「2016年は誰にとってEこと尽くしなE3だったのか?」

ここのところ寝起きが酷い。目は腫れぼったく口の中はやけに乾いて喉がいがらっぽい。肩だってガチガチで、両肩に鷹でも乗せてるみたいだ。


理由は分かっている。連日連夜、艦これを弄りつつオーバーウォッチに夢中になり、0時を回ってもアドレナリン全開で最後に気持ち良く勝つまで止めないからだ。ヒーローとして1戦終わったら直ぐ艦娘の調教と斡旋、いや、艦隊運用をみっちりやっていると、まるで自宅に帰ってまで事務仕事に追われているようなもので身体が全く休まらない。流石にそろそろしんどくなって来たので、今夜からは1勝したらオーバーウォッチは切り上げようと思う….



なんだかんだ言っても、まだゲームが好きな自分がいる。飽きが来てもご無沙汰なジャンルに手を出せばこの通りにハマれるのだから。マルチ対戦の醍醐味を思い出させてくれたオーバーウォッチには感謝の気持ちでいっぱいだ。しかし、寄る年波にはやはり勝てない。身体も心も昔より折れ易い。使い道が分からない精力に振り回されながら、人生における『初めて』を謳歌していた時代が酷く懐かしい….今年のE3情報を眺めていると、そんな思いが更に僕の中で増大してしまった。なにせ心底心躍るタイトルがほとんど無かったのである….



 雑誌やネット、ゲームのイベント等で各社から発表される物に対し面白そうと感じる気持ちはまだ有るものの、それが自分の知らない面白さと結びつかず、いざ発売になり遊んでみても何処と無くこういうゲームなんだろうと事前に予測した通り過ぎてモチベーションが上がらず投げ出してしまうのがここ数年続いている。今回のE3もそんな予測を超え無い作品ばかりで普通な気がしてしまった。今や据え置き機の王者であるソニーの発表にしたって、せいぜいコナミから独立した小島監督が僕らの脳にノーマン・リーダスのを焼き付けてくれたことぐらいしか、もう思い出せ無い。





直訳すると「死」「座礁」で「死の座礁」とでも言うのだろうか?タイトルも映像もすこぶる思わせぶりで期待が膨らんでしまう。僕らの身勝手な期待を裏切りつつも、期待通りの作品に仕上げて欲しい(お客様は我が儘だ)

ゴッドオブウォーは世界観やキャラが昔からピンとこないし、それとは逆に世界観が大好きなのに案外骨太なゲーム性が面倒になってしまうから上田文人作品のトリコも別段買う気になれない。Quantic Dream開発の「DETROIT: Become Human」は発売される頃に余裕があれば遊ぶかもしれないが、休んでまで見る人がいるというソニーのカンファレンスとしてはパンチに欠けた。それに対しライバルである(既に今世代は勝負になっていなさそうだけど)Microsoftは今後のアップデートについてOSでもハード(シャアザクより速そうな改良版Xbox One"Project Scorpio"は絶対買う。ていうか最初からこれくらいの性能で出せていればソニーにここまでシェアを奪われなかったのにね...)でも色々と示していたし、一番お客様が大好きな値下げまで発表した上、PC版かXbox版のどちらかを購入すると、両方で遊べてしまう”Play Anywhere”というサービスまで打ち出して来た。これは非常に嬉しいサービスではないだろうか?

ソフト面でも「Forza Horizon 3」「デッドライジング4」「State of Decay 2」それに「Contrast」を手掛けたCompulsion Gamesの新作「We Happy Few」のプレイ映像など俺得過ぎる。





諸々の事情で国内版が見送られたGoW4にしても、海外版に日本語が収録されるらしく、複雑な思いはあってもホッとひと安心。任天堂さん?あぁ、僕がもう子供では居られないと教えてくれる会社さんですよね。ゼルダもポケモンも昔から全然遊んで無いのでごめんなさいo┐ペコリ 

書いているうちに「あれ?案外楽しみにしてるんだな俺.....」なんて思った。この中から少しでも多く予測の範疇を飛び出し"知らない"をくれる作品があれば良いな....

もはやVRにしか突破口が見えないユーザの方には、こんな気持ちを分かって貰えそうな気がする。VRに関しては徐々にどんなプレイ感覚になるかイメージが固まって来たので普通に触れてみたいのが正直なところなのだが、どうしても直ぐ飽きてしまう自分を想像してしまう。今の段階だとガソリンと電気を併用するハイブリッド車程度の中途半端な仮想体験にしかならなそうに思えるのだ。

とはいえ、この先に訪れるであろうリアルな仮想世界構築への足掛かりだと思えば、少々投資してみたくもなると言うものだろう。MS、ソニー両社のVRでどんな違いがあるのか、ソフト・ハード共にちゃんと見えて来たら買う算段をしてみたい。






存在意義が年々薄れて来たE3ではあるけれど、良いこと尽くしだったXboxユーザ達は来年のE3も楽しみになったに違い無い。

僕も嘆いてばかりいないで少しでも永くゲームを遊べるよう心身を整えて行きたいものだ....
posted by lain at 07:21北海道 ☔Comment(0)ゲーム