16年喪に服した侍

おそらく20年ほど振りに「クレヨンしんちゃん」を観た。塩沢兼人さんが亡くなって以来姿を現さなかった"ぶりぶりざえもん"が復活すると聞いたからだ。



久し振りに観るクレヨンしんちゃんは、相変わらず下品で最高に可愛い。いつもの面々が何年経っても変わらない姿でいるものだから、なんだかちょっと泣けた。

201DA36E-806D-451D-93DB-2CE1634EE8C8.jpg
A634CE51-3E88-4298-8BD4-33D1B8112630.jpg
50年前だったら農家がカンカンになる尻田植えシーン




ただ浦島太郎状態の僕には作画の色合いがセルからデジタルに変わった事による発色の変化が少し気になってしまった。何処となく色が濃い目に見えてしまうし、あまりにも均一過ぎるのがかえって違和感を誘う。しかしまあ、それこそセルの質感を知らない世代にはどうでも良い事ではある。子供達が楽しめているかどうかが1番大事な作品なのだから。



そんな事を考えているうちに時代劇ネタのBパートが始まっていた。いつもながらベタな展開が映える作品だった。空気なんて吸う物であって読めるわけ無いだろと言わんばかりにお取り込み中な現場に割り込むしんちゃん。あまりにも完成された3文芝居である。飯屋のオヤジが親子ほど年齢の離れた嫁を貰っているとか、どうでも良い話のぶっ込みに悪役と一緒になってつっこむ姿が愛おしい。

そして、しんちゃんが悪い連中に攫われそうになる女をなんとか助けようと、冒頭胡散臭い奴に貰ったアイテムで助っ人を呼び出した所で、とうとう16年の月日を超え"ぶりぶりざえもん"の復活である!

FAE6FF05-2871-4ECA-ACEA-8CB71885681C.jpg




えーと....こちらもお取り込み中だったんですね.....

まだまだ夕飯時だと言うのに、まったく汚い登場だ。これがエガちゃんだったらチャンネルを変えられるところであるのに、ぶりぶりざえもんだとあっさり赦せてしまうから困る。

偉そうなのに役立たずで、自分の都合でコロコロ態度を変える生粋の屑であるのに、時にはしんちゃんを振り回すほどの天然っぷりを披露するなど何処か憎めない。ポルコ・ロッソの次に男前な豚だろう。

96D96F73-8696-4C6B-B0B2-8B287C232AFC.jpg4DBAC0F3-8B7E-41A4-8EB2-4631969C81AA.jpg



今回、16年振りに復活したぶりぶりざえもんを演じるのは神谷浩史さん。化物語などで長台詞を軽快にこなす彼はどんな作品でも引っ張りだこの人気者だ。しかし、声質はまるで塩沢兼人さんとは似ても似つかない。一体どんなぶりぶりざえもんになってしまうのか?直前まで本当に期待と不安が入り混じっていた。ところがこれまたあっさり第一声で「有りだな」と思ってしまった。ガキ臭さが抜けない子が頑張ってニヒルさを出そうとしてるような匙加減が妙にハマるのだ。まだ本人や製作陣も様子を見ているところがあるに違いないけれど、神谷浩史ならではのぶりぶりざえもんに成長して行きそうな予感が大いにして先が楽しみになった。

ブランクが長かった分、声が変わっても違和感がそれほど感じないというのもあっただろう。これが毎週レギュラーのキャラだったらこうはいかない。おそらく25周年の一環で、 そろそろぶりぶりざえもんの封印を解いても良いんじゃ無いのか?といった話し合いがなされたのだろう。16年という期間喪に服したことを思うと、どれだけ塩沢兼人という人が替えの効かない人物であったかが分かるというものだ。

そして、そんな塩沢兼人さんの死を超えてでも復活させたいと人々に思わせた"ぶりぶりざえもん"と神谷浩史さんも、同じように掛け替えの無い存在へとなって行くことだろう。いや、もう成っているのか.....



posted by lain at 08:36北海道 ☔Comment(0)アニメ