週末に終末三昧とは救い難い阿呆である「ハンドレッド(The 100) シーズン1〜2」海外ドラマ/感想

子供頃、余計にお小遣いを貰うとロクなことに使わなかったものだが、普段なかなか有り付けない2連休を手にした途端、海外ドラマを29話分も観てしまうのも似たようなものかもしれない....




いわゆる終末物で、核戦争で汚染された地球に住めなくなった人類が宇宙ステーションで生き残っていたのだが、いよいよそのステーションにもガタが来て、あれから100年近く経ったし地球でなんとか暮らせないものかとお偉い方が考え、本来なら処分されてしまうところの若い罪人100人が試しに地上へ下ろされることとなり、お馴染みの酷い目に合いまくるストーリーなのだけど、とにかくシチュエーションの勝利というか、どいつもこいつも自分の気持ちを優先にするあまり噛み合わず、余計なことをして自滅し自己嫌悪に陥るというアメリカ脳が生み出す陶酔満載なのが凄いドラマだ(褒め言葉)。もう少しで上手く行くところで絶対ネガティブな力が働き、善人でありたいのに善人でいられない展開は非常に悪趣味。

心底悪人だと思える人間はほとんど居ないから、生き残る為、恐怖心を晴らす為、仲間の為にと殺し合いを演じる彼らに"もうちょっとやりようがあるのでは?"とモヤモヤしてしまう。宇宙ステーションでは限られた環境の中で啀み合い、地上へ降りれば降りたで異常発達した生き物に襲われ、原住民状態の部族と争い、シェルターで生き延びた連中にはモルモットにされそうにもなる主人公達だが、被害者が加害者に、加害者が被害者へと状況が動いて何処にも正義は存在しない。あるのはただ近しい人達と生き残りたいという一心だけで、そんな不毛なやり取りを延々21時間以上観ていたら流石にぐったりしてしまった.....

8A03A432-3DC3-479C-8868-D8761A2FD870.jpg





異なった環境で生き延びた人々それぞれにドラマがあるハンドレッド。シーズン3では、そこにAIまで絡んで来るようで先がとても気になる。回を追う毎に好きになって来たマーフィーというゴロツキと、宇宙ステーションの元議長でなかなか死亡フラグを受け容れないジャハの放浪の旅を個人的には1番楽しみにしているわけだが、既にレギュラー放送が終了しているシーズン3の視聴者数が僅かに減っているのが気にかかるし、地味にお金がかかっていそうだからファイナルシーズンまでちゃんと製作されるかどうかも気になる作品になりそうだ。





(´-`).。oOどうでも良いが"アレッサンドロ・フリアーニ"や"レカ・シャーマ"がゲスト出演しているせいか、妙にギャラクティカが観たくなって来るな......






続きを読む