人生何処に転がるか分からないものだなぁ...「コロコロ創刊伝説 1巻」のむらしんぼ/コロコロアニキコミックス/小学館

 休日の朝から年甲斐も無く、漫画でうるっと来てしまった。

 しかも還暦を迎える借金まみれのおっさんの自伝めいた作品で泣いているのだから救い難い.....

IMG_1941.jpg



 ”のむらしんぼ”と言えば、言わずと知れた「つるピカハゲ丸」の作者であり、それ以外は全然知られていない作者でもある。他にもそれなりにヒットした作品があるそうだが、なにせ子供向け雑誌であるから短いスパンでしか読まないのが普通であり、僕も当然のように小学校を卒業する頃にはコロコロの漫画にほとんど触れなくなって、丁度読んでいた時期に連載していたつるピカハゲ丸くんしか知らない。

 そもそも今から2ヶ月ほど前に放送された「ニノさん」で「LIAR GAME」のヒット以降漫画家として絶頂を迎えている”甲斐谷忍”先生の当て馬として”のむらしんぼ”さんが出演しているのを見るまで、完全に僕の中で忘れ去られた存在だったから、まさかまだ漫画を描いているなんて勿論思いも寄らなかった。あれだけのヒットを出しても、その後が続かず60にして借金が1500万もあるという今の”しんぼ”先生の見窄らしい生活を見せられ、思わず援助がてら本書を買ってしまう自分がいた。

IMG_1940.jpg

※見ればオーラの違いで分かるかもしれないが、右が”のむらしんぼ”先生

IMG_1939.jpg
※しんぼ先生らしい四コマを披露


 それからしばし新刊のビニールを破ることもせず積んでいたわけだが、こうして気紛れを発揮して読んでみると実に面白かった。コロコロ創刊時から長年関わって来た生き字引というべき人の本音混じりな一言一言が実に良い。嫁に見放され、借金に塗れ、唯一残された漫画にさえ希望を持てなくなっていた所に、自分だから描ける物を見つけた男の筆は実に力強く、コロコロコミックと自分の、これまでの歩みを持ち前の明るさで重くし過ぎずまとめられている点にもベテランの味を感じた。

IMG_1942.jpg



IMG_1937.jpg



 繊細な線や美麗な絵が売りの漫画家では無いのも関係あるかもしれないが、いまだに絵が変わらないのも、なんだか懐かしさで胸がいっぱいになる。絵もドラマの作りも古くて安心するのだ。これって全然褒め言葉では無いかもしれないが、どんどん絵を変えることで生き残っていけるとは言い切れないのが漫画の世界であるし、一目見るだけで記憶が蘇る指標のような存在でい続けるのも悪いことでは無い。それどころか老い先長いとは言い難い年齢で、これだけ借金しながら生きている”しんぼ”先生を見ていたら、妙に勇気が湧いて来るというものだろう。

IMG_1938.jpg

※のちに藤子・F・不二雄と名乗ることになる先生に言われた一言で今の今まで漫画を描き続けているのかもしれない



 編集、師匠、漫画家仲間、そして読者、色んな人に励まされ、支えられ、自分一人では作り出せない物を世に出す漫画家達。僕らの知らないところで毎日のようにドラマが生まれ、それが作品に反映されることも多々あるに違い無い。

 漫画家達の全てを汲み取ることなど出来はしないから、せめて作品を存分に楽しんであげたいものだと思った。






小学館公式ページ コロコロ創刊伝説 1 | 小学館









関連過去記事
posted by lain at 11:21北海道 ☔Comment(0)漫画

「2016年は誰にとってEこと尽くしなE3だったのか?」

ここのところ寝起きが酷い。目は腫れぼったく口の中はやけに乾いて喉がいがらっぽい。肩だってガチガチで、両肩に鷹でも乗せてるみたいだ。


理由は分かっている。連日連夜、艦これを弄りつつオーバーウォッチに夢中になり、0時を回ってもアドレナリン全開で最後に気持ち良く勝つまで止めないからだ。ヒーローとして1戦終わったら直ぐ艦娘の調教と斡旋、いや、艦隊運用をみっちりやっていると、まるで自宅に帰ってまで事務仕事に追われているようなもので身体が全く休まらない。流石にそろそろしんどくなって来たので、今夜からは1勝したらオーバーウォッチは切り上げようと思う….



なんだかんだ言っても、まだゲームが好きな自分がいる。飽きが来てもご無沙汰なジャンルに手を出せばこの通りにハマれるのだから。マルチ対戦の醍醐味を思い出させてくれたオーバーウォッチには感謝の気持ちでいっぱいだ。しかし、寄る年波にはやはり勝てない。身体も心も昔より折れ易い。使い道が分からない精力に振り回されながら、人生における『初めて』を謳歌していた時代が酷く懐かしい….今年のE3情報を眺めていると、そんな思いが更に僕の中で増大してしまった。なにせ心底心躍るタイトルがほとんど無かったのである….



 雑誌やネット、ゲームのイベント等で各社から発表される物に対し面白そうと感じる気持ちはまだ有るものの、それが自分の知らない面白さと結びつかず、いざ発売になり遊んでみても何処と無くこういうゲームなんだろうと事前に予測した通り過ぎてモチベーションが上がらず投げ出してしまうのがここ数年続いている。今回のE3もそんな予測を超え無い作品ばかりで普通な気がしてしまった。今や据え置き機の王者であるソニーの発表にしたって、せいぜいコナミから独立した小島監督が僕らの脳にノーマン・リーダスのを焼き付けてくれたことぐらいしか、もう思い出せ無い。





直訳すると「死」「座礁」で「死の座礁」とでも言うのだろうか?タイトルも映像もすこぶる思わせぶりで期待が膨らんでしまう。僕らの身勝手な期待を裏切りつつも、期待通りの作品に仕上げて欲しい(お客様は我が儘だ)

ゴッドオブウォーは世界観やキャラが昔からピンとこないし、それとは逆に世界観が大好きなのに案外骨太なゲーム性が面倒になってしまうから上田文人作品のトリコも別段買う気になれない。Quantic Dream開発の「DETROIT: Become Human」は発売される頃に余裕があれば遊ぶかもしれないが、休んでまで見る人がいるというソニーのカンファレンスとしてはパンチに欠けた。それに対しライバルである(既に今世代は勝負になっていなさそうだけど)Microsoftは今後のアップデートについてOSでもハード(シャアザクより速そうな改良版Xbox One"Project Scorpio"は絶対買う。ていうか最初からこれくらいの性能で出せていればソニーにここまでシェアを奪われなかったのにね...)でも色々と示していたし、一番お客様が大好きな値下げまで発表した上、PC版かXbox版のどちらかを購入すると、両方で遊べてしまう”Play Anywhere”というサービスまで打ち出して来た。これは非常に嬉しいサービスではないだろうか?

ソフト面でも「Forza Horizon 3」「デッドライジング4」「State of Decay 2」それに「Contrast」を手掛けたCompulsion Gamesの新作「We Happy Few」のプレイ映像など俺得過ぎる。





諸々の事情で国内版が見送られたGoW4にしても、海外版に日本語が収録されるらしく、複雑な思いはあってもホッとひと安心。任天堂さん?あぁ、僕がもう子供では居られないと教えてくれる会社さんですよね。ゼルダもポケモンも昔から全然遊んで無いのでごめんなさいo┐ペコリ 

書いているうちに「あれ?案外楽しみにしてるんだな俺.....」なんて思った。この中から少しでも多く予測の範疇を飛び出し"知らない"をくれる作品があれば良いな....

もはやVRにしか突破口が見えないユーザの方には、こんな気持ちを分かって貰えそうな気がする。VRに関しては徐々にどんなプレイ感覚になるかイメージが固まって来たので普通に触れてみたいのが正直なところなのだが、どうしても直ぐ飽きてしまう自分を想像してしまう。今の段階だとガソリンと電気を併用するハイブリッド車程度の中途半端な仮想体験にしかならなそうに思えるのだ。

とはいえ、この先に訪れるであろうリアルな仮想世界構築への足掛かりだと思えば、少々投資してみたくもなると言うものだろう。MS、ソニー両社のVRでどんな違いがあるのか、ソフト・ハード共にちゃんと見えて来たら買う算段をしてみたい。






存在意義が年々薄れて来たE3ではあるけれど、良いこと尽くしだったXboxユーザ達は来年のE3も楽しみになったに違い無い。

僕も嘆いてばかりいないで少しでも永くゲームを遊べるよう心身を整えて行きたいものだ....
posted by lain at 07:21北海道 ☔Comment(0)ゲーム

Mの世界は広大だわ....「χの悲劇」森博嗣/講談社/感想

 『人の格差を技術が作り出す。技術を手にした者は、社会人を容易にコントロールすることが可能になった。』


 前回の「キウイγは時計仕掛け」では、一旦核心(真賀田四季)から離れ、またGシリーズらしい同窓会色が強かったから、ちょと肩透かしをくらったところがあったものの、今回の「χの悲劇」は同窓会気分だけでなく、これまで(S&M、Vシリーズ等)繋がることが無かった点に光を当てている為、点と点が結びついて美しい星座となり素晴らしい風景でした。

 相も変わらず再読する暇を作れないような読者なので、やっぱりこの人どういう人だったっけ?と思い出すところから始めなければならない面もありましたが、なんと言っても島田文子さんが主役であることで絶妙な軽口を楽しめたり、Wシリーズとの親和性を感じずにいられないネットワーク表現がすこぶる気持ち良くて最後まで楽しかった。それに、その昔色々とあった島田さんの話ということで、あの方が我々信者の前に降臨なされたことも喜ばしく、ちょっとした驚きと共に島田さんをお救い下さり、我々一同感謝の念に堪えません(なんかヤバイ人っぽい)

 これまでのシリーズを知っていれば+αで楽しめるだろうし、そうで無くとも少し未来のお話としてしっかり楽しめる構造になっているから、ここから一連のシリーズに雪崩れ込むのもありなのかもしれない。 にしても、やはり活字ならではのミスリードが上手いお人だ森先生。島田さんが書かれている通りの◯◯だったとして、Wシリーズなどとの繋がりを考えると見た目は◯◯通りで無い可能性もあるし、この人物は一体誰なのか?と会話の端々から読者があれこれ妄想を膨らませられるような余地の残し方に年季を感じる。そんじゃそこらの”言葉中毒”な若い作家には出せない匙加減では無いだろうか?




 思っていた以上に長いシリーズになりそうなGシリーズ。次は一体誰が悲劇を演じるのか?

 少々悪趣味な期待に胸踊ってしまう我々の森博嗣信仰は、つくづく度し難い......




posted by lain at 07:06北海道 ☔小説