては、思うようにならない苛立ちや、彼らに対し恐れを抱くのも良く分かる。でも、そんな自らの弱さから湧き出した感情に身を委ねて何になるというのか?






犯人や被害者、その家族達が今回のことで何を得て何を失ったかは知る由も無いが、消えない何かが残ったことだけは確かなんだろう。

弱者が殺し殺されテロも止まないこの時代、目にすることも、口にすることも、聞くこともせず、ただひたすら石のようになりたくなる今日この頃だ....


posted by lain at 07:16北海道 ☔小説